お知らせ

Message

宮城(仙台)のファクタリング事情!このエリアに適したファクタリング会社とは?

2023年1月25日

東北地方の中でも中心的な存在である宮城県には魅力的で美しい観光スポットが数多くあり、県庁所在地で東北の最大都市でもある仙台市は「杜の都」という愛称で全国的にも有名です。

そんな宮城県や仙台市では数多くの企業が事業を営んでいますが、資金繰り改善を目指し「ファクタリング」を資金調達に活用している企業も少なくはありません。本稿では中小企業を中心に利用中の企業が増加している「ファクタリング」が、宮城県や仙台市の企業になぜ適しており、どのような場所へ申込みを行うべきなのかなど、仙台市を含む「宮城県のファクタリング事情」を解説させていただきます。

宮城県の産業

宮城県の人口は2022年時点で約230万人であり、産業は「商業・医療・教育・運輸・飲食」などが含まれる第三次産業が中心です。また宮城県内には工業系大手メーカーの生産拠点も複数存在しています。

・卸売、小売業—17.3%
・医療、福祉業—12.8%
・製造業—12.2%
・建設業—10.0%
・サービス業—7.2%
・運輸業—6.2%

上記したのは、宮城県における産業の業種別割合(2020年時点)で上位の業種です。これを見ても第三次産業が中心となっているのがおわかりいただけるはずですが、製造業や建設業などの第二次産業も割合としては小さくありません。

宮城県(仙台市)の経済概況

2023年1月に公表された「宮城県の経済概況」では、生産や雇用に関して「持ち直しの動きがみられる」と評価されています。個人消費などを含めた全体の評価としても「緩やかに持ち直している」となっており、宮城県の状況としては上向きではあるものの、まだまだコロナ以前の状況には戻りきれていないことが、この情報からも伝わります。

また仙台市のサイトでは「仙台市地域経済動向調査」の調査結果が見られますが、令和4年9月期は前期と比較して製造業や建設業などで業況の上昇が見られるものの、多くの業種ではまだ停滞しています。これらの情報から仙台市の多くの企業、特に中小企業や個人事業主にとって、まだまだ厳しい状況が続くことが予想されます。しかし少しずつではあるものの、景気が戻りつつある業界・業種も仙台市内には複数あるようです。

宮城県の企業には「融資に頼らない資金調達方法」が最適

全国的に見てもコロナ禍は収束したとは言い切れず、さらに燃料費の高騰なども影響し、先を見通しづらい状況がこれからも続くと考えられます。それでも企業は運転資金を確保し、今を乗り越え成長するために事業を続けなくてはなりません。しかしコロナ禍の中で、宮城県でも金融機関からの融資が受けられず資金繰りが悪化し倒産してしまった企業は少なくはありません。今後も容易に融資が受けられるようになることは期待しづらく、仙台市を含め宮城県内の企業にとって、「融資に頼らない資金調達方法」である「ファクタリング」は非常に利用価値の高い資金調達方法となっているのです。

融資よりファクタリングを宮城県の企業におすすめする4つの理由

仙台市を含め宮城県内の企業にファクタリングをおすすめするのには、大きく4つの理由があります。売掛債権を売却して早期現金化する資金調達方法がファクタリングであり、融資とは全く違う特徴を幾つも持っています。その特徴を活かすことで、宮城県の企業の資金繰りを大きく改善させることが可能となります。

資金調達スピードが速い

ファクタリングは審査スピードの速さが期待でき、素早い債権現金化も難しくありません。また運転免許証(本人確認書類)・請求書(債権の存在を示す書類)・通帳のコピー(取引実績の参考となる書類)など少ない提出書類で契約ができる場所も多く、即日での売掛債権の現金化にも対応可能です。借入の場合も即日融資による資金調達は不可能ではありませんが、提出書類の多さや審査にかかる時間などによって、即日資金調達のハードルは高まります。

