お知らせ

Message

九州で資金調達するならファクタリングがおすすめ|特徴や注意点を詳しく解説

2022年3月22日

九州で資金調達をする場合、多くの企業がまず銀行融資の利用を検討するのではないでしょうか?
しかし、銀行融資の審査は厳しく、誰しもが利用できるとは限りません。
九州は中小企業が占める割合も高く、資金繰りに困っている企業も多いです。
近年、中小企業向けの資金調達手段として注目を集めているファクタリング。
ファクタリングは、売掛債権の売却により資金を得ることができるため、負債が残りません。
ファクタリングは九州で資金調達する場合にも、非常に有用です。
この記事では、九州でファクタリングが人気な理由や利用時の注意点を解説します。
九州で資金繰りに悩まれている方の参考になると思いますので、ぜひ最後までお読み下さい。

九州で資金調達するならファクタリング

九州は、人口や面積、GRPなど各種経済指標が全国の約1割前後であり、九州の経済規模は「1割経済」と呼ばれています。
そんな九州の産業を支えているのが、自動車産業や半導体関連産業、農林水産業。
また、九州はアジア圏の玄関口としての役割も担っており、小売業や卸売業、サービス業も盛んに行われています。
新規参入する企業も多く、九州は今後ますます経済が成長することでしょう。

九州には、30万を超える事業所が存在し、その約99%が中小企業となっています。
そんな九州で資金調達するなら、ファクタリングがおすすめ。
ファクタリングは、売掛債権をファクタリング会社へ譲渡・売却することで、売掛債権額から手数料を差し引いた額の早期現金化ができます。
ここからは、九州で利用できる資金調達手段と、九州でファクタリングが用いられるケースについて解説します。

九州で利用できる資金調達手段

九州は、九州新幹線の全線開通や高速道路の整備によって、「ヒト・モノ・シゴト」の流動化が進んでいます。
高速道路を使えば福岡県から鹿児島県までは約1時間半で移動でき、本州へのアクセスも良好。
九州は、地域ごとに自動車産業や製造業、農業、医療などたくさんの業種があるのも特徴的と言えるでしょう。
このような九州産業の多くを支えているのが中小企業と言っても過言ではありません。

そんな九州で利用できる資金調達手段は以下の6つが考えられます。

  1. 九州拠点の地方銀行による融資
  2. 九州拠点の信用金庫による融資
  3. 日本政策金融公庫による融資
  4. 九州に拠点を置く商工業振興所による融資
  5. ビジネスローン
  6. 信用保証協会による保証付融資

資金調達手段と聞いて、まず思い浮かぶ手段は「融資」ではないでしょうか。
融資は企業の資金調達手段としてよく利用される方法です。
しかし、融資の審査は柔軟とは言えず、実績や過去の取引記録がない中小企業や起業したばかりの会社は、利用できないことも珍しくありません。
また、すでに借入があったり、信用情報に傷がついていたりする場合は、利用できないことがほとんど。
審査に通過できたとしても、融資実行までには約1ヶ月~2ヶ月ほどの時間を要します。
融資を受けることができない中小企業や、緊急性の高い資金調達を必要としている企業は、資金繰りに困ってしまうこともあるでしょう。

そこで、おすすめなのがファクタリングです。
ファクタリングは売掛債権を譲渡・売却することで現金を得る資金調達手段。
赤字決算や税金未納でも利用できる可能性が高く、さらに最短即日~1週間で現金化することが可能であり、中小企業向きの資金調達手段と言えます。

九州でファクタリングが用いられるケース

ファクタリング会社の多くは、東京を中心とした関東に拠点を置いています。
しかし、九州の経済成長を受け、九州を拠点としたファクタリング会社も近年増加傾向に。
それに伴い、九州でもファクタリングを用いて資金調達をするケースが増えてきています。
九州のファクタリング会社は福岡に拠点を置いている会社が多いですが、九州全土の移動には時間がかからないため、他の県でも利用しやすいと言えるでしょう。

ファクタリングは、経営難に陥っていても売掛債権さえあれば資金調達が可能です。
入金までも迅速であるため、ファクタリングを利用するケースには以下の様な特徴があります。

  • 銀行融資を受けられない
  • 緊急性の高い資金調達が必要
  • 事業拡大や新規事業への参入のための資金が必要
  • 支払いサイトの長期化により資金繰りが悪化している
  • 負債を抱えたくない
  • 風評被害を避けたい(資金繰り悪化を勘ぐられたくない)

上記の特徴に当てはまる場合は、ファクタリングでの資金調達を検討してもいいかもしれません。

九州でファクタリングが人気な理由

九州では近年、ファクタリングを用いて資金調達をする企業が増えてきています。
ファクタリングは、大手企業はもちろん、売掛債権を所有していれば中小企業や個人事業主でも利用可能です。
九州でファクタリングが人気な理由は、以下の6つ。

