お知らせ

Message

優良ファクタリング会社の見極め方|安心取引のためのポイントを徹底紹介!優良会社15選!

2021年12月20日

売掛債権の買取サービスである「ファクタリング」。

資金調達の早さや、赤字経営や納税滞納者でも利用できる利用ハードルの低さから、中小企業や個人事業主からの利用が近年増加傾向にあります。

社会の需要に合わせ、ファクタリング会社も急増しており、現在は100を超えるファクタリング会社が存在しています。

しかし、ファクタリング業界には悪質業者の存在が認められているのも事実。

「ファクタリングって違法なの?」

「ファクタリングって怪しいサービスじゃないの?」

「安心して利用できる会社はどこだろう・・・」

ファクタリングに対してこんな悩みや疑問を抱えていませんか?

この記事では、

  • ファクタリングの仕組みと法律
  • 優良ファクタリング会社を見極めるポイント
  • ファクタリング会社を選ぶ際のチェックポイント

を徹底解説します。

最後には安心して取引できる優良ファクタリング会社の紹介もしますので、ぜひ最後までお読みください。

目次

ファクタリングと法律

「支払期日前の売掛債権を早期現金化できる」とても魅力的なサービスであるファクタリング。

しかし、ファクタリングに対して良いイメージを持たない方がいるのも事実。

ファクタリングの法的根拠と「ファクタリングは怪しい」と言われる理由を解説します。

ファクタリングは違法ではない|法的根拠を解説

結論から言うと「ファクタリングは違法ではありません」。

ファクタリングは法的根拠があり、しっかりと法律でも認められているサービスです。

法的根拠を知ることで、悪質会社からの不当な提案を見抜いたり、トラブルを未然に防いだりすることができるでしょう。

ファクタリング方式により、適用される法律が異なります。

  • 2社間ファクタリング:民法第555条「売買契約」
  • 3社間ファクタリング:民法第466条「債権の譲渡性」、民法第467条「指名債権の譲渡の対抗要件」

以下に詳細を解説します。

2社間ファクタリングの法的根拠

2社間ファクタリングは民法第555条「売買契約」が適用されます。

民法第555条「売買契約」

”売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に転移することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。”

(出典:六法全書)

つまり、2社間ファクタリングは「利用会社が持っている売掛債権を、ファクタリング会社に民法第555条を準拠として割安で売る」という仕組みになります。

法律上、2社間ファクタリングは「売掛金を受け取る権利の買取」という扱いになるのです。

3社間ファクタリングの法的根拠

3社間ファクタリングは民法第466条「債権の譲渡性」と民法第467条「指名債権の譲渡の対抗要件」が適用されます。

民法第466条「債権の譲渡性」

”1.債権は、譲り渡すことができる。ただし、その性質がこれを許さないときは、この限りではない。”

”2.前項の規定は、当事者が反対の医師を表示した場合には、適用しない。ただし、その意思表示は、善意の第三者に対抗することができない。”

(出典:六法全書)

売掛債権は利用会社とファクタリング会社の合意があれば、売掛先の承諾が必要なく、自由に売買できます。

しかし、第2項にあるように、債権譲渡は当事者間では有効ですが、売掛先や第三者に対しては有効ではありません。

ファクタリング会社が「売掛金を受け取る権利がある」ことを主張するためには、民法第467条「指名債権の譲渡の対抗要件」という手続きが必要となるのです。

民法第467条「指名債権の譲渡の対抗要件」

”1.指名債権の譲渡は、譲渡人が債務者に通知をし、または債務者が承諾をしなければ、債務者その他の第三者に対抗することができない。”

2.略

(出典:民法全書)

民法第467条では、ファクタリング会社が売掛先に対して、自身が「売掛金を受け取ることができる」ことを主張するためには、「利用会社から売掛先に対して債権譲渡の通知」または「売掛先の承諾を得ること」が必要とされています。

したがって、3社間ファクタリングによって債権譲渡を行う場合は、売掛先からファクタリングの利用の承諾を得るという工程が必須であり、売掛先が誰に対して売掛金を支払うのかを明確にしておく必要があるのです。

つまり、3社間ファクタリングは法律上「売掛金を受け取る権利の譲渡」という扱いになるのです。

「ファクタリングは怪しい」と言われるのはなぜ?

