お知らせ

Message

【請求書買取サービスで即日資金調達】請求書を即日で買取してもらうためのコツと注意点を解説!

2022年2月16日

支払期日前の請求書を買い取る「請求書買取サービス」をご存じでしょうか?
「手元にあるまだ入金されていない請求書を早く現金化したい」
「取引先からの支払いがもう少し早ければなぁ」
企業経営者や個人事業主の方はこのように感じたことがある方も多いのではないでしょうか。
請求書買取サービスを利用すれば、支払期日前の請求書を最短即日で早期現金化できます。

この記事では、請求書買取サービスで即日入金するためのコツや注意点、買取対象となる請求書の解説をします。

請求書買取とは|請求書を支払期日前に現金化するサービス

請求書買取サービスとは、その名の通り「請求書を買い取るサービス」です。
手元にある請求書を買取業者に買い取ってもらうことで、請求書の支払期日前に現金化できるサービスを指します。
請求書買取サービスを利用する際には、買取業者との間に売買契約を結び、審査によって決定された手数料を支払わなければなりません。
手数料を支払えば、請求書の支払期日を待たずとも最短即日で現金化ができるため、近年利用者数が増加してきている人気の資金調達手段となっています。

請求書買取はファクタリングと同義

上記の説明を見た方の中には「買取ファクタリングとなにが違うの?」と思った方もいるかもしれません。
ファクタリングは「売掛債権(売掛金)の買取サービス」と説明されることが多いですが、請求書があるということは売掛債権が発生していることと同義。
つまり、請求書買取サービスとファクタリングは同じものと考えて問題ありません。

請求書買取のメリット

請求書買取サービスのメリットは以下の通り。

  1. 最短即日での資金調達が可能
  2. 赤字決算や税金滞納中でも利用できる
  3. キャッシュフローが改善できる
  4. 信用情報や決算書に影響しない
  5. 売掛金の未回収リスクを回避できる

請求書買取サービスの最大のメリットは「迅速な資金調達が可能」なこと。

最短即日で資金調達ができる上に、赤字決算や税金滞納中、銀行融資に断られた場合等でも利用ができるというハードルの低さも魅力的です。
請求書買取サービスは借入ではなく「売買契約」であるため、借金にはならず信用情報や決算書に影響がありません。
そのため、今後銀行からの融資を検討している場合にも、融資審査に不利になるような心配をすることもなく、資金調達ができます。
また、請求書買取サービスは原則「償還請求権のない」契約を結ぶため、買取してもらった請求書の支払いを売掛先ができなくなった場合にも、弁済をする必要がありません。< 利用ハードルが低く、最短即日で資金調達ができる上に、資金調達後のリスクが小さいという点も、請求書買取サービスの特徴と言えるでしょう。

どんな請求書が買取対象なの?

請求書買取サービスでは、どんな請求書でも買取対象になる訳ではありません。
買取対象になる請求書と、買取対象にならない請求書が存在するため、以下に詳しく解説します。

請求書買取の対象債権

請求書買取サービスで買取対象となる請求書は、原則「確定債権」です。
確定債権とは、売掛先に商品やサービスの提供が完了しており、入金額や入金日が確定している債権のこと。
つまり、「既に納品が済んでいて、支払日や支払金額が明記されている請求書」が買取対象となります。

さらに確定債権の中でも、以下のような請求書は買取時に有利となります。

  • 売掛先が大手企業や国・地方団体の請求書
  • 支払日までの期間が短い請求書
  • 自社との取引歴が長い売掛先に対する請求書

というのも、請求書買取サービスは原則償還請求権のない契約を結ぶため、万が一売掛金の回収ができなくなった場合、買取業者が被害を受けることになるから。
未回収リスクが低いと判断できる上記のような請求書であれば、契約時に有利に働くのです。

