お知らせ

Message

【2022年版】即日ファクタリングするためのポイント!即日入金可能なファクタリング会社を徹底比較!

2022年1月22日

2022年「ファクタリング 即日」と検索されるお客様が急増しております。

また、下記のようなお悩みも増えてきております。

「できれば即日で入金してほしいけど、本当に入金されるのかな?」

「即日で現金化できる方式は手数料が高いって聞いたことがあるような…」

「即日対応のファクタリング会社がたくさんあってどの会社を選べばいいのかわからない…」

「信用情報がなくても利用できるのはうれしいけど、怪しいサービスなのかな…」

事業資金に悩んでいるときに、こんな悩みや疑問を抱えたことがあるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、最短即日で入金可能なファクタリングの会社の比較と、即日ファクタリング利用時の手数料やその仕組みの解説をします

本稿を読んだ方が最適な即日対応ファクタリング会社の選択ができ、安心して即日ファクタリングを利用できるようになっていただけたら幸いです。

目次

通常のファクタリングの課題

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つの方式があります。

2社間ファクタリングは、売掛先が関与することなく、利用者とファクタリング会社の2社間で契約が完結するため、最短即日での入金が可能です

また売掛先にファクタリングの利用が知られないというメリットもあるため、「資金繰りが悪化しているのでは無いか」等の疑惑を持たれることがなく、売掛先との関係性が悪化しづらいという特徴があります。

しかし、3社間ファクタリングと比べると売掛金の未回収リスクが高くなってしまうため、手数料は10.0%~30.0%と高く設定せざるを得ないという課題があります。

その課題を受けてSoKuMoは、上記の課題解決が可能な「オンラインファクタリング」を採用しています。

オンラインファクタリングとは、申し込みから審査、取引完了まですべてオンラインで完結するファクタリングのことを指します。

2社間ファクタリングの特徴である「売掛先にファクタリングの利用が知られない」「最短即日で現金化が可能」というメリットは残しつつ、最大の課題であった「手数料が高い」ことも解決可能なサービスとなっています。

ファクタリングで即日資金調達するためのポイント

<u>即日ファクタリングを謳っているファクタリング会社は多数存在しますが、そのすべてが必ず即日入金できるという訳ではありません。</u>

あくまで「最短」即日入金であるため、ある程度の条件が揃っていない場合、申込みと同日中に入金されない場合もあるのです。

「即日入金されないと困ってしまう・・・」そんな方のために、ここでは即日で資金調達するためのポイントを5つ紹介します。

 

1,午前中に申込みを済ませる

<u>即日入金を希望する場合、なるべく早い時間に申込みを完了させる必要があります。</u>

即日ファクタリングを謳っている会社の中には「午前中に申込みをした場合」や「正午までに申込みが完了した場合」など、申込みのタイミングにより、即日入金の可否が分かれていることも。

ファクタリング利用には必ず審査が必要となるため、審査にかかる時間も考慮し、なるべく午前中のうちに申込みを済ませるようにしましょう。

 

2,必要書類を揃えておく

利用時に必要書類をそろえておくことも重要。

ファクタリングの審査は、必要書類の提出が完了して初めて審査開始となります。

申込みが午前中に完了していても、必要書類の提出が遅れればそれだけ即日入金される可能性は低くなります。

ファクタリングで必要となる書類は複数あり、法務局で取得が必要な書類の提出を求められる場合も。

<u>即日で資金調達が必要な場合には、必要な書類の確認とその準備を事前に行うようにしましょう。</u>

 

3,即日「入金」かどうか確認する

「即日」を謳っているファクタリング会社の中には、「即日審査」と「即日入金」の2つのパターンがあります。

「即日」と書いてあるからとよく確認せずに申込みをしたら、即日で審査結果がわかるだけで入金は翌日以降になる・・・なんてトラブルも少なくありません。

即日「入金」なのかどうか、申込み前にしっかりと確認するようにしましょう。

 

4,過去に利用したことのあるファクタリング会社を選ぶ

ファクタリングの利用が初めてではない場合は、過去に利用したことのあるファクタリング会社を利用することでも、即日入金の可能性は高くなります。

というのも、過去に取引実績のある会社であればファクタリング会社からしても、安心して取引ができるから。

審査に要する時間も短くて済むため、売掛先によっぽどの問題がない限り、即日で入金される可能性は高いでしょう。

 