しっかりと法律でも認められているのに、なぜ「ファクタリングは怪しい」と言われてしまうのでしょうか?

それは、ファクタリングを謳って不当な貸付をする「偽装ファクタリング」が過去に多数摘発されたから。

これらの報道を元に「ファクタリングは違法」「ファクタリングは怪しいサービス」というイメージが世の中に定着してしまったのです。

検挙された偽装ファクタリングの特徴は、「貸金業登録をせずに」「違法な高金利で」取引契約をさせる手法。

偽装ファクタリングの事例

給料を担保に現金の貸付をする「給与ファクタリング」で、法外な高額手数料を徴収した男女4人が大阪府警に逮捕された事例。

給油ファクタリングと称して貸付を行い、法定金利の31~81倍にあたる利息を受け取った疑いで、「貸金業法違反(無登録営業)」と「出資法違反(高金利)」の刑に問われた。

  • 「給料」を担保にして「貸付」をしている
  • 「貸付」の場合、利息制限法が適用(金利18%を超える契約は違法)

通常のファクタリングのように契約内容が「買取」「譲渡」の場合は、貸付にならないため、手数料が高くても法律上問題はありません。

ただし、上記の事例のように「貸付」をしているにも関わらず、高額な手数料請求をする場合は違法となります。

契約を結ぶ際に、契約内容が「買取」なのか「貸付」なのかはしっかり確認することをおすすめします。

金融庁が注意喚起を行っている|給与ファクタリングには要注意!

上記のような事例が多発したことから、金融庁も注意喚起を行っています。

ファクタリングは厳密に言うと、「債権の譲渡・買取」契約。

利用会社からファクタリング会社へ売掛債権の譲渡、つまり「売掛金を受け取る権利を譲り渡す」形で取引を行っています。

ファクタリング会社は譲り受けた売掛債権を元に、売掛先へ代金を請求し、売掛金を回収するという仕組みです。

しかし、給与債権の場合は債権を譲渡することはできないため、給与ファクタリングの実質は「ファクタリング会社からの借金」と同じであると言えるでしょう。

実際、金融庁から「給与ファクタリングは貸金業」にあたると認定されており、貸金業には利息制限法が適用となります。

利息制限法とは、貸付を行う際に高金利を設定することを禁止している法律のこと。

ファクタリングであれば利息制限法の適用外となりますが、貸付業にあたる給与ファクタリングは利息制限法が適用されます。

しかし、通常のファクタリングと同等の手数料設定で取引が行われており、これはヤミ金行為に該当すると言えるのです。

給与ファクタリングは絶対に利用しないようにしましょう。

優良ファクタリング会社と悪質業者の見極め方

では、実際に数多くあるファクタリング会社から優良会社と悪質業者をどう見極めるか、見極める際のポイントを詳しく解説していきます。

悪質業者の見極めポイントは以下の4点です。

  1. 給与ファクタリングを提供していないか
  2. 所在地や固定電話が開示されているか
  3. 契約内容がおかしくないか
  4. 契約時の対応は丁寧かどうか

