お知らせ

Message

埼玉県企業の資金繰り問題はファクタリングで解決!失敗しないファクタリング会社の選び方もご紹介!

2022年3月29日

埼玉の事業所数は全国第5位と多く、その約99%を中小企業が占めています。
東京都心だけでなく、東北地方や北関東地方、信越地方などさまざまな場所へのアクセスも良く、事業所を構える企業が多いのも埼玉の特徴です。
そんな埼玉ですが、中小企業が多いため、資金繰りに難渋する企業も少ないとは言えません。
そこで、埼玉県企業の資金繰り問題を解決できる可能性が高いのがファクタリングです。
この記事では、埼玉の経済状況から埼玉県企業のファクタリングニーズが高い理由に関して解説します。
最後には、埼玉で失敗しないファクタリング会社の選び方も紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

埼玉の経済状況

埼玉は、彩の国の愛称の通り、四季折々の色彩豊かな自然に恵まれ、産業・文化・学術など柾座間な分野で発展しています。
中でも、埼玉の事業所数は、東京、大阪、愛知、神奈川に次ぐ全国第5位であり、たくさんの企業が活動しています。
東北地方や北関東地方、信越地方などへの交通アクセスも良く、さまざまな産業活動が行われているという特徴も。
そんな埼玉ですが、経済状況として以下のような特徴を持ちます。

埼玉は中小企業が多い

埼玉の事業所数は、東京、大阪、愛知、神奈川に次ぐ全国5位です。
埼玉は事業所数が多い上に、その約99%が中小企業となっています。
中小企業の中でも、卸売業・小売業や製造業などの第三次産業の割合が高く、県内産業の約70%を占めるほど。

近郊農業が盛んに行われている

埼玉は、豊かな気候と豊かな自然に囲まれた農業県です。
小麦粉やさといも、彩の国黒豚などが埼玉の代表的な農産物であり、全国への出荷率も年々増加傾向にあります。
関東圏にありながら、豊かな自然のもと活発な農業活動が行われているのも、埼玉産業の特徴と言えるでしょう。

物流の要所であり運送業も多い

埼玉は東京都心へのアクセスも良く、都心のベッドタウンとして位置づけられています。
東北地方、北関東地方、信越地方に至る高速交通網は埼玉を通っており、その立地の良さから埼玉に拠点を置く企業が多いという特徴も。
埼玉は、物流の要所という特徴があるため、東北地方や関東地方をメインとした運送業の参入も増えてきています。

建設業、製造業、卸売業・小売業の倒産率が高い

埼玉は、建設業や製造業、卸売業・小売業の倒産率が高くなっています。
倒産する企業のほとんどが、売上はあるにも関わらず資金難に陥ってしまう「黒字倒産」であるという特徴も。

埼玉県企業でファクタリングニーズが高い理由

埼玉は、上記のような経済的特徴を持つため、資金繰りに難渋する企業が多いという特徴があります。
そんな埼玉県企業の資金繰り問題を解決し得るのがファクタリング。
ファクタリングは、売掛債権をファクタリング会社へ譲渡・売却することで、売掛債権の早期現金化が可能です。
売掛債権を売却する際に手数料が発生しますが、最短即日での資金調達ができるという特徴があります。
埼玉県企業でファクタリングニーズが高い理由は以下の通り。

  1. 緊急性の高い資金調達に対応できる
  2. 黒字倒産を回避できる
  3. 銀行融資に断られていても利用できる可能性が高い

1,緊急性の高い資金調達に対応できる

ファクタリングは、最短即日~1週間程度で売掛債権の現金化ができます。
埼玉で活発に行われている農業や建設業、製造業、運送業などは、設備や機械の故障等により、高額かつ緊急性の高い資金調達が必要となる場合があります。
銀行融資などの借入は、審査にかかる時間も長く、融資実行まで約1か月~2か月かかることも珍しくありません。
融資実行までの間、産業活動を停止してしまっては利益を得ることができず資金難に陥ることでしょう。
ファクタリングであれば、最短即日で売掛債権を現金化できるため、産業活動を停止する心配がありません。
緊急性の高い資金調達が必要となりやすい埼玉県企業のニーズにマッチしていると言えるでしょう。

