お知らせ

Message

神奈川企業の資金調達はファクタリングがおすすめ!神奈川の経済状況と合わせて解説!

2022年1月31日

神奈川県の産業活動は、卸売業に小売業、建設業、宿泊・飲食サービス業がその1/2を占めています。

産業活動が活発に行われ、中小企業数も多い神奈川県ですが、倒産してしまう企業が多いのも事実。

「売上は上がっているのに、手元の資金が少なくて資金繰りが厳しい」

「銀行融資には断られてしまった」

「銀行融資を待っている時間が惜しい・・・」

神奈川県内には、このような悩みを抱えている企業が多いです。

審査が厳しく断られることも多い銀行融資と比べ、よりスムーズな資金調達ができるファクタリング。

ファクタリングであれば、神奈川の企業が抱える悩みを解決できるかもしれません。

この記事では、神奈川県の経済状況からファクタリングがおすすめな理由を解説します。

ぜひ最後までお読み下さい。

神奈川・横浜の経済状況

神奈川県は、東京・大阪・名古屋に次ぐ産業地域です。

大手企業・中小企業などの事業所数も多く、産業が活発に行われる中、神奈川県特有の経済状況が存在します。

神奈川県(横浜市)の経済状況を横浜市経済局発行の「データで見る横浜経済2020」をもとに以下に見ていきましょう。

卸売業・小売業、建設業などの中小企業が多い

神奈川県の事業所数は東京・大阪・名古屋に次ぐ全国第4位であり、その8割近くを中小企業が占めています。

また、中小企業の中でも卸売業や小売業、建設業、製造業の割合が高く、事業所全体の1/2ほど。

卸売業や小売業、建設業は信用取引における支払いサイト(※)が長く、資金繰りに難渋しやすい業種と言えるでしょう。

(※)支払いサイト:売掛債権が発生してから実際に代金が入金されるまでの期間

赤字経営の企業が多い

神奈川県の企業は赤字経営率が47.3%と高く、負債を抱えながら経営を行っている企業が多いという特徴があります。

支払いサイトが比較的長い業種が多いため、「支払いサイトの長期化→資金繰りの悪化→新規受注困難(外注費の捻出困難)→売上減少」の悪循環が生じやすく、赤字経営になりやすいのです。

倒産率は近年横ばいではありますが、やはり支払いサイトが長期化しやすい「サービス業」「卸売業・小売業」「建設業」の順で倒産件数が多く、これらの業種内では大きな問題となっています。

銀行の預貸率が低い

赤字経営の企業も多いため、審査の厳しい銀行の融資率も低くなっています。

銀行の預貸率は46.6%と、北海道・宮城・東京・愛知・大阪・兵庫・広島・福岡の9大都市の中でも最下位の低さ。

事業資金が不足してきているからと言って簡単に銀行融資を受けることもできず、資金繰り改善の糸口をつかめないということも珍しくはありません。

神奈川企業はファクタリングがおすすめ

このように、資金繰りに難渋しやすい企業が多い上に、資金調達手段も限られてしまうという問題を抱えている神奈川の企業。

頭を抱えてしまう経営者もいることでしょう。

しかし、ファクタリングであればその悩みや課題を解決できます。

神奈川企業の資金調達にファクタリングがおすすめな理由を解説します。

ファクタリングは中小企業向けのサービス

そもそもファクタリングとは、銀行融資を受けづらい中小企業向けに開発されたサービス。

企業が抱える売掛債権をファクタリング会社へ譲渡・売却することで、支払期日前に売掛金の早期現金化ができます。

融資のように「借りる」資金調達ではなく、「借りない」資金調達方法として近年注目を集めています。

借りない資金調達方法であるため、担保・保証人の必要もなく、銀行融資よりも審査が柔軟で、資金調達できる可能性が非常に高いというのも特徴的。

ファクタリング会社へ売掛債権を売却する際に、手数料は発生しますが、早期現金化が可能かつ返済の義務もないため、資金繰りに悩む中小企業にうってつけの資金調達手段と言えるでしょう。

 

ファクタリングについての仕組みやメリット・デメリットなど詳しい説明は以下参照。

➡ 2社間ファクタリング:【最短即日】2社間ファクタリングの仕組みと法的根拠を解説!

