お知らせ

Message

北海道でファクタリングを成功させるためのポイントと注意点を徹底解説!

2022年4月1日

ファクタリングは、中小企業や個人事業主の資金調達手段として、経済産業省からも推奨されているサービスです。
北海道においても、ファクタリングを利用する会社が近年増加傾向にあります。
しかし、北海道はその広大な土地に対してファクタリング会社が多いとは言えません。
この記事では、北海道でファクタリングを成功させるためのポイントと、利用時の注意点を徹底解説します。ぜひ最後までお読みください。

北海道の経済状況

北海道は、広大で豊かな自然環境を活かした第一次産業が盛んに行われています。
十勝平野を中心とした「畑作」、石狩・上川地方を中心とした「稲作」、道東地方を中心とした「酪農業」、函館や根室、釧路、オホーツク沿岸などを中心とした「漁業」など、様々な食物の生産活動が活発。
また、苫小牧から札幌にかけては代表的な工業地帯であり、食品加工・紙パルプ製造業などの「工業」も盛んです。
国内外からの観光客も多く、観光リゾート産業も成長・拡大してきています。
しかし、北海道の経済を成長させてきたのは主に本州の企業であり、北海道内には大手企業はほとんどありません。
北海道内で活動している企業は中小企業が多く、銀行融資を受けられないことも珍しくありません。

第一次産業は、天候不良などに左右されやすく、収穫量に収入が左右されやすいです。
観光リゾート産業も、景気などの社会情勢により利益が急減することも少なくありません。
中小企業でなくても、収入が安定しないという理由で融資を受けづらい企業が多いという特徴もあるのが北海道と言えるでしょう。
また、工業は商品を提供してから実際に代金の支払いを受けるまでの期間(支払いサイト)が長く、資金繰りが逼迫しやすい業種と言えます。
北海道経済は、資金調達や資金繰りに悩む北海道企業が多いという特徴があります。

北海道で資金調達するならファクタリング

資金調達や資金繰りに難渋する企業が多い北海道ですが、北海道で資金調達するならファクタリングがおすすめです。
ファクタリングは「売掛債権の譲渡・売買」により、現金を得ることができる資金調達手段。

銀行融資などの借入とは異なり、「支払われる期日が決まっている債権の買取」であるため、審査が柔軟という特徴があります。
ファクタリングは、売掛先が売掛金を支払うことができると判断できれば、利用会社に赤字決算や財務超過などがあっても問題ありません。
銀行融資を受けづらい北海道の企業でも、ファクタリングであれば資金調達できる可能性は高いと言えるでしょう。

また、ファクタリングは、売掛債権を買い取ってもらう際に手数料が発生しますが、最短即日で資金調達することができます。
支払いサイトが長期化しやすい業種(工業)が多い北海道企業でも、ファクタリングなら資金調達をしたいタイミングで現金を得ることができます。
急な機械の故障や不作による収入減など、緊急性の高い資金調達にもファクタリングは最適。
北海道の経済・産業特性と、ファクタリングの特性は非常にマッチしていると言えるでしょう。

北海道に拠点を置くファクタリング会社は4社のみ

北海道の経済・産業特性とマッチしているファクタリングですが、北海道にはファクタリング会社が4社しかありません。
広大な土地に対して4社という数は、非常に少ないと言えます。
ファクタリングは、北海道企業の資金調達として非常に有用ですが、現状では北海道はファクタリングを利用しやすい環境とは言い難いです。

北海道ではオンラインファクタリングがおすすめ

北海道でファクタリングを利用するなら、オンラインファクタリングがおすすめ。
通常のファクタリングの場合、契約時にファクタリング会社に来店する必要があります。
出張対応しているファクタリング会社もありますが、移動費は利用会社の負担になることも珍しくありません。
北海道は本州と離れており、来店するにも出張してもらうにも、時間も費用もかかります。
その点、オンラインファクタリングは、申し込みから取引完了まですべてウェブ上で完結します。
スマホやパソコンがあれば、離れたファクタリング会社の利用も可能なのです。