急ぎでの現金確保にファクタリングが活用できるのは、仕入費や人件費をタイムリーに用意できるかが重要な小売業や建設業などにとっても、大きなメリットとなるはずです。

負債を増やさない

宮城県の企業に限定された話ではありませんが、負債額が大きくなると資産の総額を超え債務超過に陥るリスクも高まります。またそこまでではなくとも、貸借対照表の肥大化にも繋がり、自己資産利益率なども低下しかねません。しかしファクタリングは利用しても負債額を増やすことがなく、決算書への悪影響を避けることが可能です。決算書の内容を改善したいとお思いの仙台市を含む宮城県の企業にとっても、ファクタリングは頼りになる資金調達方法となります。

利用対象となるのが容易

融資を受けるためには、まず利用対象となる条件を満たす必要があります。その条件として代表者様の年齢や事業所の住所に関しての条件、他にも業歴や売上なども条件に含まれることがあります。宮城県の中小企業や個人事業主の中には、これらの条件を満たせずに利用できなかったという企業も少なくはないはずですが、ファクタリングの場合では特別な利用条件が設定されることは多くありません。

また売却可能(決済日前、他社に未譲渡)な債権を保有していることが大前提となりますが、売掛金を抱えている企業であれば、会社規模問わず利用対象となることが可能です。ただし一部のファクタリング会社は「法人のみ」など利用対象を限定している場合がありますので、申込前には一度条件をご確認ください。

審査通過が難しくない

仙台市を含めて宮城県の企業でファクタリングを活用するには、審査に通過しなくてはなりません。経営状況や信用情報に不安があると融資の審査通過は難しくなりますが、ファクタリングの審査では赤字経営であったり過去に金融事故を起こしていても、大きな問題ではありません。大切なのは売掛先が信用を置ける企業かどうかであり、宮城県内で自治体からの仕事を受けている不動産関係の企業や、仙台市の医療関係の企業など売掛先が公的な機関となる場合には、特に審査通過しやすく好条件での買取が期待できます。

宮城県(仙台市)のファクタリング会社事情

ファクタリングは仙台市はもちろん宮城県内の企業の多くにとって、高い利用価値がある運転資金確保の選択肢です。しかし宮城県内や仙台市から利用可能なファクタリング会社が存在しなくては資金調達に活用していただくのも現実的ではなくなります。また選択肢は多いほど比較検討しやすくなるため、数が多いほど最適な債権売却先が見つかりやすくなるのも確かです。

宮城県内で来店可能なファクタリング会社の選択肢は多くはない

宮城県内にもファクタリング会社は複数存在していますが、その多くは仙台市に集中しており、仙台市以外から来店しての利用には適しているとは言えません。ですが現在は日本全国どこからでも利用可能な場所も増えてきています。インターネット上での手続きの利便性が高く、宮城県全域から利用できるファクタリング会社も決して数は少なくはありません。

宮城県の企業が選ぶべきファクタリング会社の特徴

ここからは宮城県の企業がファクタリング会社を選ぶ際に意識していただきたい4つのポイントを解説させていただきます。また仙台市内には幾つかのファクタリング会社は存在していますが、限られた選択肢から選ぶだけでなく、宮城県の外にも目を向けて最適な利用先を見つけることをおすすめします。

出張対応またはオンラインファクタリングが利用できる

債権売却の申込先を宮城県内に限定しないためには、「出張対応」が可能であったり、「オンラインファクタリング」が利用可能なファクタリング会社もお探しください。ですが出張対応に関しては、出張費などの費用が発生する可能性がありますので、少しご注意ください。WEB上で申込みだけでなく契約手続きも完了できるオンラインファクタリングは、全国からの利用ができるだけでなく短時間での債権現金化の確率も高くなり、利用するメリットはより大きくなります。

手数料が安い

債権を売却する際に必要なファクタリング手数料は、法的な上限制限がありません。相場に関しても「2%から30%」と言われており幅広く、申込先によって大きな違いが発生する可能性は小さくないのです。宮城県の企業がファクタリングを利用する際にも、手数料が高いとなると希望額の資金調達が行えなかったり、後々の資金繰りの負担となってしまいかねません。手数料の下限だけでなく上限の値にも目を向けて、なるべく高額での買取が期待できる場所を探すことも大切です。

