お知らせ

Message

愛知・名古屋の企業の資金調達ならファクタリング|名古屋の経済状況と合わせて解説!

2022年1月7日

製造業が盛んで、入金サイトが長いことに悩む業者が多い名古屋の企業。

名古屋は東京、大阪に次ぐ全国3位の企業数でありながら黒字倒産に陥る企業も多いという特徴があります。

「売り上げはあるはずなのに、資金繰りがううまくいかない」

「銀行融資を断られてしまって困っています」

私どもSoKuMoにも、このような悩みを抱えて相談に来られる名古屋企業の方がたくさんいらっしゃいました。

その悩み、ファクタリングなら解決できます。

この記事では、

  • 名古屋の経済状況
  • 名古屋の企業にファクタリングがおすすめな理由
  • 名古屋でファクタリング会社を選ぶ際のポイント

を解説します。ぜひ最後までお読みください。

愛知・名古屋の経済状況

名古屋は、東京・大阪に次ぐ産業地域です。

大手企業・中小零細企業などの事業所数も多く、産業活動が活発に行われている愛知・名古屋ですが、他の県と比べ、愛知・名古屋ならではの経済状況が存在しています。

愛知・名古屋特有の経済状況について、以下に解説しましょう。

製造業を中心とした中小零細企業が多い

愛知(名古屋)は全国トップクラスの産業地域であり、企業数も東京・大阪に次ぐ全国3位となっています。

しかし、そのほとんどが中小零細企業であり、愛知・名古屋は中小零細企業により経済を支えていると言っても過言ではありません。

また、全国的に有名なトヨタ自動車もあるため、名古屋企業の33.4%が製造業と、多くの割合を占めているという特徴も。

回収サイトが長く、黒字倒産になる会社が多い

製造業の割合が高い愛知・名古屋ですが、製造業はあらゆる業界の中でも特に売掛金の回収サイト(※1)が長いとされています。

通常の信用取引であれば、売掛債権(※2)が発生してから実際に入金されるまで、約1ヶ月~2ヶ月という回収サイトが一般的。

しかし、製造業においては3ヶ月以上かかることも珍しくありません。

また、製造業は売掛金回収の前に外注費や材料費などの必要経費を支払う必要もあるため、資金繰りに難渋しやすいという特徴もあります。

売上があるにも関わらず、手元に自由に使える事業資金がない・・・という問題を抱えやすいのが、愛知・名古屋の企業なのです。

そのため、他の県と比較しても愛知・名古屋は黒字倒産に陥る可能性が高いと言えるでしょう。

※1)売掛金の回収サイト:商品やサービスに対する代金(売掛金)の支払いまでの期間
※2)売掛債権:商品やサービスに対する代金を受け取れる権利

銀行の預貸率が低い

手元資金が枯渇した場合、銀行からの融資で資金調達をするのが一般的でしょう。

しかし、愛知県(名古屋)は、日本全国の地域と比較して銀行の預貸率がとても低く、簡単に銀行融資を受けることができません。

愛知・名古屋は全国レベルの産業地域であるにも関わらず、このような現状があるため、中小零細企業は資金調達をするのに大変困難な状況となっています。

名古屋の企業はファクタリングでの資金調達がおすすめ

このように、資金繰りに難渋しやすく、なおかつ資金調達手段が限られてしまっているのが名古屋の企業です。

上手く資金繰りができずに、泣く泣く倒産や事業縮小を余儀なくされることも珍しくありません。

そこでおすすめなのが「ファクタリング」を利用した資金調達です。

ここからは、名古屋の企業にファクタリングがおすすめな理由を解説します。

売掛債権を早期現金化できる

ファクタリングとは、「売掛債権(請求書)の買取サービス」のこと。

日本企業の取引は信用取引が一般的であり、商品やサービスを提供してから、実際に代金が支払われるまで約1ヶ月~2ヶ月のタイムラグが生じます。

愛知・名古屋に高い割合を占める製造業は、その中でも特に支払いサイトが長く、3ヶ月もの間現金化できないということも往々にしてあり得ます。

しかし、現金化されるまでの期間にも、外注費や材料費、従業員への給料などの支払いは行わなければならず、自由に使える資金は目減りする一方。

ファクタリングは、売掛債権の買取サービスであるため、手数料は生じますが、実際の支払期日まで待たずに早期現金化することが可能です。

自社が抱えている売掛債権を早期現金化できるということは、その分自由に使える手元資金が増えることとなります。

手元資金の不足により回せていなかった事業を回せるようになり、さらに資金繰りが改善するという好循環を生むことも可能でしょう

 

ファクタリングについての仕組みやメリット・デメリットなど詳しい説明は以下参照。
➡ 2社間ファクタリング:【最短即日】2社間ファクタリングの仕組みと法的根拠を解説!
➡ 3社間ファクタリング:手数料を低く抑えるなら3社間ファクタリングがおすすめ!【2社間ファクタリングとの違いも解説】

