お知らせ

Message

ファクタリングの「オンライン契約」とは?手続の流れや安全性も解説

2023年5月17日

対面手続不要な「オンラインファクタリング」は、契約などの際に対面手続を必要とした従来のサービスよりも短時間での資金調達を可能とし、手数料面でも安くなる期待が大きい、利用価値の高いサービスです。
しかし契約手続までもがオンライン上で行えることに、便利さ以上に安全性に不安を感じてしまうこともあるかも知れません。
本稿ではファクタリング利用時にオンライン上での契約手続を行う流れや、利用する際の注意点などについて解説させていただきます。

目次

オンライン上で契約手続が行えるファクタリング会社が増加中

オンラインファクタリングとは、申込だけでなく書類提出や契約手続までもがオンライン上で行え、来店不要で債権の現金化が完結可能なサービスです。
オンライン完結によって利用者側の手続に必要な負担が減り、さらには1時間を切る早さでの資金調達も可能となりました。
現在ではオンラインファクタリングが利用可能なファクタリング会社が増加中ですが、その大きな要因の1つが「電子契約」の普及であることは間違いありません。

電子契約とは?

従来の契約手続では、紙の書面に対して自筆でサインや捺印を行う「書面契約」が一般的でした。
これに対して電子契約では紙の書面自体が存在せず、電子データを用いて「電子サイン」や「電子署名」をオンライン上で行ないます。

電子契約はリモートワークが急激に増加する原因ともなったコロナ禍において、大きく利用実績を増加させ、現在では数多くの企業に活用されています。
また「電子帳簿保存法」や「電子署名法」、「電子契約法」などが遵守されていれば法的にも問題なく利用でき、法的な効力に関してもしっかりと備えることが可能となります。

電子契約を利用するメリット

・契約完了までの時間短縮
・手続の簡略化
・コスト削減

オンラインファクタリング利用時など、債権売買に関しての契約手続で電子契約を利用した場合には、上記したようなメリットが得られます。
来店や郵送が不要なオンラインファクタリングでは、契約を行うために店舗に出向く必要がなく、郵送も使わずに手続が進められます。
またオンライン上でのデータのやり取りは一瞬で完了できるため、急いでファクタリングを利用したいという状況にも役立ちます。
このように、電子契約には資金調達完了までの時間短縮や手間を減らす効果が期待できるのです。

また電子契約を利用することで移動費や郵送費が削減できるだけでなく、印紙税が非課税になり書面の管理・監査に関するコストも減らすことが可能となります。
書面契約と比較して、70%から80%のコスト削減が可能と言われており、ファクタリング利用時の費用を少しでも減らしたいという経営者様の希望にも、電子契約は適していると言えます。

電子契約を利用するデメリット

ファクタリングを利用する際にも電子契約は大きなメリットを与えてくれますが、「データのみで書面が存在しない」ことは、サイバー攻撃によってデータ失われる危険があるなどデメリットになる可能性はあります。
しかしファクタリングを利用する中心である、中小企業や個人事業主を標的としたサイバー攻撃のリスクはそれほど高くはありません。
また電子契約を利用する際のデメリットとも言われている、取引先との調整の難しさなどは、ファクタリング利用時には当てはまりません。

オンライン上での契約(電子契約)の流れ

電子契約と聞くと何となく敷居が高いとイメージされるかも知れませんが、オンラインファクタリングを利用する際の電子契約の流れ自体に、それほど難しい点はありません。
特に契約書に対しての承認を行う側となる、債権売却の申込を行なった企業様にとっては、思った以上に手続が容易に完了したと感じるはずです。
ここからは、オンラインファクタリングを利用する際の電子契約の流れを簡単に説明させていただきます。

①契約書の作成(ファクタリング会社)

ファクタリング会社が契約内容などを記載した契約書の電子データを作成し、使用する電子契約サービスへアップロードします。
PDFが使用されるのが一般的であり、アップロードが完了した後に、ファクタリングによる資金調達を行う企業に対して、電子契約書へアクセスするためのURLが送信されるなどして通知が行われます。

②電子契約書への承諾(利用者)

アップロードされた電子契約書の内容を確認し、問題がなければ承諾手続へと進みます。
単に承諾ボタンを押すだけで済む場合もありますが、承諾の方法はファクタリング会社が採用した電子契約サービスによって異なります。
また簡易的な署名方法である電子サインの場合もあれば、電子サインだけでなく電子証明書が発行され法的にも強い効力を持つ電子署名により契約が行われる場合もあり、契約方法によって法的効力に違いが発生する点にご注意ください。
電子署名にタイムスタンプも付与されることで、法的効力はより強まります。