短期間での債権買取が期待できる

事業者の資金調達方法には幾つもの選択肢が考えられますが、ファクタリングはその中でも短時間での現金確保が可能です。しかし全てのファクタリング会社で即日債権買取が行えるわけではなく、手続きに時間がかかってしまうこともないことではありません。特にお急ぎでないのであればそれほど気にされないかも知れませんが、ファクタリングは同じ場所を繰り返し利用することで買取条件が向上することが多い資金調達方法ですので、毎回乗換えるのはおすすめできません。いざという時に頼りになるように、最初から素早く債権の買取が可能な場所を宮城県から探すのも、後々の大きなメリットに繋がるはずです。

個人事業主対応・債権譲渡登記が留保可能

一部ではありますが利用対象を法人のみとしているファクタリング会社があり、仙台市や宮崎県内にも数多い個人事業主は、申し込み先が個人事業主対応となっているかを事前にご確認ください。また売掛先にファクタリングの利用を通知せず、短時間での債権の現金化を可能とする2社間ファクタリングは、債権譲渡登記が必要となる場合があります。登記を行う際には別途費用が発生し、手続きに時間を必要としかねません。しかし登記は必須ではなく留保が可能です。登記費用の節約や資金調達をお急ぎの場合は、「債権譲渡登記留保可能」な場所をお選びください。

宮城県の企業が避けるべき悪質ファクタリング会社の見抜き方

年々、仙台市はもちろん宮崎県全体としてもファクタリングの需要は増加しています。ですが残念なことに、ファクタリングが資金繰りの選択肢として浸透し切れていない現状を悪用し、本来ならファクタリングには該当しない行為を行う「悪質ファクタリング会社」が僅かながら存在しています。ですが注意喚起を金融庁も行っている悪質ファクタリング会社からの被害を避けるのは、実はそれほど難しいことではないのです。

手数料が高額

手数料相場の上限である「30%」を大きく超えるような高額な手数料を請求された場合、悪質ファクタリング会社であることを疑うべきかも知れません。上限を制限する法律がないことから手数料が高額であっても違法とは言い切れないのですが、利用したことで資金繰りが悪化するリスクもあることから、仙台市を含めて宮崎県の企業が資金調達を急いでいても、高額な手数料の場所で安易に債権売却を行ってはなりません。

融資に該当する契約条件を提示している

ファクタリングは債権を売却して現金化する資金調達方法であり、融資のように負債額を増やさないことがメリットの1つです。融資に該当する契約内容であった場合は債権の売却には当てはまらなくなり、融資を行うには銀行などでない限り貸金業登録を行っている必要があります。しかしファクタリングと名乗りながら貸付を行っている場所の大半は貸金業登録を行っていないヤミ金融であり、利用するリスクは小さくありません。仙台市や宮崎県の企業が、担保や保証人を求められたり分割払いを薦められたりした場合には、融資に該当しているのではと疑うべきです。

契約書がない・契約内容に不審な点がある

ファクタリングに限定されたことではないのですが、契約手続きは特に慎重に行ってください。説明段階では問題がないとしても、提示された契約内容に不審な点があるとすればしっかりと確認することが大切です。また契約書自体が存在しない、控えを受け取ることができないという場合は、トラブルが発生しても対応が難しくなります。契約内容を詳細まで確認するのはもちろんですが、控えを受取り保管しておきましょう。

「宮城(仙台)のファクタリング事情!」まとめ

・仙台市を含めた宮崎県の経済は緩やかな回復傾向にあるが、中小企業の資金繰りは厳しい状況にある
・資金調達スピードが早く、負債を増やさず、多くの企業が利用対象となれるファクタリグは宮崎県(仙台市)の企業の資金調達に適している
・オンライン対応可能、個人事業主の場合は債権譲渡登記を留保し利用できるファクタリング会社がおすすめ
・手数料が高額、融資に該当する契約条件を提示してくる場所は、悪質ファクタリング会社の危険が高く契約時にも注意が必要

仙台市を含む宮崎県内の特に中小企業や個人事業主は、ファクタリングによる資金調達で資金繰りを改善できる可能性が大きくあります。ファクタリングの特徴を正しく理解し、利用した場合にリスクの高い悪質業者を避ける方法を意識することで、宮崎県の企業が売掛債権売却による現金化に成功できる期待は高まります。

その他「コラム」記事

   ©2021 即日オンラインファクタリング「SoKuMo」, Inc.