また、ファクタリングは、手数料や買取可能額など、利用するファクタリング会社によって異なるのが一般的。
そのため、自社に適したファクタリング会社を利用できなければ、納得のいく資金調達ができない可能性もあります。
そのため、「北海道に拠点があるから」という理由だけで、北海道内のファクタリング会社を利用するのは少し危ないかもしれません。
ファクタリング会社の少ない北海道でも、オンラインファクタリングであれば、自社に適したファクタリング会社を利用することができるでしょう。

北海道でファクタリングを成功させるためのポイント

北海道でファクタリングを成功させるカギは「自社に適したファクタリング会社」を選ぶこと。
「自社に適したファクタリング会社」といっても、実際どのような会社なのかわからないという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、自社に適したファクタリング会社を選ぶ際に検討すべき4つのポイントを解説します。
北海道でファクタリングを成功させるためのポイントは以下の4つ。

  1. ファクタリングの種類を決める
  2. 契約方法をどうするか決める
  3. ファクタリングに付随するサービスの利用を検討する
  4. 債権譲渡登記の有無を検討する

1,ファクタリングの種類を決める

まずは、ファクタリングの種類を決めましょう。
ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2通りの契約方式があります。

2社間ファクタリングは、利用会社とファクタリング会社で契約を結ぶ方式。
売掛先が関与しないため、売掛先にファクタリングの利用を知られません。
そのため、売掛先との関係性に悪影響を与える心配がないというメリットがあります。
また、手続きも少ないため、最短即日~3日程度で資金調達が可能。
しかし、支払期日に売掛先から支払われた売掛金を、直接ファクタリング会社へ送金する手間が生じるのも2社間ファクタリングです。
売掛金が一旦利用会社へ入金されることから持ち逃げリスクがあるため、手数料は10%~30%と割高となり、デメリットと言えるでしょう。

3社間ファクタリングは、売掛先も契約に参加する方式。
利用時には、売掛先からファクタリング利用の承諾を得る必要があります。
売掛金は売掛先からファクタリング会社直接支払われるため、手数料は1%~10%と比較的安く抑えられるというメリットがあります。
ただし、必要な手続きが増えるため即日の現金化はできず、現金化には最短3日~1週間程度要します。
また、ファクタリングへの理解が乏しい売掛先の場合は、資金繰り悪化を疑われてしまうことも。
最悪の場合、取引解消や取引縮小など、関係性に悪影響を与えかねません。

売掛先への通知の有無、手数料、資金調達速度などを基に、総合的に判断・選択するようにしましょう。

2,契約方法をどうするか決める

契約方法をどうするのかも重要です。
ファクタリングの契約方法は、来店、出張、オンラインの3つ。
来店・出張対応しているファクタリング会社の場合、移動の手間が生じます。
その反面、担当者と直接顔を合わせて商談ができるため、安心した取引ができるというメリットもあります。
オンラインファクタリングは、移動の手間や時間的拘束はありませんが、ファクタリング会社との信頼関係は築きにくいかもしれません。
オンライン面談に対応している会社の場合は、顔を合わせた商談も可能です。
移動や時間的拘束なく、安心して取引したい場合は、オンライン面談に対応している会社のオンラインファクタリングがおすすめです。

3,ファクタリングに付随するサービスの利用を検討する

ファクタリング会社によって、ファクタリングのみ提供する会社、コンサルティングも行ってもらえる会社などサービス内容はさまざまです。
資金調達だけが目的なら、ファクタリングだけ提供している会社でも問題ありません。
資金繰りに逼迫していて改善策も考えてほしい場合は、コンサルティングも提供している会社を利用するのも良いでしょう。
コンサルティングに追加費用が発生する場合もあるので、利用時には料金形態も確認するようにしましょう。

