お知らせ

Message

【2022年最新版】大阪で即日ファクタリングができる会社を徹底比較!

2022年2月7日

大阪は、地域特性もあり、昔から商いが盛んに行われている地域です。

事業所数も非常に多く、産業活動が活発に行われていますが、資金調達に難渋している企業も少なくありません。

資金調達ができれば事業拡大や会社の成長のチャンスもありますが、資金がないが故にそのチャンスを逃してしまうなんてことも。

そんな大阪の企業の資金調達には、銀行からの融資に断られてしまった場合や、赤字決算や税金滞納があっても利用できるファクタリングが有効です。

 

この記事では、大阪の経済状況や大阪のファクタリング会社の特徴の切り口から、大阪のファクタリング事情について解説します。

大阪で利用できるファクタリング会社を「オンラインファクタリング会社」と「大阪に拠点を置く会社」に分け、それぞれ即日で資金調達可能なファクタリング会社も併せてご紹介。

 

「地域密着」や「大阪に拠点がある」という理由だけでファクタリング会社を選ぶと、悪質業者に騙されてしまう可能性もあります。

ファクタリング会社の比較と、会社選択のポイント、悪質会社に騙されない方法も解説します。

この記事を読むことで、大阪で納得のいく資金調達ができるようになりますので、ぜひ最後までお読みください。

 

大阪の経済状況

大阪は東京都に次ぐ全国第2位の産業地域であり、活発に商いが行われています。

しかし、大阪には大阪特有の経済状況があり、その中で企業が抱える課題もさまざま。

ここでは、そんな大阪の経済状況を「大阪の経済2021年版」や「大阪商工会議所」の資料をもとに解説します。

大阪は中小企業や個人事業主が多い

大阪の企業数は19万強あり、その数は東京都に次ぐ全国第2位となっています。

大阪の企業数の約99.3%が中小企業であり、中小企業により経済活動を回していると言っても過言ではありません。

また、個人事業主は事業所数全体の約39.6%と全国平均よりも高く、大阪には非常に多くの中小企業や個人事業主が活動しているという特徴があります。

大阪は「卸売・小売業」、「専門・科学技術業」が多い

大阪の事業所は「卸売・小売業」「専門・科学技術業」「情報通信業」「製造業」の順で構成比が高く、それぞれ支払いサイトが長期化しやすいという特徴を持つ業界となっています。

通常であれば売掛金発生から支払いまで約1~2ヶ月が一般的ですが、大阪に多い業界は約3ヶ月、長いと半年~1年以上の支払いサイトになることも。

大阪の企業の多くは支払いサイトの長期化により、事業資金の枯渇や資金繰り悪化という課題を抱えやすいのです。

大阪は廃業率が高い

大阪は東京都に次ぐ事業所数を誇っていますが、実は廃業率が9.7%と全国平均7.6%を上回っています。

というのも、大阪の企業の約20%に資金需要がある上、その中でも全く借入ができない企業は3.3%にも及ぶのです。

実際に年々事業所数は減少傾向にあり、大阪の企業を取りまく環境は厳しいと言えるでしょう。

大阪は風評被害を受けやすい

大阪は昔から商いをしている人も多く、経営状況や商談話などの情報が回りやすいという特徴があります。

もちろん良い噂が回れば事業拡大などのビッグチャンスを掴むことも可能です。

しかし、反対に悪い噂も広まりやすく「経営が傾いている」ことが知られれば、取引を控えておこうかなど取引に影響する場合も珍しくありません。

他県よりも風評被害を受けやすく、慎重に動かざるを得ないという特徴があるのが、大阪の企業と言えるでしょう。

 

大阪企業の資金調達にはファクタリングがおすすめ

上記のような資金繰りの課題を抱えやすい大阪企業ですが、ファクタリングを利用すればキャッシュフローの改善や倒産の回避ができるかもしれません。

ファクタリングは銀行融資等の借りる資金調達ではなく、「借りない資金調達」。

企業が抱えている売掛債権をファクタリング会社へ譲渡・売却することで、売掛金の支払日をまたなくとも早期現金化ができます。

銀行融資に断られてしまったり、赤字経営・税金滞納があったり、起業間もない企業でも「売掛先が売掛金を支払える」と判断されれば、問題なく資金調達することが可能です。

銀行からの融資を受けづらい中小企業や個人事業主が多い大阪において、非常に心強いサービスと言えるでしょう。

 