1,給与ファクタリングを提供していないか

まずは「給与ファクタリング」を提供していないかどうか。

先程述べたように給与ファクタリングは「ファクタリング」を謳った違法行為。

  • 売掛債権を対象としたファクタリング:売買契約
  • 給与を対象としたファクタリング:貸付業

となり、貸付業には利息制限法が適用されるため、高額手数料を設定している時点で、違法行為となります。

優良会社はもちろん、給与ファクタリングに関する金融庁の注意喚起や検挙事例を把握しているでしょう。

そのため、そもそも給与ファクタリングという商品を提供していない会社がほとんど。

給与ファクタリングを提供していない限り、違法行為にあたることはありません。

給与ファクタリングを提供しているかどうかは、ひとつ分かりやすいポイントとなるでしょう。

2,所在地や固定電話が開示されているか

優良会社であれば、会社の公式ホームページに会社の所在地や固定電話が開示されています。

なにかトラブルがあった際には、会社を訪れたり、電話ですぐ問い合わせができるため、「逃げ場がない状態」ということを開示し、利用者に安心を与えているのです。


対し、悪質業者は検挙されそうになったら廃業し、またすぐに新たな会社を立ち上げるとう手法でファクタリング業界内に存在し続けるもの。

そのため特定の事務所を持たず、電話も携帯電話で対応していることがほとんど。

携帯電話であれば、なにかあった時にすぐに解約して足が付かないようにできるからです。

また、タチの悪い悪質業者の場合、一見所在地を開示しているように見せかけて、架空の住所である場合もあります。

しっかりと情報を開示していて、なおかつその情報が正しいかどうかを確認することが大事です。

3,契約内容がおかしくないか

契約内容がおかしくないかも重要なポイント。

おかしな契約内容というのは、以下のような契約のこと。

  • 契約内容が「貸付」かつ、手数料が18%以上
  • 担保・保証人を要求される
  • 手数料は低いが、その他諸費用で高額請求される

これらに該当する場合、悪質業者である可能性が非常に高いため、利用しないことをおすすめします。

4,契約時の対応は丁寧かどうか

契約時の対応も重要な判断ポイント。

悪質業者は、とりあえず契約書に署名・捺印をもらおうと必死になります。

そのため、下記の様な対応が特徴として現れます。

  • 威圧的、横柄な態度で契約を急かしてくる
  • 契約内容の説明をせずに、署名を書かせようとする
  • 契約内容に関する質問に対しての返答が曖昧
  • 契約書を準備しない、契約書のコピーをくれない
  • 口頭修正のみで、契約書の内容は修正しない
  • 契約書の説明と実際の契約書内の内容が違う

このような場合、悪質業者と判断していいでしょう。

悪質業者に騙されないためにも、契約書の内容をきちんと確認するようにしましょう。

最適なファクタリング会社を選ぶためのチェックポイント

悪質業者を見抜いた上で、今度は優良会社の中でも自社に適したファクタリング会社を選ぶ必要があります。

「優良ファクタリング会社」と一言で言っても、その強みや特徴は会社によりさまざま。

自社の資金調達ニーズと適している会社を探すためのポイントは以下の7点です。

  1. 手数料
  2. 入金スピード
  3. 買取可能額
  4. 償還請求権の有無
  5. 運営会社や実績
  6. 手続きの簡単さ
  7. 債権譲渡登記の有無

1,手数料

同じ売掛債権の買取りでも、利用するファクタリング会社や契約方式により、手数料設定は異なります。

契約方式の違いによる手数料相場は以下の通り。

  • 2社間ファクタリング:10.0%~30.0%
  • 3社間ファクタリング:1.0%~10.0%
  • オンラインファクタリング(※):1.0%~20.0%