利用ハードルが低い

ファクタリングは売掛債権の買取り、つまり「借りない資金調達手段」であり、以下の特徴があります。

  • 担保・保証人不要
  • 最短即日~1週間程度で売掛債権(請求書)の現金化可能
  • 銀行融資に断られていても利用可能
  • 赤字経営・税金滞納などの金銭的問題がある会社でも利用できる可能性が高い

これらの特徴からも分かるように、ファクタリングは銀行融資を受けられず資金調達に難渋しやすい中小零細企業にうってつけのサービスと言えます。

銀行預貸率の低い名古屋企業は銀行融資を受けられないことも珍しくありませんが、ファクタリングなら資金調達できる可能性が非常に高いのです。

ファクタリングは製造業に強い

ファクタリング業界には「製造業ファクタリング」という名称が存在するくらい、製造業界における資金調達を得意としています。

というのも、製造業の資金繰り問題は「支払いサイトの長期化」が引き金となっていることが多く、それにより資金繰りに難渋する企業が多いため。

支払いサイトの長期化問題を解決し得る手段は「ファクタリング」が得意とする分野であり、自然と製造業界からの利用頻度が高くなり、その結果製造業との取引実績も豊富になったのです。

ファクタリング会社は、製造業界の経済事情も十分理解しているため、柔軟な対応も可能。

製造業関連の企業が多い名古屋において、ファクタリングは強い味方と言えるでしょう。

名古屋に拠点を置くファクタリング会社4選

ではさっそく、名古屋に拠点を置くファクタリング会社を紹介していきましょう。

JCT|大口債権にも対応

JCTは愛知県名古屋市に本社、東京と大阪に支店を構え、全国対応も可能と比較的規模の大きな会社です。

買取可能額の上限設定はなく、まとまった資金調達を希望している方には特におすすめ。

また、土・日・祝日も営業、出張対応も可能であるため、利用者の都合に合わせて契約や面談が行えるというメリットも。

コンサルティング業も行っているため、資金繰りに悩んでいる愛知・名古屋の企業は相談してみるのも良いでしょう。

ただし、手数料は1.2%~利用できますが、上限の表記はないため利用時には確認することをおすすめします。

対象 法人(年商7,000万円以上)
個人事業主(3社間ファクタリングのみ)
手数料 1.2%~
入金スピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
契約方法 対面(出張可能:出張費は別途請求)
買取可能額 100万円~上限なし
必要書類 謄本(3通)
印鑑証明書(3通)
決算書 など
所在地 愛知県名古屋市中区錦2-17-28 CK15伏見ビル5F

グローバルサービス|小口債権に対応

グローバルサービスは30万円~1,000万円の比較的少額な債権に対応している名古屋拠点の会社です。

買取可能額100万円~としているファクタリング会社が多い中、30万円からの買取が可能という点が特徴的。

即日入金も可能であり、少額をとにかく早く資金調達したい場合、特におすすめ。

ただし、手数料は公開されていないため利用時には注意が必要です。

最短15分で無料審査を行っているので、利用前に見積を出すのも良いでしょう、

対象 法人、個人事業主
手数料 非公開
入金スピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
契約方法 対面(来店もしくは訪問)
買取可能額 30万円~1,000万円
必要書類 売掛金の発生を示す請求書や検収書
これまでの取引を証明出来る通帳 など
所在地 愛知県名古屋市中区松原三丁目7番14号 セブンビル6F

No.1|利用者のニーズに合わせたプラン展開

No.1は東京に本社、名古屋・福岡に支店を構えるファクタリング会社です。

利用者の状況に合わせて「建設業特化型プラン」「乗り換え特化型プラン」「個人事業主特化型プラン」「フリーランス特化型プラン」「オンライン特化型プラン(Easy factor)」の5つのプランから利用することができるという特徴があります。

また、コンサルティング事業にも力を入れており、専門性の高いスタッフが資金繰りのアドバイスをしてくれるという特徴も。

対象 法人、個人事業主
手数料 2社間ファクタリング:5.0%~15.0%
3社間ファクタリング:1.0%~5.0%
入金スピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
契約方法 対面(来店もしくは訪問)
Easy factorならオンライン完結も可能(手数料2.0%~8.0%)
買取可能額 50万円~5,000万円
必要書類 通帳のコピー
直近の決算書
請求書、発注書、納品書
所在地 愛知県名古屋市中村区則武2-3-2 サン・オフィス名古屋3F

PMG名古屋営業所|買取率98%以上

PMGは東京に本社、福岡・大阪に支社、名古屋を含む日本全国7ヶ所に営業所を構えるファクタリング会社です。

買取率98%以上と高水準であり、より多くの資金調達ができる可能性が高いという特徴があります。

また、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が管理・運営している、プライバシーマーク(Pマーク)の付与事業者に認定されおり、個人情報を大変慎重に取り扱っているという特徴も。

