お知らせ

Message

【来店不要な即日ファクタリング】即日入金を可能にするための条件とコツを解説!|来店不要なおすすめのファクタリング会社も紹介!

2021年11月24日

担保・保証人不要、審査にも通りやすく、利便性が高いファクタリング。

最短即日での資金調達も可能であり、近年注目されてきているサービスです。

また最近では、ファクタリング会社に来店しなくても契約ができる「オンラインファクタリング」も増加傾向にあります。

 

「最短即日入金らしいけど、本当にそんなことできるの?」

「絶対に即日で入金して欲しいんだけど、大丈夫かな?」

「即日入金してくれる会社ってどこだろう?」

こんな疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか?

 

この記事では、

  • 来店不要で即日入金できるファクタリング会社の紹介
  • ファクタリングで即日入金を可能にするための条件
  • ファクタリング利用時の注意点と会社選択のポイント

を解説します。ぜひ最後までお読みください。

目次

即日入金、来店不要な優良ファクタリング会社8選

資金調達にはいろいろな手段があります。

最もメジャーな方法として「銀行やノンバンクの融資」が思い浮かんだのではないでしょうか。

融資は、何度か利用会社を訪問して面談したり、審査に時間を要したりと、意外と時間も手間もかかるものです。

対してファクタリングであれば、来店せずともオンラインで契約を結ぶこともでき、即日で資金調達することも可能。

しかし、全てのファクタリング会社が「来店不要」「即日入金可能」というわけではありません。

ここでは、即日入金可能かつ来店不要な優良ファクタリング会社を8社紹介します。

1,SoKuMo|業界最速最短30分で資金調達可能

SoKuMoは買取金額は10万円~1億円、最短30分で入金可能、手数料1.0%~15.0%と低手数料かつファクタリング業界最速での資金調達が可能な会社。

業界最低水準の手数料1.0%からの利用が可能であり、利用者によってはかなり手数料を抑えた利用ができることもSoKuMoの強みです。

また、オンラインファクタリングを採用しているため、迅速な対応が可能。

オンラインファクタリングでは珍しいオンライン面談を実施していることも特徴の1つで、契約前に疑問点や不安点を直接担当者に聞くことで、安心した取引をお約束します。

「いち早く資金調達したいけど、初めての利用で不安・・・」という方には、特におすすめです。

対象 法人・個人事業主
手数料 1.0%~15.0%
入金スピード 最短30分
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談 不要(オンラインファクタリング)
必要に応じてオンライン面談の対応可能
買取金額 10万円~1億円
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記の有無 なし
必要書類 決算書(個人事業主は申告書)、銀行口座のコピー、請求書

2,OLTA|主要な金融機関と提携していて安心!

OLTAは最短即日入金ができ、手数料も2.0%~9.0%と比較的低く利用ができる会社。

特に手数料の上限9.0%は、ファクタリング業界内でもトップレベルの最低上限となっています。

また、新生銀行やみずほ銀行等の主要な金融機関とも提携しており、安心した取り引きができることも、OLTAの強みと言えるでしょう。

買取金額に関しては上下限設定はなく、10万円~500万円の買取り実績があるため、利用者の希望に合わせた資金調達が可能です。

日本マーケティングリサーチ機構のデータによると、2021年6月期には「中小企業経営者・個人事業主が選ぶオンライン型ファクタリング」でNo.1を獲得しており、実績はファクタリング業界トップクラスと言って良いでしょう。

対象 法人・個人事業主
手数料 2.0%~9.0%
入金スピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談 不要(オンラインファクタリング)
買取金額 上限・下限なし
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記の有無 明記なし
必要書類 本人確認書類(免許証、パスポート等)、請求書、
すべての事業用銀行口座の普通預金・当座預金の直近4ヶ月分の入出金明細(通帳)、
昨年度の決算書(個人事業主の場合は確定申告書)

