お知らせ

Message

【2022年最新版】法人向けの優良ファクタリング会社を徹底比較!

2022年1月26日

色々なファクタリング会社を調べてみても、会社によって買取金額の設定が異なり自分に合った会社を探すのが大変…

結局どの会社がいいのかよく分からない…

という悩みが多く聞かれます。

「スピーディな現金化」が強みであるファクタリングなのに、自社の求めている資金調達に適したファクタリング会社がなかなか見つからないと時間がなくなって焦ることもあると思います。

 「少額の利用をしたいけど対応していない」

 「高額の利用をしたいけど対応していない」

本稿では、それぞれの会社の特徴も踏まえて、買取可能額の上下限設定のある会社と上下限設定のない会社に分け紹介していきます。

また、法人様がファクタリングを利用して資金調達をしようと考えたとき、

「法人に対応しているおすすめのファクタリング会社はどこだろう?」

「少額の利用ってできるのかな?」「いくらまでだったら利用できるのかな?」

「売掛先が個人の場合は利用できるのかな?」

というような疑問も解決できるよう、利用時のポイントも併せて解説します。

買取可能額の上下限設定があるファクタリング会社

1,SoKuMo(ソクモ)

SoKuMoの買取金額は10万円~1億円と上下限設定はありますが、最短30分で入金可能、手数料1.0%~15.0%とファクタリング業界最速での資金調達が可能

買取金額の下限は10万円となっているので、少額利用を検討している方でも利用できます業界最低水準の手数料1.0%からの利用が可能であり、利用者によってはかなり手数料を抑えた利用ができることも強みの一つ。

また、オンラインファクタリングを採用しているため迅速な対応ができます。オンラインツールを使用したオンライン面談を実施していることも特徴の1つで、契約前に疑問点や不安点を直接担当者に聞くことができるので、安心した取引が可能となっています。

オンラインファクタリング会社は事業所を持たない場合も多いですが、SoKuMoは東京都豊島区に事業所を構えているため、信頼度も高いと言えるでしょう。

対象 法人・個人事業主
手数料 1.0%~15.0%
入金スピード 最短30分
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要(必要に応じてオンライン面談可能)
買取可能額 10万円~1億円
償還請求権の有無 なし

▶ 「SoKuMo」の公式ホームページ

2,Money Forward  Early Payment(マネーフォワード アーリーペイント)

Money Forward  Early Paymentの買取金額は100万円~数億円と上下限設定がありますが、手数料1.0%~10.0%程度で利用が可能です

業界最低水準の1.0%上限に関しても10.0%と他のファクタリング会社よりも低めの手数料設定となっているところが魅力的。

Money Forward Early Paymentの最大の強みは、東証マザーズの上場企業グループであるという安心感があることです。

しかし、入金には初回最短5営業日とやや時間がかかり、取り急ぎの資金調達を希望している法人には適さないため、利用前には確認が必要です。

対象 法人のみ
手数料 1.0%~10.0%
入金スピード 初回は最短5営業日(2回目以降は最短2営業日)
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要
買取可能額 100万円~数億円
償還請求権の有無 明記なし

▶ 「Money Forward Early Payment」の公式ホームページ

3,GMO BtoB早払い

GMO BtoB早払いの買取金額は100万円~1億円と上下限設定がありますが、手数料1.0%~10.0%程度で利用が可能です

業界最低水準の1.0%~上限に関しても10.0%と他のファクタリング会社よりも低めの手数料設定となっているところが強みの一つと言えるでしょう。

また東証一部上場企業が運営しているため、安心した取り引きも可能です。

契約前に対面やオンラインでの面談も行えるため、疑問点や不安点を解消して納得した取引ができます。

しかし、入金速度は最短2営業日とやや時間がかかるため、即日入金を希望する利用者様には不向きかもしれません。

対象 法人のみ
手数料 1.0%~10.0%
入金スピード 最短2営業日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要(必要に応じて対面・オンライン面談可能)
買取可能額 10万円~1億円
償還請求権の有無 明記なし

