お知らせ

Message

福岡県企業にはファクタリングがおすすめ!福岡で失敗しないファクタリング会社の選び方も解説

2022年3月22日

福岡県は、東京・大阪・名古屋の3大都市圏に次ぐ経済圏。
また、県内総生産も九州全体の約4割を占めており、経済が活発な都市と言えます。
九州新幹線の全線開通や高速道路の整備により、「ヒト・モノ・シゴト」の流動化も進んでいます。
アジアの玄関口として、経済圏が大きく広がっているという特徴も。
そんな福岡県ですが、中小企業の割合も高く、資金繰りに悩む会社が多いという問題もあるのです。
中小企業の資金繰り改善の期待ができるのが、売掛債権の譲渡・売買であるファクタリング。
この記事では、福岡県の経済状況とファクタリングがおすすめの理由を解説します。
福岡県で失敗しないファクタリング会社選びも解説しますので、ぜひ最後までお読み下さい。

福岡の経済状況

福岡県は本州と九州を繋ぐ主要都市であり、東京・大阪・名古屋に次ぐ全国第4位の経済圏です。
近年では、アジアの玄関口としてアジア圏からの観光客も増加傾向にあり、経済の活性化は進むばかり。
県内総生産も九州全体の約4割を占めており、勢いのある都市と言えるでしょう。
そんな福岡ですが、経済状況に福岡ならではの特徴があります。
福岡の経済状況について、以下に解説します。

中小企業が占める割合が高い

福岡県は、国内でも中小企業が占める割合が高い県です。
福岡市経済環境文化局から令和3年に発行された「福岡市経済の概況」によると、福岡の事業所の98.8%が中小企業とされています。
経済活動のほとんどを中小企業が担っていると言っても過言ではありません。

開業率が高い

福岡県は、開業率が高いという特徴も。
開業率の全国平均5~6%に対し、福岡は7.2%と全国平均を上回っています。
九州新幹線の全線開通や、アジア圏からの観光客増加などの社会背景を受け、福岡に新規参入する企業も増加傾向にあるのです。

産業活動が活発

アジアの玄関口、本州との架け橋、九州・沖縄地区の中核など、様々な役割を担っている福岡。
福岡はヒトやモノの流入も多く、それに伴い産業活動も活発です。
実際、このような実態に目をつけ、東京に本社を構える企業も次々と福岡へ参入してきています。

第三次産業の割合が高い

ヒト・モノの流入が多い福岡は、第三次産業のニーズが高いと言えます。
実際、第三次産業が約9割を占め、その中でも卸売業・小売業、飲食サービス業の割合が高くなっています。

製造業や農業も活発

第三次産業が活発な福岡ですが、製造業や農業も活発という特徴もあります。
特に、自動車や半導体の製造に関しては、国内の主要生産拠点になるほど。
また、農業産出額は全国シェアの20%を占め、日本生産にとって欠かせない存在と言っても過言ではありません。
福岡は、第三次産業だけでなく、農業を初めとした第一産業も、製造業などの第二次産業も活発であり、バランスのとれた産業構造となっています。

福岡企業の資金繰り問題とファクタリング

事業を営む中で、必ず考えなければならないのが資金繰り問題。
福岡は上記のような経済特徴があるため、資金繰りに悩む企業も多いです。
以下に、福岡の資金繰り問題について、詳しく解説します。

福岡企業の資金繰り問題

福岡企業は約99%を中小企業が占めており、また、開業率も全国平均よりも高いという特徴があります。
中小企業や起業間もない会社は、銀行からの融資をなかなか受けることができません。
そのため、資金調達をしようとした場合の選択肢が限られてしまいます。
資金が必要なときに調達する術がないと悩む福岡企業は多いでしょう。

また、卸売業・小売業や製造業は、産業の中でも支払いサイトが長い傾向にあります。
日本の企業のほとんどが信用取引であり、商品やサービスを提供してから、実際の支払いを受けるまで一定の期間があります。
約1ヶ月~2ヶ月が一般的ですが、卸売業・小売業や製造業は約3ヶ月~6ヶ月先になることも珍しくありません。
その中で、在庫発注や材料費・外注費の支払いはしなければならず、資金繰りが逼迫しやすい業種と言えます。
福岡企業は、売上はあるけれど手元資金が少ないという状況に陥りやすいという特徴もあるでしょう。