3,QuQuMo|必要書類が少ないのが魅力的

QuQuMoは最短2時間での入金が可能、手数料も1.0%~と手数料が比較的安く利用可能なファクタリング会社。

業界最低水準の手数料1.0%~利用が可能ですが、手数料上限が明記されていないため、利用時には確認が必要となります。

QuQuMoの最大の強みは、必要書類が「通帳のコピー」と「請求書」の2つで済むという点にあると言えるでしょう。

他のファクタリング会社では決算書や登記簿謄本、印鑑証明書等の書類含め4~6種類の書類が必要となることがほとんど。

早急に資金調達をしたい場合に、準備する書類が少なくて済むのは強みと言えますね。

対象 法人・個人事業主
手数料 1.0%~
入金スピード 最短2時間
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談 不要(オンラインファクタリング)
買取金額 上限・下限なし
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記の有無 明記なし
必要書類 通帳のコピー、請求書

4,FReeNANCe|フリーランスに特化!無料で補償がつく!

FReeNANCeは、1万円からの利用が可能、フリーランス・個人事業主に特化したファクタリングを提供している会社。

他のファクタリング会社との最大の違いは、売掛金の入金先をフリーナンス専用口座にしていると、「フリーナンスあんしん補償」という補償が無料で付与される点です。

業務が原因で生じた事故や、業務中の過失で生じた賠償の責任を補償してくれるというもので、会社の保険のないフリーランスや個人事業主には心強いサービスと言えるでしょう。

最短即日の入金が可能、手数料も3.0%~10.0%と比較的安く利用ができる点も強みとなっています。

運営会社が東証一部上場企業のGMOであるため、安心した取引ができるのも魅力です。

対象 フリーランス・個人事業主
手数料 3.0%~10.0%
入金スピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談 不要(オンラインファクタリング)
買取金額 1万円~
償還請求権の有無 明記なし
債権譲渡登記の有無 なし
必要書類 身分証明書、住所の確認できる書類、請求書(送付・受領済みの確認ができるもの)、通帳のコピー

5,nugget|個人事業主に特化!手数料は一律10.0%!

nuggetは最短60分で入金可能、1万円からの利用が可能、手数料が一律10.0%であることが特徴的な会社です。

東証一部上場企業が運営しているため、安心した取り引きが可能と言えるでしょう。

個人事業主に特化していることも特徴の1つであり、フリーランス等の個人事業主で、なかなか利用できるファクタリング会社が少ないという方からの支持が厚い会社となっています。

対象 個人事業主のみ
手数料 一律10.0%
入金スピード 最短60分
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談 不要(オンラインファクタリング)
買取金額 1万円~
償還請求権の有無 明記なし
債権譲渡登記の有無 なし
必要書類 請求書、請求確認メールの履歴、本人確認書類

6,Accel Factor|顧客満足度No.1!

アクセルファクターは、「顧客満足度No.1」「業界トップクラスの資金調達速度」を強みにしている会社。

最短即日入金、手数料2.0%~20.0%、30万円から利用できます。

5割以上が即日入金での利用ができており、審査は比較的通りやすい会社と言えるでしょう。

しかし、手数料の上限が20.0%とやや高めの設定となっているため、利用時には確認することをおすすめします。

オンライン契約、出張契約、郵送契約が可能であり、利用者の都合により対応を変更できる点も強みの1つです。

対象 法人・個人事業主
手数料 2.0%~20.0%
入金スピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談 不要(オンラインファクタリング、訪問も可能)
買取金額 30万円~1億円
償還請求権の有無 明記なし
債権譲渡登記の有無 明記なし
必要書類 申込用紙、請求書、通帳

7,No.1|建設業に特化!

