お知らせ

Message

請求書買取サービスで請求書を即日現金化|即日入金のためのポイントや注意点を解説!

2022年3月18日

請求書買取サービスをご存じでしょうか?
請求書買取サービスは、請求書買取業者に請求書を買い取ってもらうことで、早期現金化ができるサービス。
緊急性の高い資金調達時など、なるべく早く現金化したい場合にとても便利なサービスです。

即日対応している請求書買取業者も多いですが、必ずしも即日入金できるとは限りません。
この記事では、請求書買取サービスで即日入金を受けるためのポイントや、利用時の注意点を解説します。

請求書買取サービスは請求書の早期現金化ができる

請求書買取サービスは、入金期日前の請求書を早期現金化できるサービスです。
請求書買取業者に請求書を売却する際に手数料が発生しますが、売掛金の支払い期日を待たずに資金調達が可能です。

請求書買取サービスの審査は、基本的に売掛先の信用度が重要視されます。
そのため、利用者に赤字決算や財務超過があっても問題ありません。
売掛先の信用度が高ければ誰でも利用できるという、ハードルの低さが特徴的です。
また、名前の通り「買取」サービスであるため、請求書買取サービスで調達した現金は負債にはなりません。
負債を抱えたくないという方にも重宝されているサービスです。

請求書買取サービスは即日対応している業者も多い

請求書買取サービスは、即日対応している業者も多いです。
銀行融資などの借入は、資金調達までに時間がかかることも珍しくありません。
審査も厳格であり、審査面談のために何度も銀行へ行かなければならず、時間も手間も多いでしょう。

対し、請求書買取サービスは審査にも時間がかかりません。
なぜなら売掛先の情報は、帝国データバンクや信用情報機関の情報をもとに、すぐに判断できるから。
そのため、時間のかかる面談などを行う必要がありません。
また、申込みから取引完了まですべてオンラインで完結できるオンライン契約も、近年増加傾向にあります。
請求書買取業者によっては、申込みから入金まで数十分で可能な業者もあり、緊急性の高い資金調達に非常に有用です。

請求書買取サービスで即日入金するためのポイント

即日対応している請求書買取業者を利用したからと言って、必ず即日で入金してもらえるわけではありません。
請求書買取サービス利用の流れは、来店→申込み→必要書類の提出→買取審査→契約→入金となります。
この過程をいかに短時間で終えられるかどうかで、入金のタイミングが決まります。
そのため、場合によっては、即日入金を受けられないこともあるでしょう。
「即日入金してもらえないと困ってしまう…」そんな方のために、請求書買取サービスで即日入金を可能にするためのポイントを解説します。

請求書買取サービスで即日入金するためのポイントは以下の7点です。

  1. 2社間契約を結ぶ
  2. オンライン完結している買取業者を選ぶ
  3. 債権譲渡登記なしで利用できる買取業者を選ぶ
  4. 必要書類の少ない買取業者を選ぶ
  5. 必要書類を事前に準備しておく
  6. なるべく午前中のうちに申込みを完了させる
  7. 買取に有利な請求書を選ぶ

1,2社間契約を結ぶ

請求書買取サービスには、2社間契約と3社間契約の2つの方式があります。
3社間契約は、利用者と請求書買取業者と売掛先の3社間で契約を結ぶため、手続きや書類が多く、即日での入金はできません。
即日入金を受けるためには、必ず2社間契約を結ぶ必要があります。
2社間契約は、売掛先は関与せず、利用者と請求書買取業者だけで契約を結びます。
そのため、手続きや書類も少なく、最短即日での入金が可能です。

2,オンライン完結している請求書買取業者を選ぶ

オンライン完結している請求書買取業者を選ぶことでも、即日入金の可能性は高まります。
オンライン完結している請求書買取業者の場合、契約時に来店の必要がないため、時間的拘束が少なくて済みます。
書類の提出もウェブ上で行える(メールや専用フォーム)ため、来店や郵送で提出する手間もありません。
さらに、オンライン完結の場合、AI審査を用いていることが多く、審査も数分~数時間で完了。
即日入金可能であることがほとんどなので、オンライン完結している請求書買取業者を選ぶのもマストでしょう。