▶ 「GMO BtoB早払い」の公式ホームページ

4,Best Factor(ベストファクター)

ベストファクターは、買取金額30万円~1億円と上下限設定がありますが、柔軟な審査で有名なファクタリング会社です

平均買取率は92.2%と高く、起業して間もない方でも売掛金さえあれば基本的に利用可能という点が強みと言えるでしょう。

また、即日振込実行率が77.8%と高いため、即日で入金してもらえる可能性も高いです。

対面での面談が必須なのがやや面倒ですが、来店のみでなく訪問での面談も可能なので、利用者の都合に合わせた対応をしてくれます。

しかし、手数料の上限は20%と他社よりも高い設定となっているため、利用時には注意が必要です。

対象 法人・個人事業主
手数料 2.0%~20.0%
入金スピード 最短即日~3営業日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 対面(来店or訪問)
買取可能額 30万円~1億円
償還請求権の有無 なし

▶ 「Best Factor」の公式ホームページ

上下限設定のないファクタリング会社

5,OLTA(オルタ)

OLTAは最短即日入金、手数料も2.0%~9.0%と比較的低く抑えられているファクタリング会社です

特に手数料の上限9.0%は、ファクタリング業界内でもトップレベルの最低上限です。また、新生銀行やみずほ銀行等の主要な金融機関とも提携しており、安心した取り引きができることも、OLTAの強みと言えます。オンラインファクタリングを採用しているため、相談から取り引きまでオンラインで完結するのも特徴と言えるでしょう。

買取金額に関しては上下限設定はなく、10万円~500万円の買取り実績があります。

日本マーケティングリサーチ機構のデータによると、2021年6月期には「中小企業経営者・個人事業主が選ぶオンライン型ファクタリング」でNo.1を獲得しており、実績はファクタリング業界トップクラスと言えます。

対象 法人・個人事業主
手数料 2.0%~9.0%
入金スピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要
買取可能額 下限・上限なし
償還請求権の有無 なし

▶ 「OLTA」公式ホームページ

6,anew(アニュー)

anewは最短即日で入金可能、手数料も2.0~9.0%と低いのが特徴です

新生銀行とOLTA株式会社の共同事業として誕生した法人向けのファクタリングサービスです。OLTA同様、大手銀行が事業参画しているため安全に取引が可能なのが魅力的。

買取金額の上下限設定はありませんが、OLTAとの違いとして、150万円を超える高額での利用を推奨しているのもポイントです。

対象 法人のみ
手数料 2.0%~9.0%
入金スピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要
買取可能額 下限・上限なし(150万円~推奨)
償還請求権の有無 なし

▶ 「anew」の公式ホームページ

7,QuQuMo(ククモ)

QuQuMoは最短2時間での入金が可能、手数料も1.0%~と比較的安く利用できるファクタリング会社です

買取金額の上下限設定もないため、利用者の希望に合わせた買取が可能となっています。業界最低水準の手数料1.0%~の利用が可能ですが、手数料上限が明記されていないため、利用時には確認が必要でしょう。

QuQuMoの最大の強みは、必要書類が「通帳のコピー」「請求書」の2つで済むという点です。他のファクタリング会社では決算書や登記簿謄本、印鑑証明書等の書類含め4~6種類の書類が必要になってくる会社が多いです。オンラインファクタリングを採用しているため、早急に資金調達をしたい場合に準備する書類が少なくて済むのは強みと言えるでしょう。

対象 法人・個人事業主
手数料 1.0%~
入金スピード 最短2時間
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要
買取可能額 下限・上限なし
償還請求権の有無 なし

▶ 「QuQuMo」の公式ホームページ

8,株式会社ビートレーディング

ビートレーディングは本社を東京に構え、仙台、大阪、福岡に拠点を持つためオンラインファクタリングを採用していないにも関わらず、スピーディーな全国対応が可能となっている会社です

