お知らせ

Message

【保存版】手数料の安いファクタリング会社7選!ファクタリングの手数料を抑えるポイントも徹底解説!

2021年11月23日

手早い現金化と利用ハードルが低い点が魅力と言えるファクタリング。

ファクタリングを利用して資金調達をする際、1番ネックになるのは「手数料の高さ」ではないでしょうか?

 

「手数料が高くて利用に踏み込めない・・・」

「もう少し手数料が低ければ嬉しいんですけど・・・」

「会社によって手数料が違うから、どこが良いのか分からなくなってしまう」

私どもSoKuMoに相談に来られる方も、このように手数料に関する悩みを抱える方がほとんど。

ファクタリングは利息制限法が適用されないため、各ファクタリング会社に手数料の設定は一任されています。

手数料相場はあるものの、1%~30%と幅が広いのも事実。

 

そこで、この記事では、

  • 手数料が安いおすすめファクタリング会社の紹介
  • 手数料を決める因子
  • 手数料を安く抑えるためのポイント

を解説します。

この記事を読むことで、無駄な手数料を払うことなく、納得のいく資金調達ができるようになるでしょう。

ぜひ最後までお読みください。

目次

手数料が安いおすすめファクタリング会社7選

手数料が安いおすすめのファクタリング会社を7社紹介します。

1,SoKuMo|業界最速最短30分で資金調達可能

SoKuMoは買取金額は10万円~1億円、最短30分で入金可能、手数料1.0%~15.0%と低手数料かつファクタリング業界最速での資金調達が可能な会社。

業界最低水準の手数料1.0%からの利用が可能であり、利用者によってはかなり手数料を抑えた利用ができます。

また、オンラインファクタリングを採用しているため迅速な対応が可能です。

オンラインファクタリングでは珍しいオンライン面談を実施していることも強みの1つ。

契約前に疑問点や不安点を直接担当者に聞くことができるので、安心した取引が可能となっています。

初めてファクタリングを利用する方には、特におすすめ。

債権譲渡登記の必要もないため手数料以外の諸費用がかからないという点も強みと言えます。

対象 法人・個人事業主
手数料 1.0%~15.0%
入金スピード 最短30分
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談 不要(オンラインファクタリング)
必要に応じてオンライン面談の対応可能
買取金額 10万円~1億円
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記の有無 なし
必要書類 決算書(個人事業主は申告書)、銀行口座のコピー、請求書

2,QuQuMo|必要書類が少ないのが魅力的

QuQuMoは最短2時間での入金が可能、手数料も1.0%~と手数料が比較的安く利用可能なファクタリング会社。

業界最低水準の手数料1.0%~利用が可能ですが、手数料上限が明記されていないため、利用時には確認が必要です。

QuQuMoの最大の強みは、必要書類が「通帳のコピー」と「請求書」の2つで済むという点にあると言えるでしょう。

他のファクタリング会社では決算書や登記簿謄本、印鑑証明書等の書類含め4~6種類の書類が必要となってきます。

早急に資金調達をしたい場合に、準備する書類が少なくて済むのは強みと言えますね。

対象 法人・個人事業主
手数料 1.0%~
入金スピード 最短2時間
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談 不要(オンラインファクタリング)
買取金額 上限・下限なし
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記の有無 明記なし
必要書類 通帳のコピー、請求書

3,OLTA|主要な金融機関と提携していて安心!

OLTAは最短即日入金で、手数料も2.0%~9.0%と比較的低く利用ができる会社。

特に手数料の上限9.0%は、ファクタリング業界内でもトップレベルの最低上限となっています。

また、新生銀行やみずほ銀行等の主要な金融機関とも提携しており、安心した取り引きができることも、OLTAの強みと言えるでしょう。

買取金額に関しては上下限設定はなく、10万円~500万円の買取り実績があるため、利用者の希望に合わせた資金調達が可能。

日本マーケティングリサーチ機構のデータによると、2021年6月期には「中小企業経営者・個人事業主が選ぶオンライン型ファクタリング」でNo.1を獲得しており、実績はファクタリング業界トップクラスと言って良いでしょう。

対象 法人・個人事業主
手数料 2.0%~9.0%
入金スピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談 不要(オンラインファクタリング)
買取金額 上限・下限なし
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記の有無 明記なし
必要書類 本人確認書類(免許証、パスポート等)、請求書、
すべての事業用銀行口座の普通預金・当座預金の直近4ヶ月分の入出金明細(通帳)、
昨年度の決算書(個人事業主の場合は確定申告書)

4,No.1|建設業に特化!