資金調達をする上で、安心感を重視したいという方に特におすすめです。

対象 法人、個人事業主
手数料 非公開
入金スピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
契約方法 対面(来店、訪問)、メール、FAX
買取可能額 50万円~2億円
必要書類 決算書(直近2期分)
直近の入金確認ができる書類(通帳)
成因資料(契約書、発注書、納品書、請求書等)
所在地 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目6番23号 名古屋第三堀内ビル 9階

名古屋拠点のファクタリング会社を利用するメリット・デメリット

名古屋拠点のファクタリング会社を利用するメリット・デメリットは以下の通り。

メリット
  • 名古屋の経済事情に詳しい
  • 即日対応可能なことが多く、素早い現金化が可能
  • 直接顔を合わせた取引ができる
デメリット
  • 手数料が高くなる可能性がある
  • ファクタリング会社の母数が少なく、選択肢が少ない

メリット1|名古屋の経済事情に詳しい

名古屋拠点のファクタリング会社を利用する最大のメリットは、なんと言っても「名古屋の経済事情に詳しい」ということ。

名古屋に拠点を置いているため、タイムリーかつ繊細な経済事情に詳しいため、経済事情を考慮した上で審査をしてくれることでしょう。

メリット2|即日対応可能なことが多い

遠方のファクタリング会社を利用した場合、来店不要で出張対応をしてくれる会社も多いです。

しかし、遠方であるがため、移動に時間がかかったり、審査のやり取りに時間を要したりと、即日入金を謳っている会社だとしても即日入金できない可能性高いでしょう。

その点、名古屋に拠点を置いているファクタリング会社であれば、移動時間もそほどかからずスムーズに手続きをすることが可能。

そのため、遠方のファクタリング会社を利用するよりも名古屋拠点のファクタリング会社を利用した方が、手早い現金化が可能な可能性は高いと言えるでしょう。

メリット3|直接顔を合わせた取引ができる

ファクタリングは金銭取引を行うため、できることなら担当者と直接顔を合わせて、人となりを評価したいところ。

名古屋拠点のファクタリング会社であれば、容易に顔を合わせることが可能であり、担当者と直接会話をすることで、信用できるかどうかの確認もでき、安心して取引ができることでしょう。

デメリット1|手数料が高くなる可能性がある

一般的に、大手ファクタリング会社やオンラインファクタリングの方が、手数料を低く抑えられます。

また、名古屋拠点のファクタリング会社の場合、対面での契約がメインとなるため、来店する際の移動や、出張依頼した際の出張費など総合的に見て必要となる費用が高い可能性があります。

デメリット2|ファクタリング会社の母数が少なく、選択肢が少ない

名古屋に拠点を置くファクタリング会社は多くありません。

東京や大阪など多くの人と、多くの企業がある場所に拠点を置いているファクタリング会社が多いのです。

そのため、自社に最適なファクタリング会社を見つけるのが大変、もしくは見つけられないこともあるでしょう。

だからと言って、妥協してファクタリング会社を選んでしまうと、損をしてしまうこともあるので注意が必要です。

名古屋でファクタリング会社を選ぶ際のポイント

実際にファクタリングを利用しようと考えた際、最初に行うのはファクタリング会社選びです。

ファクタリング会社は数多く存在し、どの会社を利用するか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

名古屋の企業が、自社に適したファクタリング会社を選ぶポイントは以下の通りです。

手数料

ファクタリングを利用する際、必ず発生するのが手数料。

手数料設定はファクタリング会社に一任されているため、同じ売掛債権でも利用するファクタリング会社により、手数料は異なります。

手数料が高ければ実際に資金調達できる金額は少なくなってしまうため、なるべく低く抑えたいものですよね。

以下の手数料相場から逸脱しない範囲内で、なるべく手数料を低く抑えられるファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

  • 2社間ファクタリング:10.0%~30.0%
  • 3社間ファクタリング:1.0%~10.0%
  • オンラインファクタリング:10.0%~20.0%

また、遠方のファクタリング会社や対面での契約・面談を必須としている会社の場合、出張費用を別途請求される場合も。

交通費等も含む手数料総額を確認することも忘れないようにしましょう。

公式ホームページから見積もりをとれる会社も多いため、申し込み前に見積もりをとるのもおすすめです。

名古屋に拠点を置くファクタリング会社では手数料が高いと感じた場合には、全国どこからでも利用可能かつ、低手数料であるオンラインファクタリングの利用を検討するのも1つの手でしょう。