月間契約数も400件と、ファクタリング業界トップクラスの取扱件数であり、安心して取り引きができる企業と言えます。

最短12時間での現金化、手数料2.0%~利用が可能です。しかし、手数料の上限の明記はないため、利用時に確認が必要でしょう。

買取金額の上下限設定もなく、10万円~7億円の買取実績があり、業界最高額の買取実績となっています。

また、必要書類も申込書、通帳のコピー、請求書の3点と少なく済むことも魅力の1つ。面談は来店のみでなく訪問形式も取り扱っているため、忙しくて店舗に出向く時間がとれない事業主様に重宝されています。

対象 法人・個人事業主
手数料 2社間ファクタリング:5.0%~

3社間ファクタリング:2.0%~

入金スピード 最短12時間
ファクタリング方式 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
面談の有無 対面(来店or訪問)
買取可能額 下限・上限なし
償還請求権の有無 なし

▶「ビートレーディング」の公式ホームページ

ファクタリング会社を選ぶ際のポイントは?

一言で「ファクタリングを利用したい人」と言っても、その背景は様々です。

「利用する会社を1ヶ所にしたい」

「少額の利用をしたい」

「可能な限り早く資金調達がしたい」

「なるべく手数料を安く抑えたい」

「しっかりと信頼関係を結んでから契約したい」

「なにかあった時のためにしっかり備えたい」

このように色々な想いがあって会社選びをしていると思います。

上記で紹介した8社をそれぞれの項目ごとにまとめてみましょう。

1,買取金額の上下限

高額利用を検討している場合、買取金額の上限設定がある会社では複数のファクタリング会社を利用せざるを得なくなってしまいます。

複数の会社を利用すると、会社数分の必要書類の準備や面談をした結果、手間が増えてしまうかもしれません。高額利用をする際は、上限設定のない会社もしくは上限設定を高く設定している会社を利用するのがおすすめです

また、買取金額の下限設定がある会社もあるため、少額利用ができない場合もあります。希望買取金額に対応可能なファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

1 SoKuMo 10万円~1億円
2 Money Forward Early Payment 100万円~数億円
3 GMO BtoB早払い 100万円~1億円
4 Best Factor 30万円~1億円
5 OLTA 下限・上限なし
6 anew
7 QuQuMo
8 ビートレーディング

2,資金調達にかかる時間

資金調達にかかる時間もファクタリング会社によって異なります。

最短即日で利用可能な会社もあれば、調達まで数日かかってしまう会社もあります。自社経営の資金調達に対して、どの程度の時間的猶予があるのか、他の条件と併せて確認しましょう。

1 SoKuMo 最短30分
2 Money Forward Early Payment 初回最短5営業日(2回目以降は最短2営業日)
3 GMO BtoB早払い 最短2営業日
4 Best Factor 最短即日
5 OLTA 最短即日
6 anew 最短即日
7 QuQuMo 最短2時間
8 ビートレーディング 最短12時間

3,手数料の設定

ファクタリングを利用する際、利用者様が1番気になる点は手数料設定ではないでしょうか。

売掛先へファクタリング利用の通知・承認の必要がある3社間ファクタリングは1.0%~10.0%、売掛先へファクタリング利用の通知の必要性がない2社間ファクタリングでは10.0%~30.0%が手数料の相場と言われています

近年では、AI審査を用いたオンラインファクタリングを採用する会社も増えてきており、2社間ファクタリングでも1.0%~の利用が可能になってきています。

どの程度の手数料がかかるのか、見積もりをとる等して比較してみてもいいでしょう。

1 SoKuMo 2社間ファクタリング(オンラインファクタリング):1.0%~15.0%
2 Money Forward Early Payment 2社間ファクタリング:1.0%~10.0%程度
3 GMO BtoB早払い 2社間ファクタリング(オンラインファクタリング):1.0%~10.0%
4 Best Factor 2社間ファクタリング:2.0%~20.0%
5 OLTA 2社間ファクタリング(オンラインファクタリング):2.0%~9.0%
6 anew 2社間ファクタリング(オンラインファクタリング):2.0%~9.0%
7 QuQuMo 2社間ファクタリング(オンラインファクタリング):1.0%~
8 ビートレーディング 2社間ファクタリング:5.0%~