No.1は、「建設業に特化したファクタリングサービス」という独自の強みがあるファクタリング会社。

本社は東京にありますが、名古屋、福岡に支店があり、来店不要・全国出張対応可能であるため、ファクタリング会社を訪れる時間のない利用者様に重宝されています。

最短即日での入金が可能、手数料も1.0%~15.0%と比較的安く抑えての利用できます。

審査通過率は90%以上と審査にも通りやすく、資金繰り改善のためのコンサルティングも実施しているため、資金繰りに悩まれている方は相談してみてはいかがでしょうか

対象 法人・個人事業主
手数料 2社間ファクタリング:5.0%~15.0%
3社間ファクタリング:1.0%~5.0%
入金スピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
面談 出張対応
買取金額 50万円~5000万円
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記の有無 明記なし
必要書類 通帳のコピー、直近の決算書、請求書、発注書、納品書

8,ビートレーディング|業界トップクラスの取扱件数!

月間契約数400件とファクタリング業界トップクラスの取扱件数であり、安心して取り引きができる会社。

最短12時間での現金化、手数料2.0%~利用が可能となっています。

買取金額の上下限設定もなく、10万円~7億円の買取実績があり、業界最高額の買取実績なのも強みと言えるでしょう。

面談は来店のみでなく訪問形式も取り扱っているため、忙しくて店舗に出向く時間がとれない事業主様に重宝されています。

対象 法人・個人事業主
手数料 2社間ファクタリング:5.0%~
3社間ファクタリング:2.0%~
入金スピード 最短12時間
ファクタリング方式 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
面談 来店もしくは訪問にて実施
買取金額 上限・下限なし
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記の有無 必要な場合もあり
必要書類 申込書、成因証明(請求書)、通帳のコピー

ファクタリングとは

商品やサービスの提供を受けることで、取引先はその対価として支払いの義務が生じます。

売掛先から対価を受け取る権利のことを「売掛債権」、受け取るお金のことを「売掛金」と言います。

本来、売掛金の回収はサービス等を提供してから1~2ヶ月後、長いと半年後となることがほとんど。

 

ファクタリングは「入金前の売掛債権(請求書)を買い取るサービス」です。

売掛債権の買取の際に、ファクタリング手数料が発生しますが、売掛金の入金予定日よりも早期に現金化ができるというメリットがあります。

ファクタリングを利用することで、資金繰りの改善ができたり、現金化したお金を元に新事業に着手したりすることが可能となり、魅力的なサービスと言えるでしょう。

ファクタリングの仕組みは以下の通りです。

  1. 自社の商品やサービス提供により、売掛債権が発生する
  2. ファクタリング会社に売掛債権を売却し、買取金額(売掛金-手数料)が支払われる
  3. 期日に入金された売掛金を、ファクタリング会社へ支払う

このような仕組みでファクタリングは行われます。

ファクタリングには「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2つの方式があり、それぞれで特徴が異なるため、以下に解説します。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは、「利用会社とファクタリング会社の2社間で契約を結ぶ」方式。

売掛先は全く関与しないため「自社の信用情報を守りながら資金調達できる」というメリットがあります。

また、2社間で契約が完結するため、必要書類や審査に要する時間も少なく、最短即日での資金調達が可能です。

2社間ファクタリングは、

  • 手早い現金化が可能(最短即日~3日程度)
  • ファクタリングの利用を知られることがない
  • 売掛金は直接ファクタリング会社に支払う必要がある
  • 手数料はやや高め(10%~30%)

という特徴を持つファクタリング方式となっています。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、「利用会社とファクタリング会社と売掛先の3社間で契約を結ぶ」方式。

売掛先にファクタリング利用の承諾を得る必要がある点が、2社間ファクタリングとの大きな違いとなっています。

売掛先も関与するため、ファクタリングの利用は知られてしまいますが、ファクタリング手数料を安く抑えることができるというメリットがあります。

しかし、売掛先からファクタリング利用の同意書を回収する必要があるため、即日での資金調達はできません。

3社間ファクタリングは、

  • 手数料を安く抑えることができる(1%~10%)
  • 売掛先からファクタリング利用の承諾を得る必要がある
  • 売掛金の支払いは、売掛先がファクタリング会社へ直接行う
  • 資金調達にやや時間を要する(2日~1週間程度)

という特徴を持つファクタリング方式となっています。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングどっちがいいの?