請求書買取の対象とならない債権

請求書買取サービスで買取対象とならないものは以下の通り。

  • 譲渡禁止特約のついた債権(請求書)
  • 支払期日を過ぎている請求書
  • 売掛先が個人事業主の請求書

これらは、請求書買取サービスの買取対象にはなりません。
請求書買取サービスは「請求書で支払いを請求する権利を譲り受ける」形で請求書の買取を行っています。
譲渡禁止特約のついたものは譲り受けることができないため、買取対象にならないのです。
また、支払期日を過ぎている請求書や売掛先が個人事業主の請求書は、売掛金の未回収リスクが非常に高いと判断されるため、買取業者も買取には消極的。
ほとんどの買取業者が買取不可としています。

請求書買取で即日入金するコツ

請求書買取サービスは最短即日で請求書を現金がすることができるため、緊急性の高い資金調達に向いています。
実際に銀行融資等の借入には時間がかかるため、銀行融資を受けられる実績がある会社でも、緊急性の高い資金調達は請求書買取サービスで行うということも珍しくありません。
請求書買取サービスは手早い現金化を得意としていますが、全例で即日入金ができるという訳ではありません。
即日入金を可能にするためにはいくつかの条件があるため、以下に解説します。

1,2社間契約(2社間ファクタリング)を選ぶ

請求書買取サービスには、売掛先に通知を行わない「2社間契約」と通知を行う「3社間契約」の2つの方式があります。
この2つの方式は、手数料や入金速度に大きな違いがありますが、即日入金を狙う場合、2社間契約の選択は必須。
2社間契約は利用会社と買取業者の2社間で契約を結ぶため、手続きや審査にかかる時間が短く、スピードに特化しているという特徴があります。
3社間契約の場合は、売掛先も取引に関与するため手続きや必要書類が増え、即日での資金調達は不可能となります。

2,オンラインファクタリングを選ぶ

請求書買取サービスの契約方法は大きく分けて「対面」と「オンライン」があります。
対面での契約の場合、買取業者へ足を運んだり、面談をしたりと、契約を結ぶまでに時間がかかることがほとんど。
一方、オンライン契約(オンラインファクタリング)であれば、パソコンやスマートフォンがあればその場で申込みができます。
必要書類の提出もデータのアップロードで済み、署名もクラウドサインを用いるため、すべての手続きがスムーズにできるという特徴が。
また、AIを用いたスコアリング化システムでの審査が主流であるため、数分~数時間で審査が完了、ほとんどの場合即日での資金調達が可能となります。

3,債権譲渡登記のない契約を選ぶ

債権譲渡登記とは「この債権(請求書)を○○に譲りました」と登記するものであり、登記をすることで買取業者に売掛債権が譲渡されたことを公的に証明することができます。
買取業者によっては、二重譲渡等のトラブル防止のために債権譲渡登記を求められることも。
債権譲渡登記は司法書士へ手続きを委託するため時間がかかります。
2社間契約において債権譲渡登記は必須事項ではないため、登記なしで契約を結べる業者を利用することも、即日入金のポイントとなるでしょう。

4,有利な債権(請求書)を選ぶ

上でも紹介しましたが、請求書買取サービスには有利になる請求書があります。
「売掛先が大手企業や・地方団体の請求書」、「支払期日が近い請求書」、「取引歴の長い売掛先に対する請求書」、この3つは有利となりやすいです。
これらの請求書の買取の場合は、審査にかかる時間の短縮ができるため、即日入金も期待できるでしょう。

請求書買取の注意点

最短即日で請求書の現金化ができる非常に便利なサービスですが、利用の際にはいくつかの注意点があるため、以下に解説します。

1,請求書額面の満額の資金調達は不可

請求書買取サービスは、借入ではないため利息は発生しませんが、契約時には必ず手数料が発生します。
手数料は、利用する買取業者や選択する契約方式、売掛先の信用度などにより決定しますが、請求書の買取額に対して1%~30%が相場。
例えば、請求額300万円の請求書を手数料10%で売買する契約の場合、手数料として30万円が差し引かれた270万円が実際に資金調達できる金額となります。