③契約締結・保管(ファクタリング会社・利用者)

債権の買取申込を希望した企業が、電子契約書に記載された契約内容についての承諾手続を完了させた時点で、契約は締結されたことになります。
そしてファクタリング会社が契約締結を確認した後、債権買取が実行され現金が振り込まれます。
契約書は電子データとして存在するため保管のスペースなどは不要となりますが、電子帳簿保存法に適した方法で正しく管理することが重要です。
またもしもに備えてデータのバックアップを取っておくことも有効です。

ファクタリングでオンライン契約を行う際の注意点

電子契約は法的にも利用が認められており、ファクタリングによって債権を現金化する際にも、資金調達に必要な時間の短縮やコスト削減などが期待できます。
しかし電子契約を利用する際にも、注意点は存在しています。
安心安全に、そして便利に電子契約を活用するためにも、以下の注意点を意識していただければ幸いです。

採用されている電子契約サービスの安全性を確認

債権を売却する際には、ファクタリング会社の安全性をしっかりと見抜くことが大切です。
電子契約を行う際にも同様であり、申込みを検討しているファクタリング会社が採用している電子契約サービスの安全性が高いかを確認しておく必要があります。

大半のファクタリング会社では電子契約大手のサービスを採用しているはずですが、オンライン上でも情報があまり確認できないような場所が採用されている場合には、安全性に疑問を持つべきかも知れません。
また可能であれば手続に関する情報も調べておき、使いやすいサービスかも確認しておくとより安心であり、スムーズに契約手続が進めやすくなります。

契約内容は納得できるまで確認する

電子契約か書面契約かに関わらず契約内容はしっかりと読み込み、疑問があれば確認を行ない、納得した上で承諾しなくてはなりません。
しかし対面での手続きと違い、電子契約の場合は契約内容を正しく理解せず手続を完了してしまうリスクが多少なりとも高まります。

電子データとしてアップロードされた契約書類を読み込まずに手続を進めてしまうと、後からのトラブルの元となりかねません。
事前に聞いていた条件と違っていたとしても、承諾してしまってからでは対処が難しくなります。
電子契約を行う際には対面での手続以上に慎重に内容を確認し、些細な疑問でも問い合わせを行うことが大切です。

「SoKuMo」のオンラインファクタリングはスピード抜群で手数料も安心

弊社ファクタリングの「SoKuMo」は、オンライン対応に特化したサービスも提供しており、電子契約によるオンラインファクタリングも利用していただけます。
最短であれば申込手続完了後「30分」というスピード振り込みにも対応可能です。
さらに手数料は業界最安水準となる「1%〜15%」となっており、債権譲渡登記の留保も可能です。
他社からの乗換えも大歓迎ですので、ファクタリングによる資金調達をご検討中であれば、ぜひ一度ご相談ください。

電子契約サービス大手の「クラウドサイン」を採用

「SoKuMo」は電子契約サービス大手の「クラウドサイン」を採用しています。
クラウドサインは国内の売上シェアだけでなく、導入している自治体の数でも電子契約No.1を誇る、安心して利用していただける電子契約サービスです。
導入社数は130万件を超えており、大手企業や官公庁、金融機関も採用していることから、安全性の高さも保証されています。
初めて電子契約を利用するという企業様も、クラウドサインならば安心してご利用していただけるはずです。

『ファクタリングの「オンライン契約」とは?』まとめ

・電子契約を活用したオンラインファクタリングは手続の負担も小さく、短時間での資金調達が実現可能
・電子署名、電子サイン、タイムスタンプの有無などによって法的効力の強さが変わる点に注意が必要
・安心感の高い大手電子契約サービスを採用しているファクタリング会社がおすすめ

オンライン上で手続きが完結可能なオンラインファクタリングでは、電子契約サービスが多く活用されています。
電子契約サービスの利用は短時間での債権現金化を可能とするだけでなく、手続の負担を少なくし契約手続に必要なコストも大幅に削減できるなど、利用者側にとって大きなメリットとなります。
ただし電子署名などの契約方法によって法的効力は変わるため、申込みを検討しているファクタリング会社が採用している電子契約サービスについても多少調べておくか、大手電子契約サービスを採用しているファクタリング会社を選ぶと安心感が高まります。

その他「コラム」記事

   ©2021 即日オンラインファクタリング「SoKuMo」, Inc.