4,債権譲渡登記の有無を検討する

2社間ファクタリングを利用する場合、債権譲渡登記を求められることもあります。
債権譲渡登記とは、売掛債権をファクタリング会社へ譲渡・売却した事実を公的に証明するためのもの。
2社間ファクタリングは、売掛先が関与しないため、売掛債権を譲渡したことを第三者に証明することができません。
そのため、同じ売掛債権を用いて複数のファクタリング会社と契約を結ぶ「二重債権」も、その仕組み上できてしまいます。
二重債権のリスクを回避するために、債権譲渡登記を必須としている会社も少なくありません。

債権譲渡登記がある場合、登記代6万円~8万円を実費負担しなければなりません。
ただし、ファクタリング会社からすると二重債権のリスクがなくなるため、手数料は低くなる傾向にあります。
登記代と手数料のどちらの負担が大きくなるか検討するのが良いでしょう。
また、売掛先に利用が知られない2社間ファクタリングでも、債権譲渡登記をした場合は知られるリスクが0ではありません。
債権譲渡登記は一般閲覧可能なものなので、売掛先が登記を見た場合に限り、利用を知られる可能性はあります。
どうしてもファクタリングの利用を知られたくない場合は、債権譲渡登記のない契約を結ぶのがおすすめです。

北海道でファクタリングを利用する際の注意点

北海道でファクタリングを利用する際には、いくつか注意も必要です。
北海道でファクタリングを利用する際の注意点は以下の3つ。

  1. 悪質業者に気を付ける
  2. 北海道に拠点を置いているというだけで利用しない
  3. 契約書の内容はしっかり確認する

1,悪質業者に気を付ける

ファクタリング業界には、悪質業者も存在します。
悪質業者を利用してしまうと、資金繰りが改善するどころか、さらに資金繰りが逼迫してしまいます。
悪質業者には以下の特徴があるため、該当する場合は利用しないようにしてください。

  • 手数料が1%~30%の相場から逸脱している
  • 手数料相場内だが、その他の費用で高額請求してくる
  • 消費税が課税されている(ファクタリングは非課税取引)
  • 契約書の控えを準備してくれない
  • 会社の情報(特に住所)を開示していない
  • 固定電話がなく携帯電話だけ
  • 償還請求権のある契約を勧めてくる
  • 担保・保証人を要求してくる

2,北海道に拠点を置いているというだけで利用しない

ファクタリングは、自社のニーズに合ったファクタリング会社を選ぶことが大切です。
北海道に拠点を置いているファクタリング会社が、自社のニーズと合っていれば問題ありません。
しかし、ニーズに合っていないのに「北海道にあるから」という理由で利用してしまうと、納得できる資金調達ができないかもしれません。
自社の資金調達のニーズを把握し、ファクタリング会社選びは慎重に行いましょう。

3,契約書の内容はしっかり確認する

契約書の内容をしっかり確認することも大事です。
契約書には、ファクタリング方式や手数料、売掛金の回収手段など様々な契約内容が記載されています。
口頭で説明を受けていても、契約書にその内容が記載されていなければ、意味がありません。
また、見積り時点での手数料と、実際の手数料が異なることもあります。
契約時には、きちんと内容を確認し、納得いく内容の場合のみ契約を結ぶようにしましょう。
そして、取引が完了するまできちんと保管しておいてください。

北海道でファクタリングを成功させるポイントまとめ

この記事では、北海道でファクタリングを成功させるためのポイントと注意点を解説しました。
北海道の産業特性にファクタリングはマッチしている資金調達手段ですが、北海道にはファクタリング会社が4社しかありません。
「北海道に拠点があるから」という理由だけでファクタリング会社を選ぶのは、少し注意が必要になります。
ファクタリング方式や手数料、現金化までのスピード感、償還請求権の有無など、自社の資金調達ニーズに適したファクタリング会社を選ぶことが大事です。
北海道は本州から離れているため、オンラインファクタリングを積極的に利用できると良いでしょう。

その他「コラム」記事

   ©2021 即日オンラインファクタリング「SoKuMo」, Inc.