この相場を逸脱する場合は、悪質業者の可能性もあるため、利用しないようにしましょう。

また、安易に「手数料が安いから」という理由だけで、3社間ファクタリングを選択するのは少し危険かもしれません。

3社間ファクタリングは手数料が低い反面、売掛先にファクタリングの利用が知られてしまうため、今後の取引に影響を及ぼす可能性も・・・。

売掛先との関係性も加味した上で、慎重に選ぶようにしましょう。

(※)オンラインファクタリングとは「申込みから契約・取引完了まですべてがオンラインで完結するファクタリング」のこと。

ファクタリング会社を訪れる手間もなければ、必要書類を持参・郵送する手間もありません。

ファクタリング会社の事務所代や人件費も削減できるため、2社間ファクタリングでも1.0%からと低手数料で利用ができるという特徴も。

売掛先に利用を知られたくなく、なおかつ、手数料を抑えたい場合はオンラインファクタリングがおすすめです。

また、ファクタリング会社のホームページから無料見積もりもできるので、複数社で見積もりを出し、比較してみるのも良いでしょう。

2,入金スピード

入金スピードもファクタリング会社によりさまざま。

最短30分で入金できる会社もあれば、最短でも3営業日、1週間かかる会社もあります。

入金スピードもファクタリング方式により、影響を受けるものです。

  • 2社間ファクタリング:最短即日~3日
  • 3社間ファクタリング:最短3日~1週間
  • オンラインファクタリング:最短30分~2日

自社の資金調達は、どのくらいのスピード感が必要なのかも会社を選ぶ際には、ポイントとなるでしょう。

3,買取可能額

一般的には、100万円~1億円の買取に対応している会社が多いですが、買取可能額も会社により異なります。

個人事業主やフリーランス向けに1万円や10万円等の少額買取に対応している会社もあれば、1億円を超える高額買取に対応している会社までさまざま。

自社が抱えている売掛債権はいくらで、いくらの買取を希望するのかによっても、利用できるファクタリング会社は異なるでしょう。

4,償還請求権の有無

ファクタリングは基本的には「償還請求権のない」契約を結ぶことがほとんど。

償還請求権とは、万が一売掛先の倒産等により売掛金が回収できなくなった際に、ファクタリング会社が利用会社に弁済を求めることができる権利のこと。

この権利がない、つまり、売掛金が回収できなくなった場合でも利用者は代金を支払う必要はないのです。

しかし、稀に手数料を安くする代わりに「償還請求権のある」契約を提案してくる会社もあります。

万が一のリスクに備えて、償還請求権のない契約を結ぶことをおすすめします。

5,運営会社や実績

運営会社や実績の有無は、ファクタリング会社の信用度を測る良い指標となります。

大手企業や上場企業が運営している場合や銀行と提携している場合は、安心した取引が期待できるでしょう。

また、過去の実績も重要です。

いくら優良ファクタリング会社であっても、過去に取引をしたことのない業界では、ノウハウを活かしきることができません。

優良会社であれば、ホームページに過去の実績の紹介ページがあるため、自社と同業の実績があるかどうか確認してみてもいいでしょう。

6,手続きの簡単さ

手続きに生じる手間も、ファクタリング会社によりさまざま。

オンラインで完結する会社もあれば、対面での面談が必須となる会社もあります。

また、契約時にファクタリング会社を来店する必要がある場合や、ファクタリング会社の担当者が出張してきてくれる場合も。

必要書類もファクタリング会社により異なり、商業登記謄本や印鑑証明書など取得にやや手間がかかる書類の提出を求められる会社もあります。

経営をする中でファクタリング契約のためにわざわざ時間を作れない、書類の準備をする時間がないという方は、手続きが簡単かつ提出書類の少ないオンラインファクタリングがおすすめです。

7,債権譲渡登記の有無

債権譲渡登記の有無も重要となるでしょう。

債権譲渡登記とは「この売掛債権を○○に譲りました」と法的に登記するもので、登記には8万円~10万円程度の登記費用がかかります。

二重債権などのトラブル回避のために債権譲渡登記を必須としている会社もあります。

債権譲渡登記は一般に公開されている記録であるため、売掛先がそれを確認した場合は、2社間ファクタリングでも利用を知られてしまう可能性も。

絶対にファクタリングの利用を知られたくない場合は、「2社間ファクタリング」かつ「債権譲渡のない」契約を結ぶことをおすすめします。

安心して取引できる優良ファクタリング会社15選

ここからは、実際に安心して取引のできる優良ファクタリング会社を15社紹介します。

SoKuMo|オンライン面談で安心取引ができる

SoKuMoは2021年設立の若い会社ですが、業界最速の最短30分での入金や、オンライン面談を用いた安心取引ができるという強みがあります。

買取金額は10万円~1億円と小口債権から比較的大口な債権にも対応しているという特徴も。

申込みから契約・取引完了まで完全オンラインで完結するオンラインファクタリングを採用しているため、業界最低水準の手数料1.0%からの利用も可能です。

オンラインファクタリングはAI審査を用いていることが多く、やや厳しめの審査になりやすく、手数料も高い傾向に。

しかし、SoKuMoはオンライン面談で利用者様と顔を合わせた会話や相談を行うことで、より精度の高い審査が可能、手数料をかなり低く抑えられる可能性が高いです。

対象 法人・個人事業主
手数料 1.0%~15.0%
入金スピード 最短30分
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要(オンラインファクタリング)
※必要に応じてオンライン面談への対応可能
買取可能額 10万円~1億円
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記の有無 なし
必要書類 決算書(個人事業主は申告書)
銀行口座のコピー
請求書

OLTA|主要な金融機関と提携していて安心!