現金化速度

現金化までにかかる時間も、ファクタリング会社によりさまざま。

2社間ファクタリングであれば最短即日~3日程度、3社間ファクタリングであれば最短3日~1週間程度が資金調達にかかる期間の目安です。

また、即日入金を謳っている会社でも、遠方の場合や対面での契約・面談が必要な場合、必ず即日で資金調達できるとは限りません。

自社の資金調達にどれくらいの時間的猶予があるのか、それが叶う会社なのかどうかの見極めも大事でしょう。

迅速な資金調達を希望する場合は、名古屋拠点のファクタリング会社もしくは、オンラインで完結するオンラインファクタリングを採用している会社を利用するのがおすすめです。

ファクタリング方式

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つの方式があります。

2社間ファクタリングは、手数料はやや割高ですが、売掛先にファクタリングの利用を知られることなく最短即日で現金化が可能。

3社間ファクタリングは、現金化に3日~1週間程度の時間を要しますが、手数料は低く抑えられるという特徴があります。

ただし、売掛先にファクタリングの利用が必ず知られてしまうため、資金繰りの悪化を疑われたり、今後の取引に影響を及ぼす可能性も否定できません。

特に、名古屋には製造業が多く、製造業は売掛先との信頼関係が命と言っても過言ではありません。

ファクタリングの利用が知られても問題のない売掛先なのかの判断は慎重に行うべき。

どちらのファクタリング方式を利用したいのか、その方式に対応している会社なのかどうかも重要なポイントと言えるでしょう。

買取可能額

買取可能額もファクタリング会社によりさまざま。

ファクタリング会社は収益のほとんどを手数料から得ています。

そのため、少額債権の取り扱いに対応している会社は少なく、100万円~1億円の債権を買取対象としている会社がほとんど。

少額債権に対応している会社や、1億円を超える高額債権に対応している会社もあるため、自社の希望している買取額にマッチしているファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

重要視するポイントはなにか

ここまで「手数料」「現金化速度」「ファクタリング方式」「買取可能額」の4つのポイントを紹介しました。

もちろんすべて自社のニーズに合ったファクタリング会社もあるかもしれません。

ただし、必ずしもすべての希望を叶えられるファクタリング会社がある訳ではありません。

その場合、自社が重要視するポイントは何なのか、優先順位をつけておくことをおすすめします。

上記以外にも、初めてファクタリングを利用するから安心して取引をしたいという場合には、名古屋拠点のファクタリング会社や出張対応してくれる会社、オンライン面談に対応している会社など、顔を合わせる機会がある会社を選ぶ必要があるでしょう。

悪質業者に注意

残念なことにファクタリング業界には、悪質業者の存在も確認されています。

悪質業者には以下のような特徴があるため、1つでも当てはまる場合は利用しないことをおすすめします。

  • 「買取」契約ではなく「貸付」契約を結ばせてくる
  • 契約書のコピーを渡してくれない
  • とにかく契約書への署名を急かしてくる
  • 担保・保証人を求めてくる
  • 償還請求権のある契約を提案してくる
  • 手数料の他に別途諸経費として高額請求してくる

ファクタリング会社選びに迷ったらぜひSoKuMoを

上記のファクタリング会社選びのポイントで考えても、どの会社にすればいいのか迷ってしまう場合は、ぜひSoKuMoの利用をご検討ください。

SoKuMoは、利用者様に安心して取引していただけるよう、

  • 利用を知られない「2社間ファクタリング」かつ「債権譲渡登記の留保」
  • 全国どこからでも利用可能な「オンラインファクタリング」
  • 顔を合わせた面談で安心!「オンライン面談」を採用
  • 緊急の資金調達でも大丈夫!「業界最速の最短30分での入金」
  • 業界最低水準の手数料1.0%~
  • 少額債権への対応も可能「買取可能額10万円~1億円」

という特徴があります。

様々な業種の資金調達実績もあるため、利用者様のニーズに合わせたご提案も可能です。

実際、名古屋で活躍する法人様や個人事業主様との取引実績も多く、名古屋の経済状況を加味した上でファクタリング契約を結ばせていただいております。

資金調達にお困りでしたら、ぜひSoKuMoへご相談ください。

まとめ

この記事では、名古屋の経済状況と名古屋の企業にファクタリングがおすすめな理由を紹介しました。

ファクタリングは銀行融資に断られてしまった場合でも資金調達が可能であり、手早い現金化も可能なサービスです。

中小零細企業が多く、銀行預貸率の低い名古屋の企業におすすめな資金調達手段と言えるでしょう。

名古屋拠点のファクタリング会社は地元の経済状況に詳しいですが、母数も少なくなかなか自社に合ったファクタリング会社を見つけるのも大変です。

オンラインファクタリングや全国出張可能なファクタリング会社の利用も視野に入れ、自社に最適なファクタリングができる一助になっていたら嬉しいです。

その他「コラム」記事

   ©2021 即日オンラインファクタリング「SoKuMo」, Inc.