また、大阪は地元に根強い企業も多く、噂が回りやすいという特徴も。

企業の経営が傾いていることを知られてしまうと、取引縮小や取引解消等の問題に発展する可能性もあります。

「2社間ファクタリング」であれば、売掛先や他の人に資金調達をした事実を知られることはありません。

そのため、資金繰り悪化を勘ぐられたり、それに伴う風評被害の心配をしたりすることなく資金調達ができます。

こういった点でも、ファクタリングは大阪企業に向いていると言えるでしょう。

大阪のファクタリング会社の比較

大阪でファクタリングを利用する場合、大きく分けて2つの選択肢があります。

  • 遠方もしくはオンライン対応しているファクタリング会社を利用する
  • 大阪に拠点を持つファクタリング会社を利用する

この2つに分けてそれぞれのファクタリング会社を比較していきます。

遠方もしくはオンライン対応しているファクタリング会社

1,SoKuMo(ソクモ)

SoKuMoは最短30分で入金可能、手数料1.0%~15.0%とファクタリング業界最速での資金調達が可能なファクタリング会社です

また、業界最低水準の手数料1.0%からの利用が可能であり、利用者によって手数料を抑えた利用ができることも強みの一つと言えるでしょう。

オンラインファクタリングでは相談から契約まで面談不可である会社が多いのに対し、オンラインツールを使用したオンライン面談を実施していることも特徴の1つです。契約前に疑問点や不安点を直接担当者に聞くことができるので、安心した取引が可能となっています。

対象 法人・個人事業主
手数料 1.0%~15.0%
入金スピード 最短30分
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要(必要に応じてオンライン面談可能)

▶ 「SoKuMo」の公式ホームページ

2,OLTA(オルタ)

OLTAは最短即日入金、手数料は2.0%~9.0%と比較的低く抑えることを可能としたファクタリング会社です。

特に手数料の上限9.0%は、ファクタリング業界内でもトップレベルの最低上限です。また、新生銀行やみずほ銀行等の主要な金融機関とも提携しており、安心した取り引きができることも、OLTAの強みと言えるでしょう。

日本マーケティングリサーチ機構のデータによると、2021年6月期には「中小企業経営者・個人事業主が選ぶオンライン型ファクタリング」でNo.1を獲得しており、実績はファクタリング業界トップクラスと言えます。

対象 法人・個人事業主
手数料 2.0%~9.0%
入金スピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要

3,QuQuMo(ククモ)

QuQuMoは最短2時間での入金が可能、手数料も1.0%~と比較的安く利用が可能なファクタリング会社です

業界最低水準の手数料1.0%~の利用が可能ですが、手数料上限が明記されていないため、利用時には確認が必要です。

QuQuMoの最大の強みは、必要書類が「通帳のコピー」「請求書」の2つで済むという点にあると言えるでしょう。他のファクタリング会社では決算書や登記簿謄本、印鑑証明書等の書類含め4~6種類の書類が必要になってきます。

早急に資金調達をしたい場合に準備する書類が少なくて済むのは強みと言えますね。

対象 法人・個人事業主
手数料 1.0%~
入金スピード 最短2時間
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要

4,GMO BtoB早払い

GMO BtoB早払いは最短2営業日で入金可能、手数料は1.0%~10.0%と比較的安く利用が可能なファクタリング会社です

また、東証一部上場企業が運営しているため、安心した取り引きができる点が強みと言えるでしょう。

対象は法人のみですが、契約前に対面やオンラインでの面談も可能であるため、疑問点や不安点を解消して納得した取引ができます。

対象 法人のみ
手数料 1.0%~10.0%
入金スピード 最短2営業日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要(必要に応じて対面・オンライン面談可能)

大阪に拠点を持つファクタリング会社

5,株式会社ビートレーディング 大阪支店

大阪府大阪市北区堂山町に支店を構えるビートレーディング。本社は東京にありますが、東京、仙台、大阪、福岡に拠点を持ちスピーディーな全国対応が可能です。

月間契約数も400件と、ファクタリング業界トップクラスの取扱件数です、そのため安心して取り引きができる企業と言えるでしょう。

ビートレーディングでは最短12時間での現金化、手数料2.0%~利用が可能です。しかし、手数料の上限の明記はないため、利用時に確認が必要です。

また、必要書類も申込書、通帳のコピー、請求書の3点と少なく済むことも魅力の1つでしょう。面談は来店のみでなく訪問形式も取り扱っているため、忙しくて店舗に出向く時間がとれない事業主様に重宝されています。