ファクタリングを初めて利用される方は「どっちのファクタリング方式がいいの?」と悩まれるかもしれません。

結論から言うと、利用する会社の希望によりおすすめの方式は異なります。

2社間ファクタリングは、以下のケースでおすすめ。

  • なるべく早く資金調達したい場合
  • 売掛先にファクタリングの利用を知られたくない場合(関係性悪化の回避)

3社間ファクタリングは、以下のケースにおすすめ。

  • 手数料をなるべく安く抑えたい場合
  • ファクタリングに理解のある売掛先の場合
  • 資金調達に時間的猶予がある場合

オンラインファクタリング

近年、申込みから契約・取引完了まで完全オンラインで完結する「オンラインファクタリング」が増加傾向。

従来型のようにファクタリング会社へ来店する手間がなく、パソコンやスマホがあれば、24時間365日いつでもどこからでも利用ができるというメリットがあります。

オンラインファクタリングは、2社間ファクタリングを採用している会社がほとんど。

通常の2社間ファクタリングは、手数料10%~30%と高相場です。

オンラインファクタリングは、ファクタリング会社の事務所代や人件費が削減できるため、2社間ファクタリングでも1%~20%と安い手数料での利用ができます。

また、オンライン上で全ての手続きが完了するため、「最短60分」など、かなり手早い現金化も可能という点も強みの一つ。

  • 最速で資金調達をしたい場合
  • 近くにファクタリング会社がない場合
  • 無駄な時間を使わず簡単に資金調達をしたい場合
  • 2社間ファクタリングを低手数料で利用したい場合

このような場合には、オンラインファクタリングを利用してみてください。

ファクタリングで即日資金調達が可能なワケ

そもそも、なぜファクタリングは即日で資金調達が可能なのでしょうか。

それには、以下の4つの理由があります。

  1. 仕組みが簡略的
  2. 必要書類が少ない
  3. 審査基準が甘い
  4. 審査にAIを用いている場合がある

1,仕組みが簡略的

まず第一に仕組みが簡略的だから。

上でも説明した様に、ファクタリングの仕組みは「利用会社が持っている売掛債権をファクタリング会社が買い取る」というシンプルなもの。

かなり極端に言えば、リサイクルショップの買取と同じです。

自分が持っているモノを買い取ってもらうだけなので、時間もかからないです。

2,必要書類が少ない

2つ目は必要書類が少ないから。

融資の場合は事業計画書や商業登記謄本、決算報告書等10種類~15種類の書類が必要になります。

対し、ファクタリングは2種類~5種類の書類で済みます。

必要書類が少ないということは、それだけ審査にかかる時間も少ないと言えるでしょう。

3,審査基準が甘い

3つ目は審査基準が甘いから。

融資は「利用者がきちんと融資額を返済できるかどうか」を最重要視しているため、たくさんの書類と複数回の面談を経て、融資の可否を判断します。

対して、ファクタリングでは「売掛先が売掛金をきちんと支払えるか」を最重要視しています。

売掛先が信用できるに値するかどうかは、一般に開示されている「会社登記」を見ればすぐに分かるため、審査に時間がかかることもありません。

ファクタリングは売掛先の信用度を重要視しているため、利用会社の与信調査も厳しく行う必要もないのです。

また、担保・保証人も不要であるため、担保・保証人に関する調査の必要もなく、審査全体にかかる時間が短いという特徴があります。

そのため、資金調達手段の中でもトップレベルでの現金化が可能。

4,審査にAIを用いている場合がある

さらに、オンラインファクタリングの場合は、審査にAIを用いている会社がほとんど。

必要書類と申込時の情報をAIでスコアリングすることで、審査を行っているのです。

必要書類も少ない上に、その審査をAIで行うため、より短い時間での資金調達が可能となっています。

ファクタリングで即日資金調達を可能にするための5つの条件

「最短即日入金」と謳っている会社でも、誰でも絶対に即日で資金調達ができるとは限りません。

翌営業日以降になる場合もあります。

翌日以降になってしまう際に多いのが、審査に必要な書類が不足している事例。

ファクタリングの「即日入金」とは、

  • 早い時間帯(できれば午前中)に申込みが完了し、
  • その後すぐに必要書類の提出ができ、
  • その書類に不備がなく、すぐに審査を開始し、
  • 審査の結果、売掛先や売掛金に問題がなく、
  • スムーズにファクタリング契約を結び、
  • 当日中に入金を完了する。