OLTAは、業界トップの銀行10社と共同事業の提携しており、信頼度が高いファクタリング会社です。

OLTAの強みは、審査から入金まで全行程がネットで完結するという点。

AI審査を採用しており、必要書類をアップロードすると24時間以内に審査結果が出るため、全国どこにいても素早い資金調達ができるという特徴があります。

手数料も2~9%と明確に明示されており、手数料上限の9.0%はファクタリング業界最低水準となっています。

日本マーケティングリサーチ機構のデータによると、2021年6月期には「中小企業経営者・個人事業主が選ぶオンライン型ファクタリング」でNo.1を獲得しており、実績はファクタリング業界トップクラスと言って良いでしょう。

対象 法人・個人事業主
手数料 2.0%~9.0%
入金スピード 最短24時間
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要(オンラインファクタリング)
買取可能額 制限なし
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記の有無 明記なし
必要書類 本人確認書類(免許証、パスポート、マイナンバーカード)
請求書
すべての事業用銀行口座の普通預金・当座預金の直近4ヶ月分の入出金明細(通帳)
昨年度の決算書(個人事業主の場合は確定申告書 ※決算を迎えていない場合不要)

No.1|様々なプランで資金繰りを支援

株式会社No.1は、資金繰りに関する事業者の悩みを解決することを第一に、ファクタリングを展開している会社です。

本社は東京にありますが、名古屋、福岡に支店があり、来店不要・全国出張対応可能であるため、ファクタリング会社を訪れる時間のない利用者様に重宝されています。

利用者の状況に合わせて「建設業特化型プラン」「乗り換え特化型プラン」「個人事業主特化型プラン」「フリーランス特化型プラン」「オンライン特化型プラン(Easy factor)」の5つのプランから利用することができるという特徴も。

審査通過率は90%以上と審査にも通り易い上に、コンサルティング事業にも力を入れているため、資金調達に悩まれている方は相談してみるのをおすすめします。

対象 法人・個人事業主
手数料 2社間ファクタリング:5.0%~15.0%
3社間ファクタリング:1.0%~5.0%
乗り換え特化型プラン:1.0%~15.0%
個人事業主特化型プラン:1.0%~15.0%
フリーランス特化型プラン:1.0%~15.0%
オンライン特化型プラン:2.0%~8.0%
入金スピード 乗り換え特化型プラン:最短60分
個人事業主特化型プラン:最短60分
フリーランス特化型プラン:最短30分
オンライン特化型プラン:最短60分
ファクタリング方式 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
面談の有無 出張対応
※オンライン特化型プラン(Easy factorならオンライン完結)
買取可能額 乗り換え特化型プラン:30万円~5,000万円
その他:10万円~5,000万円
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記の有無 明記なし
必要書類 通帳のコピー
直近の決算書
請求書、発注書、納品書

ビートレーディング|業界トップクラスの取扱件数!

ビートレーディングは、2012年からファクタリングサービスを提供しており、月間契約数400件、累計取扱高638億円と、ファクタリング業界トップクラスの取扱件数がある会社です。

ビートレーディングの強みは、審査通過率98%と利用希望者のほとんどがファクタリングで資金調達ができるという点。

また、「注文書ファクタリング」も行っており、売掛先から案件を受注した段階で、資金調達ができるという特徴があります。(この場合、買取可能額は100万円~3億円)

買取金額の上下限設定もなく、10万円~7億円の買取実績があり、業界最高額の買取実績なのも強みと言えるでしょう。

対象 法人・個人事業主
手数料 2社間ファクタリング:5.0%~
3社間ファクタリング:2.0%~
入金スピード 最短12時間
ファクタリング方式 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
面談の有無 来店もしくは訪問にて実施
買取可能額 制限なし
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記の有無 必要な場合もあり
必要書類 申込書
成因証明(請求書)
通帳のコピー

Accel Factor|顧客満足度No.1!