また、買取業者によっては請求書全額ではなく、請求書額面の70%~90%を掛け目として設定している場合があります。
掛け目が設定されている場合、請求書額の70%~90%が買取対象となり、残りの10%~30%は支払期日に売掛金回収後利用者へ返還されることとなります。
請求書買取サービスでは、請求書の額面満額の資金調達はできないということは理解しておきましょう。

2,買取対象にならない請求書もある

上でも述べましたが、「請求書」であれば必ず資金調達ができるという訳ではありません。
請求書買取サービスで買取対象となるのは、「売掛先が法人かつ支払期日が過ぎていない確定債権(請求書)」が原則。
支払期日が過ぎている請求書や、納品・支払いが確定していない請求書、売掛先が個人の請求書は買取対象外であるため、注意が必要です。
また、確定債権であっても、売掛先の信用度が極端に低い場合等は買取に応じてもらえないこともあります。

3,利用が知られるリスクもある

2社間契約の場合、売掛先は一切関与しないため、基本的に利用を知られることはありません。
しかし、債権譲渡登記をした場合は利用を知られてしまう可能性があります。
というのも、債権譲渡登記をした場合、債権が買取業者に譲渡されたことが公的文章として残るため。
この登記は法務局に申請すれば誰でも閲覧可能なため、売掛先が登記を見た場合に限り利用が知られてしまうリスクがあるのです。
今後の取引関係も考慮し、絶対に利用を知られたくないという場合は「2社間契約かつ債権譲渡登記のない契約」を結ぶことをおすすめします。

請求書買取で即日入金を目指すならSoKuMo

SoKuMoでは、法人様や個人事業主様に対して請求書買取サービス(ファクタリング)を行っています。
SoKuMoはどこよりも早く、どこよりも安心して利用者様に取引していただけるよう、サービス提供させていただいています。
ここからはSoKuMoのファクタリングのサービス内容をご紹介致します。

業界最速の最短30分入金

SoKuMoは、2社間ファクタリングかつオンラインファクタリングを採用しています。
債権譲渡登記も留保していますので、時間のかかる手続きは一切なく、ファクタリング業界最速の申込みから最短30分でのスピード入金が可能です。
契約に関しても、日本の法律に特化した電子契約サービスの「クラウドサイン」で手続きが可能であるため、安全対策への心配もいりません。
「オンラインは情報漏洩が心配」という方でも安心してご利用いただけます。

手数料を低く抑えるための仕組みも充実

即日のスピード入金ができても手数料が高ければ、利用者様は満足して契約できるとは言えません。
オンラインファクタリングはAI審査であるため、審査時間の短縮ができますが、その分審査結果がやや厳しめになるという特徴があります。
SoKuMoは利用者様の希望に応じてオンラインツールを用いた「オンライン面談」を実施しています。
AI審査では判断できないような利用者様の状況も面談でヒアリングした上で、柔軟な審査が可能であり、他社よりも低手数料でご利用いただける可能性が高いです。
最高99%の高額買取が可能であり、手数料も業界最低水準の1%~15%となっています。
即日かつ高額の資金調達も期待できますので、安心してご利用ください。

請求書買取サービスのまとめ

請求書買取サービスは、売掛債権(請求書)を支払期日前に現金化できるサービスです。
キャッシュフローの改善や、信用情報に傷を付けず決算書の見栄えも良くなるため、今後の融資へも有利になる等のメリットがあります。
たくさんのメリットがある中、請求書買取サービスの最大のメリットは「最短即日」という資金調達速度と言えるでしょう。
請求書買取サービスは最短即日で資金調達が可能ですが、即日入金のためには「2社間ファクタリング」、「オンラインファクタリング」、「債権譲渡登記なし」など、いくつかのコツが必要となります。
SoKuMoは、即日入金可能な条件に該当しており、即日入金できる可能性は非常に高いです。
請求書買取サービスで即日入金を希望される場合は、ぜひSoKuMoへご相談ください。

その他「コラム」記事

   ©2021 即日オンラインファクタリング「SoKuMo」, Inc.