という意味です。

この工程内のどこかが欠けていたら、即日入金できる可能性は低くなってしまうでしょう。

即日入金を可能にするためには、以下のポイントに注意することが大事。

  1. 2社間ファクタリングを選ぶ
  2. オンラインで完結する会社を選ぶ
  3. なるべく午前中に申込みをする
  4. 必要書類を事前に準備しておく
  5. 信用度の高い売掛債権を利用する

1,2社間ファクタリングを選ぶ

即日入金を希望するなら「2社間ファクタリングを選ぶ」ことは必須条件となります。

3社間ファクタリングの場合は、売掛先の関与があるため、どうしても書類の準備や審査に時間がかかり、最短でも2日はかかってしまうから。

2社間ファクタリングであれば、売掛先が関与することはなく、手続きも簡略的であるため、即日入金の可能性は高くなるでしょう。

2,オンラインで完結する会社を選ぶ

オンラインファクタリングを選ぶことも1つの手。

オンラインファクタリングは、AI審査を採用していることも多く、必要書類も少ないという特徴があります。

ファクタリング会社に来店する手間もなく、審査にかかる時間も短縮できるため、即日入金の可能性は格段にアップすると言えるでしょう。

3,なるべく午前中に申込みをする

即日入金のためには、なるべく午前中に申込みをすることも大事です。

午前中に申込みをすれば、そこから審査に少し時間がかかったとしても、時間に余裕を持つことができます。

即日入金を謳っているファクタリング会社の中には、「午前中に申込みをした場合のみ即日入金可能」としている会社もあるため、確認することをおすすめします。

4,必要書類を事前に準備しておく

即日入金のために最も重要となるのは「事前に必要書類を準備しておく」こと。

必要書類の提出がなければ、いくら早く申込みをしていても審査を開始することができません。

また、書類に不備があった際にも、不備の内容を確認するための電話や追加書類の提出を求める場合もあるため、その分入金までに時間がかかってしまいます。

ファクタリングで必要となる書類は多くなく、書類の準備にもそう手間はかかりません。

事前に必要書類を準備しておきましょう。

※オンラインファクタリングの場合は「請求書」「通帳のコピー」「決算書」の提出を求める会社が多いです。

※利用するファクタリング会社により、提出書類は多少異なるため事前に確認してください。

5,信用度の高い売掛債権を利用する

信用度の高い売掛債権を利用することも大事です。

信用度の高い売掛債権とは「売掛金の未回収リスクが低い売掛債権」のこと。

売掛金をきちんと回収することができると判断されれば、ファクタリング会社もスムーズに契約を結ぶことができるのです。

以下のような売掛債権は信用度が高いと言えます。

  • 大手企業や国、地方自治体が売掛先の売掛債権
  • 売掛金の入金期日が近い売掛債権
  • 官公庁や金融機関と取引のある売掛先の売掛債権
  • 利用会社との取引年数が長い売掛先の売掛債権

即日入金可能なファクタリングを利用する際の5つの注意点

即日で資金調達できる可能性が高く、利便性が高いと言えるファクタリング。

即日入金可能なファクタリングを利用する際には、注意すべきポイントは以下の5点です。

  1. 手数料がかかる
  2. 悪質業者に騙されないように注意する
  3. 即日表記があるからと言って必ず即日入金できるとは限らない
  4. 売掛先にファクタリングの利用が知られる可能性がある
  5. 契約書の内容をきちんと確認する