アクセルファクターは、「顧客満足度No.1」「業界トップクラスの資金調達速度」を強みにしている会社です。

アクセルファクターは「原則即日入金」をモットーとしており、実際5割以上が即日入金での利用実績もあるため、審査は比較的通りやすい会社と言えるでしょう。

しかし、手数料の上限が20.0%とやや高めの設定となっているため、利用時には確認することをおすすめします。

オンライン契約、出張契約、郵送契約が可能であり、利用者の都合により対応を変更できる点も強みの1つです。

対象 法人・個人事業主
手数料 2.0%~20.0%
入金スピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要(オンラインファクタリング)、訪問も可能
買取可能額 30万円~1億円
償還請求権の有無 明記なし
債権譲渡登記の有無 明記なし
必要書類 申込用紙
請求書or見積書
通帳
決算報告書
身分証明書
印鑑証明書

Best Factor|平均買取率92.2%!

Best Factorは、2社間ファクタリングに特化し、電話・オンライン・出張での申込みを選ぶことが可能なファクタリング会社です。

平均買取率は92.2%と高く、起業して間もない方でも売掛金さえあれば基本的に利用可能という点が強み。

また、即日振込実行率が77.8%と高いため、即日で入金してもらえる可能性も高いです。

対面での面談が必須なのがやや面倒ですが、来店のみでなく訪問での面談も可能なので、利用者の都合に合わせた対応をしてくれます。(対面必須なので、遠方の方の即日入金は難しいかもしれないです。)

しかし、手数料の上限は20%と他社よりも高い設定となっているため、利用時には注意が必要となるでしょう。

対象 法人・個人事業主
手数料 2.0%~20.0%
入金スピード 最短即日~3営業日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 対面必須(来店もしくは訪問)
買取可能額 30万円~1億円
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記の有無 明記なし
必要書類 身分証明書
請求書
入出金の通帳(WEB通帳)
見積書

トップ・マネジメント|業種別ファクタリングで高い専門性

トップマネジメントは2009年に設立、10年以上にわたってサービス展開しており、累計買取額100億円、45,000件を超える取引実績を誇るファクタリング会社です。

業種別ファクタリングで、各業種に強い専門スタッフが対応してくれる点が強み。

コンサルティング業も行っており、様々な業界の資金調達をサポートしてきたため、利用会社にとって最適な資金繰りを提案してくれるでしょう。

手数料上限も12.5%と比較的低いため、安心した取引ができるでしょう。

対象 法人・個人事業主
手数料 3.5%~12.5%
※助成金との同時申込みを行う「ゼロファク」利用時は、最大10%優遇措置
入金スピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
面談の有無 オンライン面談必須
買取可能額 30万円~3億円(1社1億円まで)
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記の有無 あり
必要書類 決算書、試算表
過去・直近の取引入金が確認できる書類
取引先との基本契約書
成因資料 (発注書・納品書・請求書)

ファクタリングのTRY|スタッフ全員ファクタリング業界出身

ファクタリングのTRYは、ファクタリング業界では珍しい24時間営業している会社です。

ファクタリングのTRYの強みは、スタッフ全員がファクタリング業界出身のプロフェッショナルという点。

「銀行反映が翌日になってしまって困る…」という場合には、手渡しの対応をしてくれるなど対応力が高く、可能な限り利用者の希望に答えてくれれるという特徴も。

対象 法人・個人事業主
手数料 5.0%~20.0%
入金スピード 最短即日~3営業日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
面談の有無 対面での面談必須(来店もしくは訪問)
買取可能額 10万円~5,000万円
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記の有無 なし
必要書類 請求書
発注書/契約書(基本契約書、請負契約書、業務委託契約書)
3ヶ月分の通帳のコピー
身分証明書
決算報告書(法人のみ)
代表者の実印と法人印
印鑑証明書(法人のみ)