5,ファクタリングに有利な売掛債権を売却する

即日入金を狙う場合、ファクタリングに有利な売掛債権を利用するのもひとつの手。

ファクタリング審査では「売掛先の信用度」つまり「売掛先がきちんと売掛金を支払えるかどうか」が重要視されます。

そのため、以下のような売掛債権は信用度が高く審査にも時間を要さないという特徴が。

  • 売掛先が国や地方自治体(倒産のリスクが低い)
  • 支払日までの期間が短い(倒産のリスクが低い)

 

即日ファクタリングを希望する場合、手元に複数の売掛債権があるならば、ファクタリングに有利な売掛債権を利用するようにしましょう。

 

即日ファクタリングができる会社の選び方

上記では即日で資金調達するためのポイントを紹介しました。

即日ファクタリングが可能な会社の選び方を知っておくことで、さらに「即日入金」の確実性は高くなります。

ここからは会社選びのポイントをご紹介します。

 

1,2社間ファクタリング一択

即日入金を希望する場合、ファクタリング方式は「2社間ファクタリング」一択。

2社間ファクタリングは、利用会社とファクタリング会社の2社間で契約が完結するため、売掛先が関わるような手続きは一切ありません。

手数料はやや割高ではありますが、最短即日入金可能であり、即日での資金調達を希望する場合は必須項目となるでしょう。

 

2,来店不要なオンラインファクタリングを選ぶ

従来のファクタリングは申込み時にファクタリング会社を訪れ、来店かつ対面方式で契約を結ぶのが一般的でした。

しかし、近年では申込みから取引完了までネット上ですべて完結する「オンラインファクタリング」が増加傾向に。

オンラインファクタリングであれば、来店する手間も省ける上に、必要書類の提出もデータのアップロードで済むため、時間も要しません。

また、ほとんどの場合AIによるスコアリング審査を採用しているため、審査も数十分~数時間と短く、即日入金の可能性が非常に高いです。\

 

3,必要書類が少ないファクタリング会社を選ぶ

即日入金のカギとなるのは、必要書類の事前準備といっても過言ではありません。

いくら申込みを早くしようと、書類が揃っていなければ審査を開始することができないのです。

ファクタリングの必要書類は、6種類程ありますが、実際に提出を求められるものは利用するファクタリング会社によりさまざま。

「請求書」と「通帳のコピー」のみで利用できる会社もあれば、「決算書」や「商業登記簿謄本」の提出を求められる会社も。

特に商業登記簿謄本や印鑑証明書は法務局で取得する必要があり、即日中に取得できない場合もあります。

そのような場合には、即日入金は不可能となるため、可能であれば必要書類が少ない会社を選ぶようにしましょう。

 

4,自社の規模に合った買取可能額の即日対応ファクタリング会社を選ぶ

自社の規模に合った買取可能額のファクタリング会社を選ぶのも重要。

そもそも「即日入金」を謳っていても、希望する買取額に対応していない場合利用することはできません。

また、買取希望額が自社の規模よりも高すぎる場合には「持ち逃げ」を疑われ、審査が厳しくなる場合も。

審査が厳しくなると、それだけ審査にかかる時間も長くなってしまうため、即日で資金調達できる可能性は低くなります。

自社の規模にあった買取可能額なのかどうか、希望額に対応しているファクタリング会社なのかどうか確認するようにしましょう。

 

即日ファクタリングするために書類を揃えておこう

上でも述べましたが、即日ファクタリングを可能にするカギは「書類の事前準備」です。

ファクタリングに必要となる書類は、以下の2つに大きく分けられます。

  • 利用者、利用会社の情報がわかる書類
  • 売掛先との取引内容や売掛金の存在が確認できる書類

 

 