2,黒字倒産を回避できる

埼玉では、建設業、卸売業・小売業、製造業の倒産率が高くなっています。
これらの業種は、業界内でも支払いサイトが長期化しやすいという特徴があります。
通常であれば、売掛債権が発生してから支払いを受けるまで約1か月~2か月というのが一般的。
ただし、建設業、卸売業・小売業、製造業の支払いサイトは3か月~4か月、長ければ半年ということも珍しくありません。
売上があるにも関わらず手元の現金が底を尽きてしまう「黒字倒産」につながりやすく、実際に埼玉では黒字倒産する企業が多いです。
そこで、ファクタリングを用いれば、支払いサイトの短縮が可能。
売掛債権の早期現金化により黒字倒産を回避することができます。
ファクタリングは、黒字倒産する企業が多い埼玉県企業の救いの一手になれると言っても過言ではありません。

3,銀行融資に断られていても利用できる可能性が高い

埼玉県企業の約99%を占めているのが中小企業。
中小企業の場合、実績が少ない、担保・保証人の準備ができない等の理由で、銀行融資に断られてしまうことも少なくありません。
ファクタリングは、担保・保証人は不要、利用者の信用度が低くても特に問題ありません。
ファクタリングでは「売掛金がしっかり回収できること」が重要であるため、売掛先の信用度が高ければ誰でも利用できます。
極端に言えば、利用者が金融ブラックであったとしても売掛先の信用度さえ確認できれば、利用可能なのです。
経営が傾いている企業、起業間もない会社など銀行融資に断られていても、ファクタリングなら資金調達できる可能性は高いと言えるでしょう。
経済産業省も中小企業の資金調達手段としてファクタリングを推奨しており、中小企業の多い埼玉県企業にもってこいの資金調達手段となっています。

埼玉を拠点とするファクタリング会社は2社のみ

埼玉県企業の資金調達手段として推奨できるファクタリングですが、埼玉に拠点を置いているファクタリング会社は2社しかありません。
「埼玉に拠点を置いているから」という理由だけでファクタリング会社を選ぶのは、あまりおすすめしません。
ファクタリングは、利用するファクタリング会社により手数料設定や資金調達速度、必要書類などが異なります。
埼玉に拠点があるファクタリング会社が、自社の資金調達ニーズに合っていれば問題ありません。
しかし、ニーズに合っていないにも関わらず「埼玉にあるから」と無理に利用してしまうと、思わぬトラブルに発展しかねないので注意しましょう。

埼玉県企業にはオンラインファクタリングがおすすめ

埼玉に拠点を置くファクタリング会社が自社のニーズに合わない場合は、オンラインファクタリングがおすすめ。
オンラインファクタリングなら、契約から取引完了まですべてオンライン上で完結できます。
埼玉に居ながら他県のファクタリング会社を利用できる上、ファクタリング会社へ来店する手間もないというメリットがあります。
オンラインファクタリングを提供している会社から、自社のニーズに合ったファクタリング会社を利用できると良いでしょう。

埼玉で失敗しないファクタリング会社の選び方

ファクタリング会社は年々増加傾向にあり、その数は100社以上です。
一言で「ファクタリング」と言っても、ファクタリング会社により契約対象や買取可能額、手数料などの契約内容が異なります。
自社のニーズに合ったファクタリング会社を選ぶためには、以下のようなポイントを押さえて選択するのが良いでしょう。

  1. 悪質業者ではないか
  2. 入金スピードはどのくらいか
  3. 売掛先への通知の有無はどうか
  4. 手数料はどのくらいか
  5. 契約方法はどうか

1,悪質業者ではないか

残念ながら、ファクタリング業界には一定数の悪質業者が存在しています。
悪質業者と契約を結んでしまうと、必要以上に高額な支払いを求められたり、長期にわたる支払いを求められたりする可能性が高いです。
悪質業者には以下のような特徴があるため、該当する場合は利用しないことをおすすめします。

  • 償還請求権ありの契約
  • 契約書の控えを準備していない
  • 担保・保証人求めてくる
  • 手数料が相場の範囲外
  • 手数料以外の諸費用が高額
  • 分割払いに対応している

ファクタリングは、償還請求権のない契約が原則であり、万が一売掛金が回収できなくなった場合でも、利用会社は弁済をする必要はありません。
償還請求権のある契約の場合や、担保・保証人を求める場合、分割払いに対応している場合は、買取契約ではなく貸付契約とみなされます。
貸付契約でファクタリング同様の手数料設定をしている場合は、利息制限法違反であり違法行為となります。
また、ファクタリングの手数料は買取金額の1%~30%が相場。
相場を逸脱している手数料設定である場合も、悪質業者である可能性が高いため注意しましょう。
さらに悪質なケースは手数料を相場の範囲内にとどめておいて、手数料以外の諸費用で高額請求してくるようなケース。
ファクタリングで発生する諸費用は、出張費や債権譲渡登記の登記費用くらいです。
これ以外で不透明な費用請求をしてくる場合も、利用しないようにしましょう。