日本中小企業金融サポート機構|非営利団体が運営してて安心

日本中小企業金融サポート機構は、他のファクタリング会社とは異なり、非営利団体が運営するファクタリング会社です。

日本中小企業金融サポート機構の強みは、非営利団体が運営しているため安心・安全に利用ができるという点。

コンサルティング業も行っているため、資金繰りの悩み相談をしたり、自社に適した資金調達方法を提案してもらえるでしょう。

しかし、他のファクタリング会社よりも審査はやや厳しめであり、書類提出も郵送のみなので、即日入金を希望する方には不向きです。

対象 法人・個人事業主
手数料 1.5%~10.0%
入金スピード 最短即日~3営業日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
面談の有無 不要
買取可能額 上限なし
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記の有無 なし
必要書類 身分証明書
請求書・契約書
3ヶ月分の通帳のコピー
確定申告書
申込書

MSFJ|4つのプラン展開で資金調達を支援

MSFJは、MSFJ株式会社が運営するファクタリング会社です。

MSFJは、「クイックファクタリング」「プレミアムファクタリング」「個人事業主様専用ファクタリング」「フリーランス様専用ファクタリング」の4つのプランを提供しているという特徴があります。

そのため、利用者のニーズに合わせたファクタリングの提案が可能という点が強み。

対象 法人・個人事業主
手数料 クイックファクタリング:3.8%~9.8%
プレミアムファクタリング:1.8%~6.8%
個人事業主様専用ファクタリング:3.8%~9.8%
フリーランス様向けファクタリング:3.0%~10.0%
入金スピード クイックプラン:最短45分
フリーランス様向けファクタリング:最短60分
その他:最短即日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
面談の有無 個人事業主様専用ファクタリング、フリーランス様向けファクタリングは不要
その他は来店もしくは訪問の面談必要
買取可能額 クイックプラン:30万円~300万円
プレミアムファクタリング:30万円~5,000万円
個人事業主様専用ファクタリング:10万円~500万円
フリーランス様向けファクタリング:10万円~1,000万円
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記の有無 明記なし
必要書類 身分証明書
通帳のコピー
請求書
法人の場合、+発注書

GMO BtoB早払い|注文書買取、譲渡禁止の債権買取も実行!

GMO BtoB早払いは、GMOグループの一部上場企業GMOペイメントゲートウェイ株式会社が運営する会社です。

ファクタリング業界では珍しい「注文書買取」と「譲渡禁止の債権買取」を行っているため、利用者の希望に沿った利用ができる可能性が高いです。

対象は法人のみですが、契約前にオンラインでの面談も可能であるため、疑問点や不安点を解消して納得した取り引きが可能となっています。

入金スピードは最短でも2営業日かかるため、早急な資金調達を希望している場合は不向きです。

対象 法人のみ
手数料 1.0%~10.0%
入金スピード 最短2営業日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要(オンラインファクタリング)
※必要に応じてオンライン面談可能
買取可能額 100万円~1億円
償還請求権の有無 明記なし
債権譲渡登記の有無 なし
必要書類 2期分の決算書と試算表
取引基本契約書
見積書、発注書、請求書・納品確認書(検収書)

FReeNANCe|フリーランスに特化!無料で補償がつく!

FReeNANCeは、上場企業であるGMOグループの「GMOクリエイターズネットワーク」が提供する、フリーランスに特化したファクタリング会社です。

他のファクタリング会社との最大の違いは、売掛金の入金先をフリーナンス専用口座にしていると、「フリーナンスあんしん補償」という補償が無料で付与される点です。

業務が原因で生じた事故や、業務中の過失で生じた賠償の責任を補償してくれるというもので、会社の保険のないフリーランスや個人事業主には心強いサービスと言えるでしょう。

最短即日の入金が可能、手数料も3.0%~10.0%と比較的安く利用ができる点も強みとなっています。

対象 フリーランス・個人事業主
手数料 3.0%~10.0%
入金スピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要(オンラインファクタリング)
買取可能額 1万円~
償還請求権の有無 明記なし
債権譲渡登記の有無 なし
必要書類 身分証明書
住所の確認できる書類
請求書(送付・受領済みの確認ができるもの)
通帳のコピー

nugget|個人事業主に特化!手数料は一律10.0%!