対象 法人・個人事業主
手数料 2社間ファクタリング:5.0%~

3社間ファクタリング:2.0%~

入金スピード 最短12時間
ファクタリング方式 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング:
面談の有無 対面(来店or訪問)
営業時間 9:30~19:00(平日のみ)
所在地 大阪府大阪市北区堂山町1−5三共梅田ビル903号室

6,アルシエ株式会社

アルシエ株式会社は大阪府大阪市北区東天満に拠点を置いているファクタリング会社です。

対象エリアは大阪、京都、神戸などの関西エリアに限定されていますが、地元中小企業重視の柔軟な対応とリーズナブルな手数料(1.5%~)が高く評価されています。50万円~1億円と幅の広い買い取りをしていることも特徴と言えるでしょう。

また、担当者と顔を合わせての相談や契約にこだわっている会社なので、担当者が会社へ訪問して対応してくれます。自ら出向く時間がない事業主様に特におすすめの会社です。

対象 法人のみ
手数料 2社間ファクタリング:2.5%~

3社間ファクタリング::15.%~

入金スピード 2社間ファクタリング:最短即日~3日

3社間ファクタリング:5日~7日

ファクタリング方式 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
面談の有無 対面(来店or訪問)
営業時間 9:30~18:30(平日のみ)
所在地 大阪府大阪市北区東天満2丁目9番2号AXIS南森町ビル別館6階

7,PMG大阪

PMGは東京本社と大阪市中央区淡路町に大阪支店を置き、全国幅広くカバーしているファクタリング会社です。法人を対象とし、5,000万円までの資金調達に対応しています。買取率は98%以上と高い数値を叩き出しており、最短即日での入金も可能であることが強みの一つと言えるでしょう。

またPMGは、2020年のゼネラルリサーチのアンケート調査にて「顧客満足度」「対応スピード満足度」「スタッフ対応満足度」部門で1位を獲得した実績を持つ会社です。

安心して取り引きができる会社ですが、手数料は非公開なため利用を検討している際は見積もりや相談をしてみるといいでしょう。

対象 法人のみ
手数料 非公開
入金スピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
面談の有無 対面(来店)
営業時間 9:00~19:00(平日のみ)
所在地 大阪市中央区淡路町4丁目3-5 URBAN CENTER御堂筋5階

8,株式会社アンカーガーディアン

株式会社アンカーガーディアンは大阪府大阪市淀川区西中島を拠点としているファクタリング会社です

手数料は2社間ファクタリングで5.0%~、3社間ファクタリングで3.0%~とリーズナブルな設定となっています。手数料の上限は明記されていないため、利用時には確認するのがおすすめ。

ファクタリング会社の多くは売掛金の80%程度を上限とした買い取りが主流ですが、アンカーガーディアンは100%買い取り対応している点も魅力の1つです。

担当者の訪問対応や、メールと郵送による来店不要の手続きも可能であるため、リピート率98%という高い水準を叩き出しています。

対象 法人・個人事業主
手数料 2社間ファクタリング:5.0%~

3社間ファクタリング:3.0%~

入金スピード 最短即日~1週間程度
ファクタリング方式 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
面談の有無 郵送or訪問
営業時間 9:00~18:00(平日のみ)
所在地 大阪府大阪市淀川区西中島3丁目7-8NLC新大阪17号館302号

大阪のファクタリング会社の選択ポイント

大阪のファクタリング会社を選択する場合、上で述べたように、

  1. 遠方もしくはオンライン対応しているファクタリング会社
  2. 大阪に拠点を持つファクタリング会社

から選択することになるでしょう。以下に双方のメリット、デメリットを説明していきます。

オンライン対応しているファクタリング会社

メリット

  • 全国どこでも対応可能
  • 24時間対応可能
  • 手数料を低く抑えられる
  • 最短即日での資金調達が可能

オンラインファクタリングは、相談から契約、取引完了まですべてオンラインで完結します。

来店や郵送の手間もなく、業界最短30分から資金調達が可能です。またオンラインで完結することで、ファクタリング会社の人件費削減が可能となるため、手数料の相場が1.0%~20.0%と通常のファクタリングよりも安く利用することができるでしょう