農業や製造業は、機器や設備の故障などにより、急に高額な資金が必要になることも。
融資などの借入は、入金までに時間がかかります。
入金を待っていては、その間事業を行うことができず、赤字になってしまうこともあるでしょう。
このように、緊急性の高い資金調達が必要になる企業が多いのも、福岡企業の特徴と言えるでしょう。

福岡企業の資金繰り問題はファクタリングで解決

上で解説したように、福岡企業は①銀行融資を受けづらい、②支払いサイトが長い、②緊急性の高い資金調達が必要になる、このような特徴があります。
それが故に、資金繰りに難渋してしまう企業も少なくありません。
福岡企業の資金繰り問題を解決し得るのがファクタリングです。

ファクタリングは、売掛債権の譲渡・買取サービス。
手元にあるまだ入金を受けていない請求書を買い取ってもらうことで、早期現金化できます。
近い将来に入金されるものであるため、銀行融資のような厳しい審査が不要。
「売掛先がきちんと売掛金を支払える」ことが判断できれば、利用者に赤字決済や財務超過などがあっても問題ありません。
ファクタリングは、まだ実績があまりない中小企業や起業間もない会社でも利用できます。

また、ファクタリングは売掛債権(請求書)を支払い期日よりも前に現金化することが可能。
ファクタリングを利用すれば、最短即日~1週間程度で資金調達ができます。
そのため、支払いサイトが長くて資金繰りに難渋している場合や、緊急性の高い資金調達に長けていると言えるでしょう。

ファクタリング会社は東京や大阪に多く、地方の会社は利用しづらいという問題がありました。
しかし、近年では福岡県内のファクタリング会社も増加傾向にあります。
福岡企業もファクタリングを利用しやすい環境になってきていると言えるでしょう。

福岡県で失敗しないファクタリング会社の選び方

福岡県内には、数多くのファクタリング会社があります。
ファクタリングを利用しやすい環境である反面、どのファクタリング会社を利用するべきか迷ってしまうこともあるでしょう。
また、ファクタリング会社の中には悪質業者もいるため、注意も必要です。
ここからは、福岡で失敗しないファクタリング会社の選び方を解説します。

悪質なファクタリング会社の特徴

ファクタリングで失敗しないためには、悪質業者を利用しないことが大前提。
悪質業者の特徴は以下の9つ。

  1. 償還請求権がある契約
  2. 手数料が相場から逸脱している
  3. 別途費用で高額請求してくる
  4. 担保・保証人を求めてくる
  5. 売買契約ではなく貸付契約
  6. 支払い方法が分割払い
  7. 会社の情報が開示されていない
  8. 固定電話ではなく携帯電話
  9. 契約書がない

これらの特徴に該当する場合、悪質業者の可能性が非常に高いので、利用しないようにしましょう。
以下に一つずつ詳しく解説します。

1,償還請求権がある契約

1つ目は「償還請求権がある契約」。
ファクタリングは原則「償還請求権のない契約」を結びます。
償還請求権とは、万が一売掛先の倒産等で売掛金の回収が不能となった場合に、利用者へ弁済を求めることができる権利のこと。
つまり、ファクタリングは償還請求権がないため、売掛金の回収ができなかった場合には、利用者が代わって支払いをする必要はありません。

償還請求権のある契約の場合、売掛債権を担保にした融資となります。
これはファクタリングとは異なるサービスであり、高金利での取引をした場合違法となります。
「償還請求権ありの契約なら手数料を安くします」など甘い言葉で契約を結ばせようとしてくるため、注意してください。