1,手数料がかかる

ファクタリングで資金調達をする場合、手数料が発生します。

即日入金を希望する場合、2社間ファクタリングを利用しますが、2社間ファクタリングの手数料相場は10%~30%、オンラインファクタリングでも1%~20%かかってしまいます。

例えば、100万円の売掛債権を買い取ってもらうとしましょう。
手数料20%の場合:100万円✕20%=20万円
手数料5%の場合:100万円✕5%=5万円
が手数料として発生します。

ファクタリングで早期に現金化する場合は、手元に入る金額が少なくなってしまうため、注意しましょう。

2,悪質業者に騙されないように注意する

ファクタリング業界には悪質業者の存在も確認されています。

ファクタリング自体には違法性はなく、法律できちんと認められているサービスです。

しかし、買取ではなく貸付業を行う「偽装ファクタリング」や、手数料の他に費用で高額請求してくるような会社があるのも事実。

悪質業者は「即日で低手数料で利用できます」と利用者の弱みにつけ込み、契約を結ばせようとしてきます。

以下のような場合は悪質業者の可能性が高いため、利用を控えるようにしましょう。

  • 担保・保証人を要求してくる(貸付契約)
  • 手数料が相場から逸脱している
  • 手数料の他の諸費用で高額請求してくる
  • 契約書がない、もしくは契約書の説明をしない
  • 契約内容の質問に対する返答が曖昧
  • とにかく契約をするよう急かされる

3,即日表記があるからと言って必ず即日入金できるとは限らない

「即日対応」「即日入金」を特徴としている会社でも、必ず即日で資金調達ができるとは限りません。

即日入金を可能にするには、上で述べた様に、「必要書類に不備がない」「審査をすぐに始められる」「信用度の高い売掛先である」等の条件があります。

必ず即日で資金調達できると思っていると、思わぬ落とし穴にはまってしまうかもしれません。

また、悪質業者は「即日入金する代わりに追加料金を請求する」等、弱みにつけ込んで金額をつり上げることもあるでしょう。

少し心に余裕を持って申込みをすることも、騙されないためには大切です。

4,売掛先にファクタリングの利用が知られる可能性がある

即日入金の場合、必然的に2社間ファクタリングが選択されます。

2社間ファクタリングは、売掛先の関与がないファクタリング方式。

そのため、基本的には売掛先にファクタリングの利用が知られることはありません。

しかし、2社間ファクタリングでも「債権譲渡登記の必要がある」契約の場合は、注意が必要となります。

債権譲渡登記とは「この売掛債権を○○に譲りました」と記録するもので、その記録は一般公開されています。

債権譲渡登記のある契約で、売掛先が登記を見た場合のみ、ファクタリングの利用が知られてしまうかもしれません。

絶対に知られたくない場合は、「債権譲渡登記のない」契約を結ぶようにしましょう。

5,契約書の内容をきちんと確認する

契約書の内容をきちんと確認することも大事です。

ファクタリングを利用して、なにかトラブルが生じた際、公的に認められるの書類は契約書だけです。

契約書の中に契約した内容が記載されているか、自分の認識とファクタリング会社の認識にズレがないか確認するのが大事。

契約書では、以下の内容を確認するようにしましょう。

  • 手数料とその他費用の総額、最終的に入金される金額
  • 入金日
  • 債権譲渡登記の有無
  • 償還請求権の有無
  • ファクタリング方式
  • 担保・保証人が設定されていないか