3,債権譲渡登記なしで利用できる請求書買取業者を選ぶ

2社間契約の場合、契約時に債権譲渡登記を行う場合もあります。
債権譲渡登記とは、「売掛債権(請求書)を請求書買取業者に譲った」という事実を、公的に証明するための手続き。
2社間契約は売掛先が関与しないため、売掛金の入金は一旦利用者に行われる形となります。
ここで生じる問題が、同じ請求書で複数の請求書買取業者から現金を得たり(二重債権)、入金された売掛金を利用者が使い込んでしまったりするリスク。
このリスクを回避するために、債権譲渡登記を求める業者も多いです。
しかし、債権譲渡登記を行う場合は、司法書士へ委託する必要があるため、時間がかかってしまいます。
場合によっては、即日入金できない可能性もあるでしょう。

債権譲渡登記の留保に努めている請求書買取業者もあるため、即日入金を狙っている場合は、留保に努めている業者を選ぶことをおすすめします。

4,必要書類の少ない請求書買取業者を選ぶ

即日入金のためには、必要書類の少ない請求書買取業者を選ぶのも1つの手。
必要書類が少ないということは、それだけ審査にも時間がかからないということになります。
審査に時間がかからないため、入金までに要する時間の短縮も可能でしょう。
ただし、少ない情報から買取可否の判断をしなければならないため、正確な審査をするのが難しいです。
そのため、審査はやや厳しく、手数料が高くなる可能性もあるので、注意しましょう。

5,必要書類を事前に準備しておく

必要書類は利用する請求書買取業者により、多少の違いがあります。
ただし、「請求書」「通帳のコピー」「利用者の身分証明書」はどの業者を利用しても、必ず提出を求められます。
上記の3点は、最低限すぐに提出できるように準備しておきましょう。
また、商業登記簿謄本や印鑑証明書の提出を求める業者もあります。
商業登記簿謄本や印鑑証明書は、法務局で取得する必要があるため、これらの提出が求められる業者を利用する際には、事前に準備しておけるとスムーズです。
その他、決算書や売掛先との基本契約書、納品書などがあるため、利用する買取業者で何が必要になるのか調べておけると良いでしょう。

6,なるべく午前中のうちに申込みを完了させる

なるべく午前中のうちに申込みを完了させることも大事。
一言で「即日」と言っても、午前10時に申込みをした場合と、夕方17時に申込みをした場合では、即日のタイムリミットに大きな違いがあります。
そのため、「即日対応」を謳っている請求書買取業者でも、「午前中までの申込みで即日入金」などの条件があることが多いです。
利用時には、即日入金の条件の確認も行うことをおすすめします。

7,買取に有利な請求書を選ぶ

買取に有利な請求書を選ぶことも、即日入金の可能性を高めます。
請求書買取サービスの審査で重要視されるのは、売掛先の信用度。
「売掛金がきちんと支払われる」ことが判断できれば、請求書買取業者は契約を結びやすくなるのです。
以下のような請求書は買取に有利であり、即日入金を受けられる可能性が高いです。