  1. 利用ハードルが低い
  2. 最短即日での資金調達が可能
  3. 負債が増えない
  4. 企業評価を高められる
  5. 取引先との関係性に悪影響を与えない
  6. 売掛金を確実に回収できる

九州でファクタリングが人気な理由の詳細をひとつずつ解説していきましょう。

1,利用ハードルが低い

ファクタリングは、他の資金調達手段と比べて、利用ハードルが低いという特徴があります。
融資などの借入の審査では、利用する会社の経営状況や借入情報を確認します。
そのため、利用する会社の経営が傾いていたり、借入が多すぎたりする場合には融資を受けられません。
起業間もない会社で実績がない場合にも、融資を受けられないことは珍しくないでしょう。

対し、ファクタリングは、利用する会社に赤字決算や税務超過があっても問題ありません。
なぜなら、ファクタリングの審査で重要視されるのは「売掛先」だから。
ファクタリングは売掛債権の買取サービスであるため、売掛金の回収ができるかどうかが重要。
そのため、売掛金をきちんと支払える売掛先と判断できれば、利用する会社が「金融ブラック」であっても問題はないのです。
そもそもファクタリングの審査では、信用情報の確認をしないため、利用する会社が金融ブラックかどうかもわかりません。

また、ファクタリングは、担保や保証人も不要。
担保や保証人の準備ができない中小企業向けのサービスとなっています。
中小企業が99%を占める九州の企業にとって、利用ハードルの低さは大きなメリットと言えるでしょう。

2,最短即日での資金調達が可能

ファクタリングは、利用するファクタリング会社やファクタリング方式にもよりますが、最短即日での資金調達が可能です。
融資の場合、審査に時間がかかるため、審査通過したとしても融資実行まで1ヶ月~2ヶ月程度要します。
資金繰りが苦しい場合や、急な資金が必要になった場合、事業拡大に資金が必要になった場合など、緊急性の高い資金調達が求められることもあるでしょう。
ファクタリングであれば、最短即日、長くても1週間で現金を得ることができます。
現金が必要なタイミングで資金が調達できる点も、緊急性の高い資金調達が必要になりやすい九州の企業向けと言えるでしょう。

3,負債が増えない

ファクタリングは、所有する売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、現金を得る資金調達手段です。
ファクタリングは法律でも「売買・譲渡契約」と証明されており、借入とは異なります。
そのため、負債が増えることもありません。
融資を受ければ資金を得ることができますが、同時に長期的な返済も必要となり、経営を圧迫する可能性もあるでしょう。
ファクタリングは負債を増やさずに資金調達ができる数少ない資金調達手段です。

また、負債が増えないということは、信用情報が傷つく心配もないということ。
銀行融資を受ける場合には、借入額や信用情報の確認が必ず行われます。
ファクタリングで資金調達をしていれば、負債が増えないため、銀行融資の審査にも有利に働くでしょう。
九州の中小企業は融資通過率が高いとは言えず、融資を受けたくても受けられない企業も多いです。
今後銀行融資を検討している会社にとって、ファクタリングを利用することはメリットとなるでしょう。

4,企業評価を高められる

ファクタリングで資金調達をすれば、オフバランス化を図ることができます。
オフバランス化できた賃借対照表は、非常に見栄えが良く、金融機関への印象も良くなります。
また、ROAや自己資本比率などの値が良くなる可能性が高いという特徴も。
ROAは効率的な経営の指標、自己資本比率は財務健全性の指標であり、どちらも企業評価に用いられるもの。
企業評価が高まれば銀行融資の審査に通りやすくなったり、事業拡大しやすかったりと、企業にとってメリットが大きいと言えます。
このような理由から、九州内だけでなく、本州やアジア圏への侵出を検討している九州の企業にも人気となっています。

5,取引先との関係性に悪影響を与えない

ファクタリングは、取引先との関係性に悪影響を与えないという特徴もあります。
利用会社とファクタリング会社で契約を結ぶ2社間ファクタリングの場合、売掛先に利用を知られることなく現金化ができます。
そのため、資金繰り悪化を勘ぐられる心配がありません。
また、信用取引において支払いサイトを短縮したい場合には、売掛先へ直接交渉するしかありませんが、ファクタリングを利用すればその必要もないのです。
ファクタリングは、支払いサイトの調整を自身だけで行えます。
取引先へ負担をかけずとも、支払いサイトの短縮ができる点もファクタリングが人気な理由と言えるでしょう。
特に、九州の産業は支払いサイトが長い業種が多いため、ファクタリングが重宝されています。

ただし、売掛先も契約に参加する3社間ファクタリングの場合は、売掛先へファクタリング利用の通知が行われるため注意が必要。
ファクタリングへの理解がない売掛先の場合、資金繰り悪化を疑われる可能性も否定できません。
最悪の場合、取引解消や取引縮小に繋がりかねませんので、ファクタリング方式は慎重に選ぶことをおすすめします。