即日入金可能なファクタリング会社を選ぶ際の4つのポイント

即日入金可能なファクタリング会社は複数存在します。

自社にとってどのファクタリング会社を利用するのがいいのか判断するのは、意外と難しいです。

ファクタリング会社を選ぶ際には、以下の4つに気をつけるといいでしょう。

  1. 手数料はどれくらいか
  2. 必要書類はなにがあるか
  3. 会社所在地や固定電話があるかどうか
  4. 取引実績はどれくらいあるか

1,手数料はどれくらいか

利用するファクタリング会社によって、同じ売掛債権でも手数料は異なります。

仮に、手数料が高いファクタリング会社を選んでしまうと、実際手元に入る金額は少なくなります。

ファクタリング会社によって多少の審査基準も異なるため、利用時には複数社で見積もりを出してもらって比較するようにしましょう。

2,必要書類はなにがあるか

審査に必要となる書類も、ファクタリング会社によって様々。

通帳のコピーと請求書だけで良い会社もあれば、追加で商業登記謄本や決算書が必要となる会社もあります。

必要書類は、ファクタリング手数料を決めるために重要となる書類。

少なければ準備する手間は省けますが、その分精度の低い審査となり、手数料が高くなる場合もあるでしょう。

書類準備の手間と手数料負担の比率も、検討する必要があります。

3,会社所在地や固定電話があるかどうか

即日入金に対応している会社は、オンラインファクタリングを採用している会社がほとんど。

オンラインファクタリングは、低手数料で即日資金調達が可能というメリットがありますが、事務所を持たない会社も存在します。

会社所在地や固定電話がない場合は、なにかトラブルが発生した際、音信不通になったり、連絡が取りづらくなったりと問題が生じやすいのです。

また、悪質業者は所在地を公開していない、もしくは、公開していても実際に存在しない住所ということがほとんど。

トラブル回避のためにも、利用する会社が所在地や固定電話を開示しているかも、チェックするようにしましょう。

4,取引実績はどれくらいあるか

取引実績があるかどうかも、優良会社か判断する材料になるでしょう。

特に、過去に同業者との実績があるかどうかは重要です。

ファクタリング会社にも、得意な業界、あまり取引の経験のない業界が存在します。

優良会社はホームページに過去の取引事例を開示している場合も多いため、自社と同業の取引があるかどうか確認するのもいいですね。

まとめ

この記事では、来店不要で即日入金できるファクタリング会社の紹介と、ファクタリングで即日入金を可能にするための条件を説明しました。

ファクタリングで即日入金をするためには、以下のポイントに気をつけましょう。

  1. 2社間ファクタリングを選ぶ
  2. オンラインで完結する会社を選ぶ
  3. なるべく午前中に申込みをする
  4. 必要書類を事前に準備しておく
  5. 信用度の高い売掛債権を利用する

即日入金のファクタリング会社を利用する際の注意点は、以下の5つです。

  1. 手数料がかかる
  2. 悪質業者に騙されないように注意する
  3. 即日表記があるからと言って必ず即日入金できるとは限らない
  4. 売掛先にファクタリングの利用が知られる可能性がある
  5. 契約書の内容をきちんと確認する

即日入金可能なファクタリング会社を選ぶ際のポイントは以下の4つです。

  1. 手数料はどれくらいか
  2. 必要書類はなにがあるか
  3. 会社所在地や固定電話があるかどうか
  4. 取引実績はどれくらいあるか

この記事が、即日で資金調達したい方の一助になっていたら嬉しいです。

最短30分で入金!オンライン面談で安心できるSoKuMo!

私どもSoKuMoは、

  • 業界最低水準の「手数料1.0%~」
  • 業界最速の「最短30分で入金」
  • オンラインファクタリングでは珍しい「オンライン面談」
  • 売掛先に利用が知られない「債権譲渡登記のない契約」
  • 売掛金が回収できなくても安心「償還請求権のない契約」

これらを強みとし、みなさまの資金調達のお悩みを解決してきました。

特に「即日で資金調達したいけど、悪質業者に騙されないか心配」という方には、

オンライン面談で直接お話をさせていただき、安心して取引をしていただいております。

「オンライン面談で不安を解決できた」

「わからないことを聞いてから利用できたので良かった」

「初めての利用だったので、顔を見ながら契約できて安心できた」

このような嬉しい声をたくさんいただいています。

 

あなたが抱えている資金調達の悩み、SoKuMoで解決してみませんか?

その他「コラム」記事

   ©2021 即日オンラインファクタリング「SoKuMo」, Inc.