利用者、利用会社の情報がわかる書類

利用者、利用会社の情報がわかる書類は以下の通り。

身分証明書 利用者や利用会社代表者の身分が証明できる書類。
免許証やパスポート、マイナンバーカード等
商業登記簿謄本 法人の身分証明書。法務局で取得。
会社規模や資本金、従業員数などの情報がわかる。
決算書(確定申告) 利用者の業績を確認するための書類。
実印 契約書への押印に必要。
印鑑証明書 利用者が本人であることを証明するための書類。
法務局で取得。

 

身分証明書はどのファクタリング会社を利用しても、必ず提出を求められます。

商業登記簿謄本や実印・印鑑証明書は、オンラインファクタリングや審査の甘いファクタリング会社では必須にはなりませんが、大手ファクタリング会社では提出を求められることも多く、利用時には確認が必要。

また、商業登記簿謄本と印鑑証明書は法務局で取得する必要があり、取得には手間と費用がかかります。

決算書(個人事業主の場合は確定申告書)は約2~3期分の提出を求められることがほとんどです。

しかし、起業間もなかったり、決算を迎えていなかったりする場合は、相談次第で免除になる場合も。

 

売掛先との取引内容や売掛金の存在が確認できる書類

売掛先との取引内容や売掛金の存在が確認できる書類は以下の通り。

通帳のコピー 売掛先との過去の取引歴を確認するための書類。
成因資料
(請求書・発注書・
納品書・契約書など)
利用会社と売掛先との取引内容や、売掛債権額、入金日など、売掛債権が確実に発生していることを確認するための書類。
売掛先との基本契約書 売掛債権が発生していることを証明するための書類。

 

通帳のコピーや成因資料も、ほとんどのファクタリング会社で提出を求められます。

というのも、通帳のコピーや成因資料を基にファクタリング会社は「売掛先の信用度」を審査するから。

過去の取引歴から売掛金の入金遅れや未回収がないか等を判断するため、3ヶ月~半年(長いと9ヶ月)分の通帳のコピーが必要となります。

提出書類の少ないファクタリング会社でも基本的には、提出を求められるため、しっかり準備しておきましょう。

即日対応ファクタリング会社の比較

ここからは、手数料が比較的低い「即日対応ファクタリング」のおすすめ会社を紹介します。

法人と個人事業主両方に対応している即日入金可能な会社

1,SoKuMo(ソクモ)

SoKuMoは最短30分で入金可能、手数料1.0%~15.0%とファクタリング業界最速での資金調達が可能なファクタリング会社です

また業界最低水準の手数料1.0%からの利用が可能であり、利用者によってはかなり手数料を抑えた利用ができることも強みです。

オンラインファクタリングでは相談から契約まで面談不可である会社が多いのに対し、オンラインツールを使用したオンライン面談を実施していることも特徴の1つです。契約前に疑問点や不安点を直接担当者に聞くことができるので、安心した取引が可能となっています。

対象 法人・個人事業主
手数料 1.0%~15.0%
入金スピード 最短30分
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要(必要に応じてオンライン面談可能)

 ▶ 「SoKuMo」の公式ホームページ

2,OLTA(オルタ)

OLTAは最短即日入金、手数料も2.0%~9.0%と比較的低く抑えられているファクタリング会社です

特に手数料の上限9.0%は、ファクタリング業界内でもトップレベルの最低上限です。また、新生銀行やみずほ銀行等の主要な金融機関とも提携しており、安心した取り引きができることもOLTAの強みと言えます。

日本マーケティングリサーチ機構のデータによると、2021年6月期には「中小企業経営者・個人事業主が選ぶオンライン型ファクタリング」でNo.1を獲得しており、実績はファクタリング業界トップクラスと言って良いでしょう。

対象 法人・個人事業主
手数料 20.%~9.0%
入金スピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要

▶ 「OLTA」公式ホームページ

3,QuQuMo(ククモ)

QuQuMoは最短2時間での入金ができ、手数料も1.0%~と比較的安く利用が可能なファクタリング会社です

業界最低水準の手数料1.0%~の利用が可能ですが、手数料上限が明記されていないため、利用時には確認が必要でしょう。

QuQuMoの最大の強みは、必要書類が「通帳のコピー」「請求書」の2つで済むという点です。他のファクタリング会社では決算書や登記簿謄本、印鑑証明書等の書類含め4~6種類の書類が必要になります。早急に資金調達をしたい場合に準備する書類が少なくて済むのは強みと言えます。