nuggetは、東証一部上場企業の株式会社セレスが運営している個人事業主特化型のファクタリング会社です。

非常に新しい会社ですが、シンプルな料金体系と手早い入金スピードで、人気が上昇しています。

nuggetの強みは、平日13時までに申込みを完了すれば即日で入金が行われるという点。

ただし、請求書以外に契約書や請求確認メール等のエビデンスを提出できない場合、売掛先に債権譲渡の通知がいってしまうため、利用時には注意が必要です。

対象 個人事業主のみ
手数料 一律10.0%
入金スピード 最短60分
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要(オンラインファクタリング)
買取可能額 1万円~
償還請求権の有無 明記なし
債権譲渡登記の有無 なし
必要書類 請求書
請求確認メールの履歴
本人確認書類

ウィット|お客様満足度94%!少額ファクタリング専用!

ウィットは、お客様満足度94%を誇る少額買取に強いファクタリング会社です。

開業したばかりの方や開業届を出していない方も利用が可能という点が強み。

また、資金調達に関するコンサルティングを無料で行っているため、資金繰りに悩まれている利用者は相談してみるのもいいでしょう。

ただし、手数料は11.0%~17.0%と比較的高い設定であるため、利用時には注意が必要です。

対象 法人・個人事業主
手数料 11.0%~17.0%
入金スピード 最短2時間
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談の有無 不要(オンラインファクタリング)
買取可能額 30万円~500万円
償還請求権の有無 明記なし
債権譲渡登記の有無 明記なし
必要書類 会社の説明資料
身分証明書
請求書
通帳のコピー

ファクタリングZERO|コンサルティング視点で資金調達を支援

ファクタリングZEROは、元々コンサルティング業をメインの業務とし、事業を行っていた会社です。

様々な業界の資金繰りの悩みを聞く中、ファクタリング業務にも参入してきたという経緯があるため、資金繰り改善のためのコンサルティングも行ってもらえる点が特徴。

審査通過率96%と、起業間もない方や個人事業主・フリーランス等、他社に断られた場合でも審査通過しやすいという強みがあります。

対象 法人・個人事業主
手数料 1.5%~10.0%
入金スピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
面談の有無 不要(オンラインファクタリング)
買取可能額 20万円~5,000万円
償還請求権の有無 明記なし
債権譲渡登記の有無 なし
必要書類 身分証明書
請求書
入出金の通帳

まとめ|悪質業者を見極めて安心したファクタリングを行おう!

この記事では、ファクタリングの法的根拠から、悪質業者を見極めるポイント、自社に適したファクタリング会社の選び方を解説しました。

悪質業者を見極めるポイントは以下の4点です。

  1. 給与ファクタリングを提供していないか
  2. 所在地や固定電話が開示されているか
  3. 契約内容がおかしくないか
  4. 契約時の対応は丁寧かどうか

自社に適したファクタリング会社を選ぶポイントは以下の7点です。

  1. 手数料
  2. 入金スピード
  3. 買取可能額
  4. 償還請求権の有無
  5. 運営会社や実績
  6. 手続きの簡単さ
  7. 債権譲渡登記の有無

安心してファクタリング取引ができる一助になっていたら嬉しいです。

オンライン面談で安心取引できるSoKuMo

私どもSoKuMoは様々な方の資金繰りの改善をお手伝いしてきました。

初めてファクタリングを利用される方は、

「手数料が高くてなかなか利用に踏み切れない」

「本当に誰にもバレないで利用できますか?」

「騙されないか心配です」

など、ファクタリングを利用するにあたって多くの不安を抱えていました。

私どもSoKuMoは、

  • 業界最速の最短30分入金
  • 利用が知られない「2社間ファクタリング」かつ「債権譲渡登記なし」
  • 契約前に不安を解消できる「オンライン面談に対応」
  • 業界最低水準の手数料1.0%~利用可能

これら4点を強みに、資金調達のお手伝いをさせていただいています。

あなたのその資金調達、SoKuMoにお手伝いさせていただけませんか?

その他「コラム」記事

   ©2021 即日オンラインファクタリング「SoKuMo」, Inc.