2,手数料が相場から逸脱している

2つ目は「手数料が相場から逸脱している」こと。
ファクタリングは貸付ではないため、手数料を高く設定しても違法にはなりません。
違法にはならないとは言え、ファクタリングの手数料には相場が設けられています。
2社間ファクタリングで10%~30%、3社間ファクタリングで1%~10%、オンラインファクタリングで1%~20%が手数料相場。
この相場から逸脱している場合、悪質業者の可能性が高いので、利用しないようにしましょう。

3,別途費用で高額請求してくる

3つ目は「別途費用で高額請求してくる」こと。
手数料が相場の範囲内だからと言って、安心するのは少し早いです。
悪質業者は、手数料は相場内に納めておいて、別途費用で高額請求するという手口を用います。
ファクタリングで生じる別途費用は、あったとしても出張費や債権譲渡の登記費用くらい。
これ以外の詳細不明な手数料を請求してくる場合は、注意しましょう。
また、ファクタリングは非課税取引であるため、消費税が発生することはありません。
悪質業者は、利用者の知識不足の穴をついて、あらゆる手段でお金をもぎ取ろうとしてきます。
消費税の支払いを求められた場合も悪質業者の可能性が高いため、利用しないことをおすすめします。

4,担保・保証人を求めてくる

4つ目は「担保・保証人を求めてくる」こと。
ファクタリングは、売掛債権の「買取」サービスであるため、担保・保証人を求められることはありません。
担保・保証人が必要になるのは、「貸付」の場合。
担保・保証人を求めてくるのは、買取ではなく貸付契約を結ばせて、高金利で返済を行わせる悪質業者です。

5,売買契約ではなく貸付契約

5つ目は、「売買契約ではなく貸付契約」を結ばせること。
上でも述べましたが、ファクタリングはあくまで「買取」サービスであり、法律でも「売買契約」であると明記されています。
ファクタリング契約を結ぶ中で、「貸付契約」という言葉が出ることはありません。
貸付という言葉が出た時点で、かなり怪しい業者なので、利用しないでください。

6,支払い方法が分割払い

6つ目は「支払い方法が分割払い」であること。
ファクタリングは一括払いが原則です。
分割払いができる場合、分割回数に応じて金利が発生しますが、これは貸付業にあたります。
貸付を行う場合は「貸付業登録」が必要かつ、貸付業法に従わなければなりません。
貸付業法では20%を超える高金利は禁止されているため、分割払いでファクタリングの手数料相場と同等の設定をしている場合は違法となります。
あらぬトラブルに巻き込まれる可能性もあるので、分割払いに応じているファクタリング会社は利用しないのが無難でしょう。

7,会社の情報が開示されていない

7つ目は「会社の情報が開示されていない」こと。
優良会社であれば、必ずホームページ等で会社情報を開示しています。
情報を開示できないということは、なにか後ろめたい理由があるということ。
特に、会社の住所が明記されているかは重要です。
なにかトラブルが生じた際に、所在地がわかれば対応することもできます。
悪質業者は、住所の開示をしているけれど、実際に存在しない住所ということも珍しくありません。
住所は、実際に存在する住所かどうかも確認すると良いでしょう。

8,固定電話ではなく携帯電話

8つ目は「固定電話ではなく携帯電話」であること。
悪質業者は、固定電話ではなく、携帯電話を用いる傾向にあります。
なぜなら、なにかトラブルが発生したら、携帯を解約してまた新たな携帯を契約できるから。
連絡手段を絶つことで、なにかあったときに雲隠れするのです。
携帯電話しかない業者は怪しいため、利用を控えましょう。

9,契約書がない

9つ目は「契約書がない」こと。
ファクタリングで買取対象となる売掛債権は、手形のように実物があるわけではありません。
そのため、ファクタリングを利用する際には、必ず契約書に署名をする形で契約を結びます。
契約書は、利用者とファクタリング会社との間に契約を結んだ証拠になるもの。
契約書には、手数料やファクタリング方式、違約金が発生する条件など、契約内容の詳細が書かれています。
いくら口頭で手数料を安くしますと言われても、契約書がなければ証拠になりません。
なにかトラブルが発生した際の公的な証拠となるため、必ず控えをもらうようにしましょう。
悪質業者は「印刷費削減のため」など適当な理由をつけ、契約書の控えをくれないことが多いです。
契約書がなければ、なにかあっても泣き寝入りするしかなくなるため、注意しましょう。

