お知らせ

Message

【請求書を最短即日で現金化】ファクタリングで請求書を現金化できる仕組みとメリット・注意点を解説

2022年4月1日

請求書の現金化ができるファクタリングは、近年利用者も増加傾向にあり、注目を集めています。
請求書を現金化することで得られるメリットは大きく、経済産業省からも推奨されているサービスです。
ファクタリングはどのようにして請求書を現金化するのか、その仕組みを解説します。
また、請求書を現金化するメリットと、利用時の注意点も解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

請求書の現金化が推奨される理由

ファクタリングは、請求書をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、請求書額から手数料を差し引いた金額の現金化が可能です。
経済産業省も、ファクタリングで請求書を現金化することを推奨しています。
「請求書の現金化(ファクタリング)」が推奨される理由は以下の通り。

  1. 審査が柔軟
  2. 最短即日で現金化できる
  3. 担保・保証人が不要
  4. 確実に売掛金を回収できる

ファクタリングは、請求書の「買取」サービスであるため、融資のような厳格な審査がいりません。
審査では、利用会社の信用度よりも売掛先の信用度が重視されます。
そのため、利用会社に赤字決算や税金滞納などがあっても特に問題はありません。
審査が柔軟であるため審査に要する時間も短く、最短即日での現金化が可能です。
また、担保・保証人も不要であり、利用できる可能性が非常に高いサービスとなっています。
ファクタリングは、原則償還請求権のない契約であるため、払い戻しの心配も無用。

日本の企業のほとんどが信用取引を行っているため、売上が発生してから実際に現金化されるまでに、1か月~2か月程度要します。
売上があるにも関わらず手元資金が不足することで「黒字倒産」に陥ることも珍しくありません。
請求書を現金化できれば、すぐに手元に現金を確保することができます。
つまり、ファクタリングは、融資を受けづらい中小企業や個人事業主でも、払い戻し等のリスクなく現金化できるため、推奨されていると言えるでしょう。

ファクタリングで請求書を現金化できる仕組み

ファクタリングは請求書を現金化できますが、利用時には仕組みを理解しておく必要があります。
簡単に言うと、ファクタリングは「請求書の先払い」のようなサービス。
請求書を先に現金化し、実際の売掛金の支払期日にファクタリング会社へ売掛金と同額を入金するという仕組みになります。
ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2通りの方式があり、それぞれ仕組みが異なります。
以下に、それぞれの仕組みや特徴を詳しく解説していきましょう。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは、利用会社とファクタリング会社の2社間で契約を結ぶ方式です。
2社間ファクタリングの仕組みや流れは以下の通り。

  1. 商品やサービスの提供により、売掛債権(請求書)が発生する
  2. ファクタリング会社に請求書の買取を依頼する
  3. 審査通過後、ファクタリング会社から買取金額が入金される
  4. 売掛先から利用会社へ売掛金が支払われる
  5. 利用会社は回収した売掛金をファクタリング会社へ送金する

2社間ファクタリングは、売掛先が全く関与しないという特徴を持ちます。
そのため、ファクタリングの利用を売掛先に知られる心配がいりません。
売掛先が関与しないため手続きも少なく、最短即日~3日程度で現金化が可能。
ただし、売掛先の回収ルートが「売掛先→利用会社→ファクタリング会社」と、一旦利用会社を挟むことになります。
利用会社が直接ファクタリング会社に送金する必要があり、売掛金の未回収リスクが高くなるため、手数料は10%~30%と割高です。

手数料は割高ですが「ファクタリングの利用を知られない」という大きなメリットから、ファクタリングを利用する会社のほとんどが2社間ファクタリングを選択しています。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、契約に売掛先も参加する方式です。
「売掛先からファクタリング利用の承諾を得る」という点が、2社間ファクタリングとの大きな違いになります。
3社間ファクタリングの仕組みや流れは以下の通り。

  1. 商品やサービスの提供により、売掛債権(請求書)が発生する
  2. 売掛先からファクタリング利用の承諾を得る
  3. ファクタリング会社に請求書の買取を依頼する
  4. 審査通過後、ファクタリング会社から買取額が入金される
  5. 売掛先からファクタリング会社へ売掛金の支払いが行われる

3社間ファクタリングは、売掛先も契約に加わるため、売掛金の支払いは売掛先からファクタリング会社へ直接行われます。
売掛金の未回収リスクが低いため、手数料も1%~10%と比較的安い設定になっています。
ただし、売掛先も契約に加わることから手続きが増えるため、現金化までの期間は最短3日~1週間程度。
また、ファクタリングへの理解がない売掛先の場合は注意が必要となります。
取引関係に悪影響を与える可能性も否定できないため、ファクタリング方式の選択は慎重に行いましょう。