No.1は、「建設業に特化したファクタリングサービス」という独自の強みがあるファクタリング会社。

本社は東京にありますが、名古屋、福岡に支店があり、来店不要・全国出張対応可能であるため、ファクタリング会社を訪れる時間のない利用者様に重宝されています。

最短即日での入金が可能、手数料も1.0%~15.0%と比較的安く抑えての利用が可能。

審査通過率は90%以上と審査にも通りやすく、資金繰り改善のためのコンサルティングも実施しているため、資金繰りに悩まれている方は相談してみてください。

対象 法人・個人事業主
手数料 2社間ファクタリング:5.0%~15.0%
3社間ファクタリング:1.0%~5.0%
入金スピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
面談 出張対応
買取金額 50万円~5000万円
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記の有無 明記なし
必要書類 通帳のコピー、直近の決算書、請求書、発注書、納品書

5,Accel Factor|顧客満足度No.1!

アクセルファクターは、「顧客満足度No.1」「業界トップクラスの資金調達速度」を強みにしている会社。

最短即日入金、手数料2.0%~20.0%、30万円から利用が可能となっています。

5割以上が即日入金での利用ができており、審査は比較的通りやすい会社と言えるでしょう。

しかし、手数料の上限が20.0%とやや高めの設定となっているため、利用時には確認することをおすすめします。

オンライン契約、出張契約、郵送契約が可能であり、利用者の都合により対応を変更できる点も強みの1つです。

対象 法人・個人事業主
手数料 2.0%~20.0%
入金スピード 最短即日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談 不要(オンラインファクタリング、訪問も可能)
買取金額 30万円~1億円
償還請求権の有無 明記なし
債権譲渡登記の有無 明記なし
必要書類 申込用紙、請求書、通帳

6,Best Factor|平均買取率92.2%!

Best Factorは30万円~利用が可能、柔軟な審査で有名なファクタリング会社。

平均買取率は92.2%と高く、起業して間もない方でも売掛金さえあれば基本的に利用可能という点が強みと言えるでしょう。

また、即日振込実行率が77.8%と高いため、即日で入金してもらえる可能性も高いです。

対面での面談が必須なのがやや面倒ですが、来店のみでなく訪問での面談も可能なので、利用者の都合に合わせた対応をしてくれます。

しかし、手数料の上限は20%と他社よりも高い設定となっているため、利用時には注意してください。

対象 法人・個人事業主
手数料 2.0%~20.0%
入金スピード 最短即日~3営業日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談 対面(来店もしくは訪問)
買取金額 30万円~1億円
償還請求権の有無 なし
債権譲渡登記の有無 明記なし
必要書類 身分証明書、請求書、入出金の通帳(WEB通帳)、見積書

7,GMO BtoB早払い|注文書買取、譲渡禁止の債権買取も実行!

GMO BtoB早払いは最短2営業日で入金可能、手数料1.0%~10.0%と比較的安く利用可能なファクタリング会社

東証一部上場企業が運営しているため、安心した取り引きが可能と言えるでしょう。

また、ファクタリング業界では珍しい「
注文書買取」と「譲渡禁止の債権買取」も行っているため、利用者の希望に沿った利用ができる可能性も高いです。

対象は法人のみですが、契約前にオンラインでの面談もできるため、疑問点や不安点を解消して納得した取り引きができることでしょう。

対象 法人のみ
手数料 1.0%~10.0%
入金スピード 最短2営業日
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
面談 不要(必要に応じて対面・オンライン面談可能)
買取金額 100万円~1億円
償還請求権の有無 明記なし
債権譲渡登記の有無 なし
必要書類 2期分の決算書と試算表、取引基本契約書、見積書、
発注書、請求書・納品確認書(検収書)