6,売掛金を確実に回収できる

売掛金の確実な回収ができる点も、ファクタリングが人気な理由の一つ。
ファクタリングは原則「償還請求権のない契約」を結びます。
償還請求権とは、買い取った売掛債権で代金の回収ができなかった場合に、ファクタリング会社が利用会社へ弁済を求められる権利のこと。
ファクタリングは償還請求権がない契約であるため、売掛先の倒産等により売掛金の回収が不能となった場合でも、利用会社が代わって支払いをする必要がありません。
つまり、ファクタリング会社へ売掛債権を売却して現金化してしまえば、売掛金未回収リスクを回避することができるのです。

中小企業が多い九州では、倒産や売掛金の未払いは珍しくありません。
売掛金の未回収リスクの回避目的でも、ファクタリングの利用者数が増加してきています。

九州でファクタリングを利用する際の注意点

売掛債権の売却により、早期現金化ができるファクタリング。
利用ハードルの低さや、必要なときに資金調達ができる点などメリットがたくさんあります。
しかし、ファクタリングを利用する際にはいくつか注意点も存在します。
ファクタリングを利用する際には、以下の点に注意しましょう。

  1. 複数社から見積もりを取る
  2. 契約書をしっかりと確認する
  3. 自社のニーズに合ったファクタリング会社を選ぶ

1,複数社から見積もりを取る

ファクタリングを利用する際には必ず手数料が発生します。
ファクタリングの手数料設定は、ファクタリング会社に一任されているため、同じ売掛債権の買取でも手数料が異なることも珍しくありません。

例えば、同じ1,000万円の売掛債権を売却するとして、
・A社:手数料5%
・B社:手数料10%
・C社:手数料20%  だったと仮定します。
この場合、A社では「950万円」、B社では「900万円」、C社では「800万円」の現金化ができるということになります。
全く同じ売掛債権であったとしても、利用するファクタリング会社により数十万円~数百万円の差が生じる場合も。
資金繰り改善の期待ができるファクタリングであるにも関わらず、手数料で高額の支払いがあっては元も子もありません。
利用する際には、複数社から見積もりを取り、比較・検討することをおすすめします。

2,契約書をしっかりと確認する

契約書をしっかりと確認することも大切。
ファクタリングの買取対象である売掛債権は、手形のような実物があるわけではありません。
そのため、ファクタリング契約は契約書に署名をすることで契約が成立します。
契約書をもらったら以下の内容を確認しましょう。

  • 償還請求権の有無
  • 手数料
  • ファクタリング方式
  • 損害賠償金や違約金が発生する条件と内容
  • (2社間ファクタリングの場合)支払い期日
  • 契約解除の条件と内容

契約書は、なにかトラブルが発生した際の公的証拠になるものです。
必ず不備や疑問点がないことを確認し、取引が完了するまで大切に保管しておきましょう。

また、ファクタリング業界には残念ながら、悪質業者の存在も確認されています。
悪質業者は「ファクタリング」を謳いながら、高金利の貸付をしてきたり、高額な支払いを求めてきたりします。
悪質業者には以下のような特徴があるため、契約書の内容をしっかり確認し、騙されないようにしましょう。

  • 償還請求権ありの契約
  • 担保や保証人を求められる
  • 売買契約ではなく「貸付」契約
  • 別途料金で高額請求してくる
  • 分割払いができる
  • 契約書の控えをくれない

上記の特徴に該当する場合、悪質業者の可能性が非常高いため、利用しないことをおすすめします。

3,自社のニーズに合ったファクタリング会社を選ぶ

一言で「ファクタリング」と言っても、入金速度やファクタリング方式、来店や面談の有無など、ファクタリング会社により対応は様々。
特に、自社の資金調達の時間的猶予はどれくらいあるのか、売掛先へのファクタリング通知の有無はどうするかは検討しておくべきです。
また、契約時に来店する手間や拘束時間も、利用するファクタリング会社により異なります。
緊急性が高く、来店や書類の郵送をしている時間が惜しい場合には、オンラインファクタリングがおすすめ。
オンラインファクタリングであれば、いつでもどこからでも、スマホやパソコン1台で契約を結べます。
ファクタリングの利用を検討している際には、自社の資金調達ニーズに合った会社を選ぶようにしましょう。

九州で資金調達するならファクタリングのまとめ

この記事では、九州でファクタリングが人気の理由と、利用時の注意点を解説しました。
ファクタリングは融資とは異なり、中小企業や起業間もない会社でも利用できる可能性が高い資金調達手段です。
また、負債が残ることもなく、長期的な返済の必要もありません。
ファクタリングを利用すれば、売掛金の早期現金化ができるだけでなく、企業評価を高めたり、銀行融資を受けやすくなったりするメリットもあるでしょう。
中小企業が多い上に、支払いサイトが長い業種が多い九州の企業にとって、うってつけの資金調達手段と言えます。
ただし、ファクタリング業界には悪質業者も存在するため、利用時には契約書をよく確認し、複数社から見積もりをとるようにしましょう。

その他「コラム」記事

   ©2021 即日オンラインファクタリング「SoKuMo」, Inc.