ファクタリングで請求書を現金化するメリット

ファクタリングで請求書を現金化することで得られるメリットは以下の4つ。

  1. 請求書の早期現金化が可能
  2. 売掛金の未回収リスクを回避できる
  3. 負債を抱えずに資金調達ができる
  4. 企業評価を上げられる

以下に一つずつ詳しく解説していきましょう。

1,請求書の早期現金化が可能

ファクタリングは、最短即日~1週間程度で請求書を早期現金化できます。
2社間ファクタリングであれば最短即日~3日程度、3社間ファクタリングであれば最短3日~1週間程度が現金化までの目安。
現金がないからとビジネスチャンスを逃したり、買掛先への支払いができずに関係性が悪化したりする心配がいりません。

2,売掛金の未回収リスクを回避できる

ファクタリングで、請求書を現金化してしまえば、売掛金の未回収リスクへの心配がいりません。
ファクタリングは原則、償還請求権のない契約を結びます。
そのため、売掛先の経営難や倒産などにより売掛金の回収ができなくなった場合でも、利用会社はファクタリング会社へ弁済する必要はありません。
売掛債権は発生してから5年が時効であるため、それまでに売掛先から支払いを受けられない場合は、現金化できないということになります。
ファクタリングで売掛債権(請求書)を現金化すれば、確実に売掛金を回収できるため、メリットと言えるでしょう。

3,負債を抱えずに資金調達ができる

ファクタリングは、融資などの借入とは異なる買取サービスです。
将来手に入る予定の代金を受け取る権利の売却であるため、受取の所有が移るだけです。
ファクタリングは借入ではないため、負債を抱えることもありません。
負債を抱えると長期的な返済計画を考えたり、利息の支払いに追われたりする心配が生じますが、ファクタリングはその心配がいらないのです。

4,企業評価を上げられる

ファクタリングを利用することで、オフバランス化を図ることも可能です。
賃借対照表がスリムになるので、非常に見栄えの良い決算書を作れます。
売掛金を減らして現金を増やすことができるため、ROAや自己資本比率などの企業評価を高めることも可能。
企業評価が高まれば、銀行融資にも有利に働きます。
現状では銀行融資を受けられないという場合でも、ファクタリングを利用して企業評価を高めておけば、ゆくゆくは融資を受けられる可能性は高くなると言えるでしょう。

ファクタリングで請求書を現金化する際の注意点

ファクタリングで請求書を現金化することで、得られるメリットは多いです。
しかし、ファクタリング利用時には注意すべきポイントもいくつかあります。
ファクタリングで請求書を現金化する際の注意点は以下の3点。

  1. 悪質業者に注意する
  2. 買い取ってもらえない場合もある
  3. 手数料が発生する

1,悪質業者に注意する

ファクタリング業界には、一定数の悪質業者が存在しています。
資金繰りを改善するためのファクタリングですが、悪質業者を利用してしまうと、逆に資金繰りを逼迫させてしまう可能性も…。
悪質業者は、様々な角度から理由をつけて高額請求をしてきます。
以下のような業者は、悪質業者である可能性が高いため、利用しないでください。

  • 手数料が1%~30%の相場を逸脱している
  • 償還請求権のある契約を勧めてくる
  • 不透明な諸費用を請求してくる
  • 担保・保証人を要求してくる
  • 契約書の控えを準備しない
  • 固定電話がなく、携帯電話のみ
  • 会社の住所を開示していない

2,買い取ってもらえない場合もある

ファクタリングでは、買い取ってもらえない請求書もあります。

ファクタリングで買取可能な請求書は「支払期日前」かつ「未回収リスクの低い」請求書です。
そのため、既に支払期日が過ぎている請求書の買取りはできません。
また、経営が悪化している会社や、今にも倒産しそうな会社が売掛先の場合も、買取りに応じてもらえない可能性は高いです。
ファクタリングで請求書を現金化できる可能性は高いですが、必ず現金化できるというわけではないので注意しましょう。

3,手数料が発生する

ファクタリングで請求書を現金化する際には、必ず手数料が発生します。
2社間ファクタリングで10%~30%、3社間ファクタリングで1%~10%が相場であり、これは決して安いとは言えません。
本来手に入るはずだった金額よりも、手数料分少なくなるということは理解しておきましょう。

ファクタリングは資金繰りの改善に役立ちますが、それは一時的なものです。
頻回なファクタリングの利用は、逆に資金繰りを圧迫しかねません。
ファクタリングを利用する際には、手数料負担というデメリットと、早期現金化というメリット双方を考慮し、検討するのが良いでしょう。

請求書の現金化ができるファクタリングまとめ

この記事では、請求書の現金化ができるファクタリングについて、その仕組みとメリット・注意点を解説しました。
ファクタリングは、請求書の支払期日よりも前に請求書を買取り、支払期日に支払われた売掛金を回収するという仕組みで成り立っています。
請求書を早期現金化することで、新規事業に取り組めたり、買掛金の支払い遅れを防げたりと、利用するメリットは大きいです。
ただし、手数料が発生する点や悪質業者がいる点には注意をして、納得のいく資金調達を行うようにしましょう。

その他「コラム」記事

   ©2021 即日オンラインファクタリング「SoKuMo」, Inc.