  • 売掛先が大手企業の請求書
  • 支払い期日までの日数が短い請求書
  • 取引歴が長い売掛先の請求書

請求書買取サービスで即日入金を受けたい場合には、買い取ってもらう請求書も選ぶようにしましょう。

請求書買取サービスを利用する際の注意点

請求書買取サービスを利用する際には、いくつか注意点もあります。
請求書買取サービスの注意点は以下の4つ。

  1. 請求書の額面満額の現金化はできない
  2. 即日入金できない場合もある
  3. 悪質業者も存在する
  4. 売掛金の送金忘れには要注意

1,請求書の額面満額の現金化はできない

請求書買取サービスで、請求書を買い取ってもらう際には、必ず手数料が発生します。
請求書買取サービスの手数料は、請求書額面の1%~30%の手数料がかかります。
即日入金の可能性を高める2社間契約では10%~30%、オンライン契約では1%~20%が手数料相場。
また、必要書類が極端に少ない場合や、オンライン契約(AI審査)の場合は、正確な判断が難しく、手数料が高くなる傾向に。
オンライン契約の場合は、オンライン面談に応じている業者もあります。
面談をすれば、AI審査では取りこぼしてしまうような内容も、審査判定で考慮してくれるため、手数料を抑えられる可能性もあるでしょう。

また、請求書買取サービスはあくまで「買取」であるため、請求書の額面以上の資金調達はできません。
もし請求書の額面以上の資金調達が必要な場合には、ビジネスローンや銀行融資などの「借入」を利用する必要があるでしょう。

2,即日入金できない場合もある

請求書買取サービスでは、即日で現金化できる可能性は高いです。
しかし、即日入金を謳っている業者でも、必ず100%即日で資金調達できるわけではありません。
上でも述べた通り、即日で入金を受けるためにはある程度の条件を満たしている必要があります。
絶対に即日で入金してもらえると思っていると、あらぬトラブルに巻き込まれることも。
「絶対」ではないということは覚えておきましょう。

3,悪質業者もいる

請求書買取サービスを提供している業者の中には、残念ながら悪質業者も存在します。
特に「絶対に即日で入金します」のような甘い誘い文句には要注意。
先にも述べたように「絶対、即日」ということはありえません。
必ず審査を行い、審査で承認が得られた場合のみ、買取は実行されます。
「絶対即日」と謳っている業者は「即日で入金する代わりに手数料を高くする」など、悪質業者である可能性が高いです。

また、相場から逸脱した高額な手数料を請求してきたり、別途費用として高額請求してきたり、様々な手口を使って高額な支払いを求めてきます。

  • 手数料が相場から逸脱している
  • 手数料は相場内だが、別途費用で高額請求してくる
  • 償還請求権のある契約を勧めてくる
  • 売買契約ではなく、貸付契約

上記の様な業者は、悪質業者の可能性が高いため、利用しないようにしましょう。

4,売掛金の送金忘れには要注意

請求書買取サービスで即日入金を受ける場合、2社間契約を結ぶことになります。
2社間契約は、売掛先が関与しないため、売掛金回収ルートが「売掛先→利用者→請求書買取業者」という流れに。
一旦利用者に売掛金が入金されるため、利用者は請求書買取業者へ送金する必要があります。
送金を忘れたり、送金が遅れたりすると、意図的でなかったとしても、違約金を支払わなければなりません。
万が一、売掛金を使い込んでしまう等で買取業者へ支払いができなくなってしまった場合、横領罪に問われることもあるので、注意しましょう。

売掛先の支払いが遅れていて、請求書買取業者への支払いができない場合もあるでしょう。
その場合には、支払いが遅れそうな事実が分かったときに、請求書買取業者へ連絡を入れることが大事。
連絡を入れていれば違約金も発生せず、対応も教えてくれるはずです。

請求書買取サービスで請求書を早期現金化のまとめ

この記事では、請求書買取サービスで即日入金を受けるためのポイントや注意点を解説しました。
請求書買取サービスは、請求書があれば早期現金化による資金調達ができる可能性が高く、非常に有用なサービスと言えます。
「最短即日」と、即日で現金化できる可能性も高いですが、必ず即日で入金してもらえるというわけではありません。
即日の入金を希望する場合は、2社間契約を結ぶことや、必要書類を事前に準備することなど、即日入金のポイントを押さえるようにしましょう。

その他「コラム」記事

   ©2021 即日オンラインファクタリング「SoKuMo」, Inc.