ファクタリングで買取対象となる売掛債権は、手形のように実物があるわけではありません。
そのため、売掛債権の譲渡・売買をするという内容は契約書を取り交わすことで成立します。
契約書は手数料やファクタリング方式、売掛金の支払い期日、違約金が発生する条件などの重要事項が記載されているもの。
万が一、ファクタリングでトラブルが生じた場合に、唯一証拠資料となるのが契約書です。
契約書の控えは必ず受け取り、取引が完了するまできちんと保管しておきましょう。

2,入金スピードはどのくらいか

入金スピードも、利用するファクタリング方式やファクタリング会社によって異なります。
利用会社とファクタリング会社で契約を結ぶ2社間ファクタリングは、最短即日~3日程度で現金化が可能です。
売掛先も契約に参加する3社間ファクタリングの場合は、即日での入金は不可能であり、現金化までは最短3日~1週間ほど。
自社の資金調達はどの程度の時間的猶予があるのかを把握し、ファクタリング方式を選択するようにしましょう。
なお、緊急性が高く、なるべく早い現金化を希望する場合は、オンラインファクタリングがおすすめです。
オンラインファクタリングは、AIによる審査が主流なため審査に時間を要しません。
そのため、最短30分~1時間での入金が可能な会社も多く、即日入金できる可能性が高いです。

3,売掛先への通知の有無はどうか

売掛先へのファクタリング利用の通知の有無も重要。
ファクタリングはまだ認知度が高いとは言えず、ファクタリングに対する理解があまり得られない会社もあります。
ファクタリングを利用していることが知られると「経営が悪化しているのではないか」と勘繰られる可能性も否定できません。
最悪の場合、取引解消や取引縮小など事業に悪影響を与える可能性も…。

3社間ファクタリングは、売掛先からファクタリング利用の承諾を得なければならないため、ファクタリング利用の通知は必須。
2社間ファクタリングであれば、売掛先が一切関与しないため、ファクタリング利用の通知の必要はありません。
売掛先との関係性も考慮した上で、慎重にファクタリング方式を選ぶようにしましょう。
なお、絶対にファクタリング利用を知られたくないという場合は「2社間ファクタリング」かつ「債権譲渡登記の留保」の契約を結ぶことをおすすめします。

4,手数料はどのくらいか

ファクタリングを利用する際には必ず手数料が発生しますが、手数料設定はファクタリング会社に一任されています。
そのため、同じ売掛債権を売却する場合でも、利用する会社によって手数料に差が生じることも珍しくありません。
とは言え、2社間ファクタリングは10%~30%、3社間ファクタリングは1%~10%、オンラインファクタリングは1%~10%の手数料相場があります。
利用する際には、手数料とファクタリング方式双方の視点から検討し、複数社から見積りをとることをおすすめします。

5,契約方法はどうか

契約方法もファクタリング会社により異なります。
契約時に来店必須な会社もあれば、出張対応してくれる会社、オンライン上で契約できる会社など対応はさまざま。
来店・出張対応してくれる会社であれば、担当者と直接顔を合わせられるので、信頼関係は築きやすいでしょう。
ただし、スケジュールを調整する必要もあります。
その点、オンライン上で契約できる会社の場合、隙間時間などで簡単に手続きが可能。
ファクタリング契約に生じる手間は圧倒的に少なくて済みます。
「オンライン上で契約したいけど顔も合わせないと心配」という方は、オンライン面談に応じている会社を選ぶのも良いでしょう。

埼玉県企業の資金繰り問題はファクタリングで解決のまとめ

埼玉は全国第5位の事業所数があり、その99%を中小企業が占めています。
支払いサイトが長い業種も多いという特徴もあり、資金繰りに難渋する企業も多いです。
埼玉県企業の資金繰り問題は、ファクタリングで解決できる可能性が高く、おすすめ。
埼玉県内に拠点を置くファクタリング会社は多いとは言えず、全国展開しているファクタリング会社から、自社のニーズに合ったファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

その他「コラム」記事

   ©2021 即日オンラインファクタリング「SoKuMo」, Inc.