審査もAIを利用している会社が多いため、場所や時間を問わず、短時間で見積もりや契約が可能であることもメリットと言えます。

デメリット

  • 面談対応不可な会社がある

自社経営のための大切な資金調達ですが、面談ができないことで不安や疑問点を解決できないまま契約に進んでしまう場合もあります。オンライン等で面談対応可能な会社もあるため、利用前に確認するのがおすすめ。

大阪に拠点を持つファクタリング会社

メリット

  • 遠方の会社より、資金調達が速くできる
  • 直接顔を合わせて契約を結ぶことができる

遠方のファクタリング会社を利用した場合は、契約や商談、審査に時間がかかってしまうケースがほとんどです

ファクタリングのメリットは「資金調達にかかる時間が短い」ことです。しかし遠方のファクタリング会社を利用すると、そのメリットが存分に活かせないかもしれません。

また、契約や商談の度にファクタリング会社へ来店する必要もあり、交通費等の余計な経費がかさむほか、移動を含む時間的・空間的な負担が大きくなってしまいます。

高額なやり取りも行うファクタリングでは、利用者とファクタリング会社の信頼関係が重要です。直接顔を合わせることで、信頼関係も築きやすくなり、疑問点や不安点を解消したうえで利用できるというのはメリットと言えるでしょう。

デメリット

  • 大阪に拠点を持つファクタリング会社が少ない
  • 営業時間が限られている

大阪に拠点を持つファクタリング会社は増えてきていますが、東京や神奈川等の関東地方と比べると、まだまだ少ないのが現状です。「自社に最適なファクタリング会社は関東にしかない・・・」なんていう悩みがでてきてしまうこともあります。

また、事業所を構えて営業している会社がほとんどであるため、その多くが「休日対応不可」「深夜・早朝の対応不可」となっています。平日の日中にファクタリング会社を訪れたり、電話したりする時間のない事業主は困ってしまう場合もあるでしょう。

大阪で悪質ファクタリング会社に騙されない方法

大阪だけではありませんが、ファクタリングを利用する際に注意が必要なのが「悪質ファクタリング会社」の存在。
大阪はファクタリングを謳った悪質貸付である「偽装ファクタリング」や「給与ファクタリング」での逮捕事例が多いこともあり、より注意が必要です。
大阪に多く存在する悪質ファクタリング会社には、以下様な特徴があります。

  • 相場を逸脱した手数料の高額請求
  • 手数料以外の諸費用の高額請求
  • 買取契約ではなく貸付契約(高金利)
  • 売掛金を担保として契約を進めてくる

そのため、以下に解説する点に注意するだけでも悪質ファクタリング会社を回避することができます。

手数料を確認する

大阪における悪質ファクタリング会社は、手数料請求の内訳を見ることで見抜けます。
2社間ファクタリングで10%~30%、3社間ファクタリングで1%~10%が手数料相場であり、これから極端に外れるような手数料設定はまず怪しいと考えて良いでしょう。
また、手数料は相場範囲内に留めておき、「その他経費」として高額請求してくる場合もあります。
ファクタリングには消費税はかからないため、通常消費税を請求されることはありません。
「債権譲渡登記代」や「出張費」以外の費用は基本的には発生しないため、買取金額がいくらになるのか、詳細不明な費用の請求がないか、契約前に確認するようにしましょう。

契約内容を確認する

ファクタリングはあくまで「売掛債権の買取サービス」であり、貸付業ではありません。
そのため、担保・保証人は不要であり、貸付契約を結ぶことはあり得ないのです。
担保・保証人を要求されたり、買取ではなく貸付契約を結ばせたりする場合は、極めて違法性の高い悪質ファクタリング会社と考えていいでしょう。
また、ファクタリングは原則「償還請求権のない契約」であり、売掛金の回収ができない場合でも利用会社に弁済を求めることができません。
「償還請求権のある契約」の場合は、売掛債権を担保にした貸付となるため、償還請求権のある契約を提案された場合も、利用しないようにしましょう。

大阪のファクタリング事情のまとめ

この記事では、大阪におけるファクタリング事情や経済状況の解説をしました。
商いが盛んに行われる大阪ですが、失業率は全国平均よりも高く、資金繰りに難渋する経営者も多いという特徴があります。
そのため、ファクタリングの利用者数も増加傾向にあり、年々需要が高まってきています。
悪質ファクタリング会社に騙されない様、注意は必要になりますが、ファクタリングを活用し多くの企業や個人事業主の事業が改善していくことを願っています。