対象 法人・個人事業主
手数料 1.0%~
入金スピード 最短2時間
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要

▶ 「QuQuMo」の公式ホームページ

法人もしくは個人事業主のみ利用できる最短即日入金可能な会社

4,anew(アニュー)

anewは最短即日で入金可能、手数料も2.0~9.0%と低いのが特徴のファクタリング会社です。

また、anewは新生銀行とOLTA株式会社の共同事業として誕生した法人向けのファクタリングサービスを提供しています。OLTA同様、大手銀行が事業参画しているため安全に取引が可能なのが魅力の一つと言えるでしょう。

しかし、対象は法人のみであるため、利用者の制限はかかります。さらに150万円を超える規模の大きな利用を推奨しているのもポイントです。

対象 法人のみ
手数料 2.0%~9.0%
入金スピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要

▶ 「anew」の公式ホームページ

5,nugget(ナゲット)

nuggetは最短60分で入金可能、手数料が一律10.0%であることが特徴的な会社です

東証一部上場企業が運営しているため、安心して取り引きが可能と言えるでしょう。

さらに、個人事業主に特化していることも特徴の1つです。フリーランスや個人事業主の方で利用できるファクタリング会社が少ない場合は特に信頼が厚い会社となっています。

対象 個人事業主のみ
手数料 一律10.0%
入金スピード 最短60分
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要

▶ 「nugget」の公式ホームページ

入金までの数日はかかるが手数料が安い会社

6,Money Forward  Early Payment(マネーフォワード アーリーペイント)

Money Forward  Early Paymentは手数料1.0%~10.0%程度での利用が可能なファクタリング会社です

手数料は業界最低水準の1.0%~利用が可能という強みがあります。また、上限に関しても10.0%と他のファクタリング会社よりも低めの設定となっているのが強みと言えるでしょう。

対象は法人のみで、入金にも初回最短5営業日とやや時間がかかるため、利用前に確認が必要です。

Money Forward Early Paymentの最大の強みは、東証マザーズの上場企業グループであるという安心・信頼があることと言えます。

対象 法人のみ
手数料 1.0%~10.0%程度
入金スピード 初回は最短5営業日(2回目以降は最短2営業日)
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要

▶ 「Money Forward Early Payment」の公式ホームページ

7,GMO BtoB早払い

GMO BtoB早払いは最短2営業日で入金可能、手数料1.0%~10.0%と比較的安く利用可能なファクタリング会社です。

東証一部上場企業が運営しているため、安心した取り引きも可能と言えるでしょう。

対象は法人のみですが、契約前に対面やオンラインでの面談も可能であるため、疑問点や不安点を解消して納得した取引が可能となっています。

対象 法事のみ
手数料 1.0%~10.0%
入金スピード 最短2営業日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要(必要に応じて対面・オンライン面談可能)

▶ 「GMO BtoB早払い」の公式ホームページ

ファクタリング利用者が考える不安点を解決!

ここまで、7つのオンラインファクタリング会社(即日対応可能なファクタリング会社)の比較をしてきました。

でも、いざファクタリングを利用して資金調達をしようと考えたとき、

 「本当に短期間もしくは即日で入金されるの?」

 「オンラインファクタリングだと、どうしてこんなに手数料が安いの?怪しくない?」

 「手数料のほかに余計な支払いがあるんじゃないの?」

等の疑問や不安の声が聞かれることが多くあります。

安心してファクタリングの利用ができるよう、一緒に疑問や不安を解消していきましょう。

1,本当に短期間もしくは即日で入金されるの?