➡ 3社間ファクタリング:手数料を低く抑えるなら3社間ファクタリングがおすすめ!【2社間ファクタリングとの違いも解説】

審査に通りやすい

ファクタリングの審査で重要視されるのは「売掛先の信用度」です。

銀行融資などの借りる資金調達方法の場合、「利用者の信用度」を重要視するため、赤字経営や税金滞納などがあると、返済能力がないと判断され、融資を断られることも珍しくありません。

ファクタリングであれば、「売掛先がきちんと売掛金を支払うことができる」と判断されれば、利用会社に赤字決算や税金滞納などの金銭的問題があっても利用可能です。

赤字経営率の高い神奈川の企業でも、売掛先の信用力が認められれば、問題なく資金調達することができるのです。

倒産率が高い業種の資金調達に強い

上記の理由から、ファクタリングを利用する業種は卸売業や小売業、建設業、製造業など支払いサイトが長く、倒産しやすい業種が多いという特徴も。

ファクタリングは、これらの業種との取引実績も豊富であるため、倒産率が高い業種の資金調達に強いと言えます。

過去の取引実績やノウハウをもとに、より好条件での資金調達の提案をしたり、資金繰り改善のためのアドバイスをしたりすることも可能でしょう。

ファクタリングを利用しやすい環境

ファクタリングはまだ歴史の浅いサービスです。

近年ファクタリング会社も増加傾向にあり、その数は100以上。

しかし、そのほとんどが東京都に事業所を構えているため、地方の企業はわざわざ出向く必要があったりと、利用しづらいという問題があります。

その点、神奈川の企業は東京までも近く、利用しやすい環境にあると言えるでしょう。

また、東京都内のファクタリング会社を利用する際、来店ではなく出張・訪問という形で利用会社まで担当者が来てくれるファクタリング会社も存在します。

その場合、出張費を請求されることもありますが、出張費用も安く抑えられるというメリットもあるでしょう。

ファクタリングならぜひSoKuMoへ

私どもSoKuMoは、オンライン上で契約から取引完了まですべて完結するオンラインファクタリングを採用しています。

本社は東京都にありますが、全国どこからでもご利用できます。

来店していただく手間もなく、取引に心配や不安がある場合には、オンラインツールを用いたオンライン面談にて適宜ご相談も承っているため、安心した取引も可能です。

  • 売掛先に利用を知られない2社間ファクタリングかつ債権譲渡登記の留保
  • 業界最速の最短30分入金
  • 業界最低水準の手数料1%~
  • 必要書類は「決算書」「請求書」「身分証明書」「通帳のコピー」の4点
  • 幅広い業界の資金調達をサポート
  • 赤字経営、税金滞納、起業間もない、初回債権でもOK

上記の強みがあり、資金調達にお困りの方が利用しやすいサービスとなっています。

資金繰りに悩まれている方は、ぜひSoKuMoのご利用をご検討ください。

まとめ|中小企業の資金調達はファクタリングがおすすめ

この記事では、神奈川県における経済状況と神奈川県の中小企業の資金調達にはファクタリングがおすすめな理由を解説しました。

神奈川県は東京都にも近く、数多くの中小企業が活発に事業を行っている反面、支払いサイトの長い企業が多く、資金ショートに陥りやすいです。

赤字経営の企業も多い中、銀行の預貸率は低く、資金調達に困ってしまう中小企業が多いことが課題でした。

ファクタリングであれば、会社が所有している売掛債権(請求書)をもとに、「借りない」かつ迅速な資金調達が可能です。

資金調達にお困りの神奈川企業は、ファクタリングの利用がおすすめです。

その他「コラム」記事

   ©2021 即日オンラインファクタリング「SoKuMo」, Inc.