大阪でのファクタリング事例

ここでは、実際に大阪でファクタリングを利用して資金調達をした事例を紹介します。

事例1|大阪市の運送業でのファクタリング事例

大阪府大阪市で運送業を営むA社。

運送時に使用しているトラックの急な故障により、修理費が早急に必要となりました。

しかし、繁忙期と重なったことで燃料費の支払いや従業員への給料の支払いも多く、手元に自由に使える資金が不足していました。

経営は比較的良好であり、銀行融資を受けるだけの実績はありましたが、今回は緊急性が高くなおかつ早急な資金調達が必要という状況。

銀行の融資実行を待っている時間的余裕はなく、A社の社長は「資金調達 即日」とネットで検索し、ファクタリングがヒットしました。

大阪市内にあるファクタリング会社の利用も検討しましたが、ファクタリング会社へ来店する時間も惜しく、1分1秒でも早い資金調達が可能な「オンラインファクタリング」を選択。

さらに、風評被害による受注数減少の懸念もあったため売掛先等に利用を知られない「2社間ファクタリング」の利用を選択されました。

幸い手元には多くの売掛金もあり、売掛先も長年取引をしてきた実績のある会社であったため、好条件でのファクタリング利用が可能でした。

そのため、売掛金600万円から手数料3%を差し引いた582万円を即日中に無事資金調達することができました。

即日入金できたため迅速にトラックの修理ができたため受注数を減らすことなく、なおかつファクタリングを利用したことを知られずに資金調達ができたため、風評被害にあうこともなく、現在も経営は良好とのことです。

事例2|大阪市の小売業でのファクタリング事例

大阪市内で日用品等の卸売業を営むB店。

個人経営店ではありましたが、先祖代々古くから大阪市内で経営しており、常連客も多い人気店です。

ある年、大阪市内最大の寒波が襲い、積雪量が多くなると予測されていたため、事前に温暖グッズや積雪対策グッズ等を大量発注して、寒波に備える方針となりました。

早めに発注しましたが需要も高くすぐに売り切れ状態となったため、再度大量発注を試みることに。

しかし、大阪では非常に珍しい寒波であったため季節資金の十分なプールがなく、大量発注が難しい状況でした。

このチャンスを逃すまいと消費者金融等での借入を申込みましたが、個人事業主かつ前期で赤字経営があったことが影響し、借入ができないという問題が発生。

B店の店長はファクタリングの存在を知っていたため、すぐにファクタリング会社に相談、申込みへ。

赤字経営かつ個人事業主ではありましたが、売掛金があったためファクタリングでの資金調達が可能。

B店も常連客や地元市民からの風評被害を懸念し、2社間ファクタリングを選択。

売掛金500万円から手数料7%を差し引いた465万円を翌日に現金化することができ、事なきを得ました。

全国展開!即日入金+オンライン相談可能なSoKuMo!

この記事では、大阪でファクタリングを利用する際の会社の比較を行ってきました。

SoKuMoの拠点は大阪にないものの、安心した取り引きができるようオンラインファクタリングでは珍しい「オンライン商談への対応」を行っています。

2社間ファクタリングの「現金化の速さ」と「売掛先へ利用が知られない」というメリットは残しつつ、最大の課題であった手数料の高さを解決し、より快適な資金調達を可能としています。

事業主様の大切な企業の発展を全力で応援したい

資金調達に関する悩みを解消したい

安心して取り引きをしてほしい

そんな想いでサービス展開させていただきました。

「業界最速!最短30分で入金可能」

「業界最低基準の手数料1.0%から利用可能」

「法人様、個人事業主様問わず幅広い対応が可能」

「オンライン相談で不安や疑問点を解決!」

この4点がSoKuMoの強みであると自負しております。

資金調達に悩まれている方、他社の手数料が高いと感じている方、まずは即日お見積もり受付フォームから見積もりだけでも申し込みしていただけたら幸いです。

利用者様の資金繰りの悩みを解決すべく、SoKuMo社員総力で提案、尽力させていただきます。

その他「コラム」記事

   ©2021 即日オンラインファクタリング「SoKuMo」, Inc.