ファクタリングが短期間もしくは即日で入金可能なのは、審査にかかる時間が少ないためです

銀行やビジネスローン等の融資は借り入れた資金を数年かけて返済していきます。

融資の場合は「利用者に十分な返済能力があるのか」を慎重に判断する必要があるため、審査に膨大な書類と時間を要します

ファクタリングは「売掛債権の買取」という形で資金調達をしています

利用者に振り込まれる予定の売掛金をファクタリング会社が先に支払う代わりに、手数料をファクタリング会社に支払うという仕組みをとっています。

ファクタリングはあくまで「支払われる予定のある売掛金の買取」であるため、審査基準は決して高くありません。必要書類も少なく審査も短時間で行われることから、短期間もしくは即日での入金が可能となります。

オンラインファクタリングでは、書類提出を写真やスキャンデータの送付、契約は電子署名で行っています。そのため、通常のファクタリングよりも審査開始から契約までの時間がより短縮でき、業界最速30分での現金化が可能となりました。

2,なぜオンラインファクタリングは手数料が安いの?

通常のファクタリングは手数料が約10.0%~30.0%と高く、利用時の懸念点とされていました。

しかし、オンラインファクタリングでは1.0%~20.0%と低く設定されています

こんなに差があると、「オンラインファクタリングって本当に大丈夫?」返って不安になってしまう利用者様もいます。

オンラインファクタリングは審査時にAIを用いる会社が多いことや、対面での対応がありません。そのためテナント料が抑えられたり、ファクタリング会社自体の人件費を抑えたりすることが可能です。ファクタリング利用時の手数料も1.0%~20.0%と、通常のファクタリングよりも安く設定することができています。

3,余計な支払いはないの?

ファクタリングは、基本的に売掛金以外の支払いはありません

しかし、会社によっては基本手数料を安く設定し、その他に事務経費として別途料金を請求する会社もあります

契約時は、手数料以外の支払いがないか含めしっかりと全体の料金の確認をするようにしましょう。

「即日」という甘い誘い文句には注意も必要

即日ファクタリングを希望されている方は「できるだけ早く資金調達したい」「今日中に入金がないと困ってしまう」等、緊急性を要していることが多いでしょう。

そのような弱みにつけ込み、即日入金する代わりに高額な手数料を請求する悪質業者も存在します。

緊急性が高い場合は、正常な判断がニブることも珍しくありません。

ただし、急いでいるからと言って契約内容をよく確認せずに契約を結んでしまうと、悪質業者に騙されてしまう可能性もあります。

契約時には一旦落ち着いて、契約書の内容をきちんと確認するようにしましょう。

なお、この記事で紹介しているファクタリング会社はどの会社も優良会社ですので、騙される心配はなく、安心してご利用可能となっています。

 

 

即日入金+オンライン相談可能なSoKuMo!

本稿では、オンラインファクタリングでの資金調達について会社比較、説明をしてきました。

SoKuMoは、2社間ファクタリングの「現金化の速さ」と「売掛先へ利用が知られない」というメリットは残しつつ、最大の課題であった手数料の高さを解決し、より快適な資金調達を可能としました。

また、主要オンラインファクタリング会社の課題であった「面談不可」にも対応し、オンラインファクタリング業界では珍しい「面談の対応も可能」という特徴を持っています。

事業主様の大切な企業の発展を全力で応援したい、資金調達に関する悩みを解消したい、安心して取り引きをしてほしい、そんな想いでサービス展開させていただきました。

「業界最速!最短30分で入金可能」

「業界最低基準の手数料1.0%から利用可能」

「法人様、個人事業主様問わず幅広い対応が可能」

「オンライン相談で不安や疑問点を解決!」

この4点がSoKuMoの強みであると自負しております。

資金調達に悩まれている方、他社の手数料が高いと感じている方、まずは即日お見積もり受付フォームから見積もりだけでも申し込みしていただけたら幸いです。

利用者様の資金繰りの悩みを解決すべく、SoKuMo社員総力で提案、尽力させていただきます。

「即日ファクタリング」まとめ

通常の2社間ファクタリングのメリットである「最速での現金化」「売掛先へファクタリングの利用が知られない」を残しつつ、最大のデメリットであった「手数料の高さ」の課題を解決し得るのがオンラインファクタリングです。

オンラインファクタリングを採用している会社でも、その特徴は様々です。

会社選びのポイント

  • 手数料の高さ
  • 入金までにかかる期間
  • 相談窓口の有無

これらを参考に自社に適したファクタリング会社を選択していきましょう。

その他「コラム」記事

   ©2021 即日オンラインファクタリング「SoKuMo」, Inc.