3社間ファクタリング:2.0%~

4,面談に対応しているか

オンラインファクタリングは、手数料が安く抑えられ、入金速度も速いというメリットがあります。

しかし事務所を持たない会社も多く、面談対応不可な会社がほとんど。

自社の大切な資金調達を任せる会社ですから、信頼のできる会社かどうかの判断をしたり、不安点や疑問点を解消したりしてから契約を結ぶことをおすすめします。面談の必要性の有無と、面談の可否を確認することが大切でしょう。

1 SoKuMo オンライン面談可能
2 Money Forward Early Payment 不可
3 GMO BtoB早払い オンライン面談or対面面談可能
4 Best Factor 対面(来店or訪問)
5 OLTA 不可
6 anew 不可
7 QuQuMo 不可
8 ビートレーディング 対面(来店or訪問)

5,償還請求権の有無

ファクタリングの契約には、償還請求権ありのものとなしのものがあります

償還請求権ありの契約を結ぶと最悪の場合、利用者自身が請求書の金額をファクタリング会社へ支払わなくてはなりません。

償還請求権ありの契約の方が手数料は低くなりますが、安易に考えずに検討する必要があるでしょう。

1 SoKuMo なし
2 Money Forward Early Payment 明記なし
3 GMO BtoB早払い 明記なし
4 Best Factor なし
5 OLTA なし
6 anew なし
7 QuQuMo なし
8 ビートレーディング なし

売掛先が個人事業主の場合はファクタリングの利用はできるの?

ファクタリングの利用を検討している方から「大きな入金が個人事業主から入る予定だけど、ファクタリングは利用できるのか?」という疑問の声を聞くことがあります。

売掛先が個人事業主の場合の債権は、ファクタリングが可能なのかどうかを解説します。

結論から言うと、法的には「売掛先が個人事業主の債権を買えない」と言うことはありません。

しかし、売掛先が個人事業主の場合は売掛先の信用情報を判断するための情報収集が難しく、買取り不可としている会社がほとんどです。

売掛先が法人であれば、法人登記されているため、会社名や登記住所等の基本情報を客観的な情報として特定することが可能です。

しかし、個人事業主の場合は売掛先が誰なのか、どこに事業所を持っているのか等の情報収集が難しく、また情報収集ができたとしても信用性に欠けてしまいます。

住所や電話番号が変わった際に連絡が取れなくなってしまい、売掛債権の回収が困難になるかもしれません。ファクタリング会社はその売掛債権未回収のリスクを避けるため、個人事業主が売掛先となっている債権の買取りは対応していないことがほとんどです。

少額からの利用が可能!低手数料+即日入金+オンライン相談可能なSoKuMo!

この記事では、法人対応のファクタリング会社の比較を行ってきました。

SoKuMoは、最短30分で10万円~1億円の買取が可能なので、「ほんの少しだけ資金が足りない」という方から「事業拡大などのために高額利用したい」という方まで、幅広く対応ができます。

また、手数料も業界最低基準の1.0%~の利用が可能なので、「他者の見積もりで手数料が高かった」という利用者様からの相談も多く、乗り換えされる方も多くいます。

また、安心した取り引きができるようオンラインファクタリングでは珍しい「オンライン商談への対応」を行っています。

事業主様の大切な企業の発展を全力で応援したい、資金調達に関する悩みを解消したい、安心して取り引きをしてほしい、そんな想いでサービス展開させていただきました。

「業界最速!最短30分で入金可能」

「業界最低基準の手数料1.0%から利用可能」

「10万円~1億円と幅広い買取対応が可能」

「オンライン相談で不安や疑問点を解決!」

この4点がSoKuMoの強みであると自負しております。

資金調達に悩まれている方、他社の手数料が高いと感じている方、まずは即日お見積もり受付フォームから見積もりだけでも申し込みしていただけたら幸いです。

利用者様の資金繰りの悩みを解決すべく、SoKuMo社員総力で提案、尽力させていただきます。

その他「コラム」記事

   ©2021 即日オンラインファクタリング「SoKuMo」, Inc.