自社のニーズに合った会社を選ぶ

悪質業者を回避できたら、次は自社のニーズに合ったファクタリング会社選びを行います。
一言でファクタリング会社と言っても、手数料設定も異なれば、入金速度も異なります。
自社のニーズを考える際のポイントとなるのが以下の3点。

  1. 現金化スピード
  2. 売掛先への利用通知の有無
  3. 来店の有無

1,現金化スピード

1つ目は「現金化スピード」。
ファクタリングは、手早い現金化を得意とする資金調達手段です。
ただし、利用するファクタリング方式やファクタリング会社により、現金化のスピードが異なります。

利用者とファクタリング会社で契約を結ぶ2社間ファクタリングは、最短即日~3日程度で現金化が可能。
売掛先が契約に参加する3社間ファクタリングは、現金化に最短3日~1週間程度要します。
緊急性の高い資金調達の場合には、2社間ファクタリングの利用がおすすめ。
ただし、2社間ファクタリングは手数料が10%~30%と割高になるため、手数料も考慮した上で選択するようにしましょう。
手数料を押えて尚かつ手早い現金化が必要な場合は、オンラインファクタリングが良いでしょう。
オンラインファクタリングは手数料1%~20%と安く抑えつつ、現金化スピードも最短数十分でできるファクタリング会社もあります。
自社の資金調達には、どれくらいの時間的猶予があるのか、利用前に検討してください。

2,売掛先への利用通知の有無

2つ目は「売掛先への利用通知の有無」。
2社間ファクタリングは、売掛先へファクタリング利用の通知を行う必要はありません。
3社間ファクタリングは、売掛先からファクタリング利用の承諾を得る必要があるため、利用通知は必須です。

ファクタリングはまだ認知度が高いとは言えないため、ファクタリングを利用することで資金繰り悪化を疑われてしまうこともあります。
最悪の場合、取引解消や取引縮小など、取引に影響がでる可能性も…。
このような風評被害を避けるためにも、ファクタリングを利用する会社のほとんどが2社間ファクタリングを選択しています。
ファクタリングに理解のある売掛先であれば、風評被害の心配はいらないでしょう。
入金スピードや手数料と合わせて、ファクタリング利用の通知の有無(ファクタリング方式)に関しても、検討が必要です。

3,来店の有無

3つ目は「来店の有無」。
ファクタリング会社により、契約時に来店が必須な会社、出張対応してくれる会社、オンライン上で契約を結べる会社など様々です。
来店した場合、ファクタリング会社の雰囲気や担当者の人となりを詳しく知ることができます。
ただし、来店する場合、手間も時間的拘束もあることでしょう。
来店する時間も惜しいという場合は、出張対応してくれるファクタリング会社を選ぶのも一つの手。
また、契約から取引完了まですべてオンライン上で完結できる会社もあります。
自社の経営に割く時間、ファクタリング契約にかける時間、それぞれを考慮して、利用するファクタリング会社を選べると良いでしょう。

福岡県企業にはファクタリングがおすすめまとめ

この記事では、福岡企業の経済特性とファクタリングについて解説しました。
福岡は、東京・大阪・名古屋に次ぐ全国第4位の経済圏であり、産業活動が活発に行われています。
しかし、産業活動を支える多くは中小企業や起業間もない会社であり、銀行融資を受けられないという問題も。
また、支払いサイトが長い業種が多いことや、緊急性の高い資金調達が必要になりやすい業種も多く、資金繰りに難渋する福岡企業は多いことでしょう。
売掛債権の譲渡・売却でファクタリングなら、福岡企業の資金繰り問題を解決できる可能性が高いです。
利用時には、悪質業者に騙されないよう気をつけ、自社のニーズに合ったファクタリング会社を利用するようにしましょう。

その他「コラム」記事

   ©2021 即日オンラインファクタリング「SoKuMo」, Inc.