ファクタリングの手数料の相場

ファクタリングは「売掛債権の買取サービス」であるため、貸付業の「利息制限法」が適用されません。

利息制限法とは、貸付をする際の法外な利息請求を防止するための法律であり、利息上限が決められています。

しかし、ファクタリングは利息制限法が適用されないため、ファクタリング手数料の設定は各会社に一任されています。

極端な話、ファクタリングでは手数料80%としても違法にはなりません。

こう言われると「手数料を高く設定されて、損するのではないか」と思う方もいるでしょう。

でも、安心してください。

ファクタリング手数料にも、相場が設けられています。

下記で説明する相場よりも、極端に安い、極端に高い場合は悪質業者である可能性が高いので、注意してください。

2社間ファクタリングの手数料相場

2社間ファクタリングの手数料相場は「売掛債権の10.0%~30.0%」。

手数料20%の2社間ファクタリングで、100万円の売掛債権を売却する場合、
手数料=100万円✕20%=20万円となります。
➡ この場合、ファクタリングで資金調達できる金額は、
100万円-手数料20万円=80万円となるのです。

2社間ファクタリングは、売掛先が全く関与せず、「利用者とファクタリング会社の2社間で契約を結ぶ方式」です。

売掛先から売掛金が利用者へ入金され、その後利用者がファクタリング会社へ売掛金の支払いをするという流れとなります。

 

一旦利用者の手元に売掛金が入金されるという仕組み上、持ち逃げ等による「売掛金の未回収リスク」が高くなると言えるでしょう。

そのため、ファクタリング会社はリスク回避のために手数料を高く設定せざるを得ないのです。

3社間ファクタリングの手数料相場

3社間ファクタリングの手数料相場は「売掛債権の1.0%~10%」。

手数料5%の3社間ファクタリングで、100万円の売掛債権を売却する場合、
手数料=100万円✕5%=5万円となります。
➡ この場合、ファクタリングで資金調達できる金額は、
100万円-5万円=95万円となるのです。

こう見ると、3社間ファクタリングは、2社間ファクタリングよりもお得なファクタリング方式だと感じませんか?

3社間ファクタリングは、「売掛先からファクタリング利用の承諾を得る必要がある」ファクタリング方式。

つまり、利用者と売掛先とファクタリング会社の3社間で契約を結ぶ方式なのです。

売掛金は売掛先から直接ファクタリング会社へ支払われるため、2社間ファクタリングよりも売掛金の未回収リスクが低くなると言えるでしょう。

そのため、手数料相場も低い設定となっています。

オンラインファクタリングの手数料相場

近年、増加傾向にある「オンラインファクタリング」。

オンラインファクタリングとは、申込みから契約・取引完了まで、完全オンラインで完結するファクタリングです。

ファクタリング会社に直接行く必要もなく、365日24時間いつでもどこからでも、ファクタリングの利用ができるというメリットがあります。

 

オンラインファクタリングは、2社間ファクタリングを採用している会社がほとんど。

オンラインファクタリングの手数料相場は「1.0%~20.0%」となっています。

従来の2社間ファクタリングよりも、手数料を抑えた利用ができるでしょう。

オンライン完結にすることで、ファクタリング会社の事務所代や人件費の削減ができ、手数料を低く抑えることが実現されているのです。

ファクタリング手数料を決める5つのポイント

そもそもファクタリングの手数料は何を基準として決められているのでしょうか。

ファクタリング手数料を決める因子として、以下の5つが挙げられます。

  1. 売掛先の信用度
  2. 売掛金の金額
  3. 売掛金の支払期日
  4. ファクタリングの利用履歴
  5. 利用するファクタリング方式

1,売掛先の信用度

ファクタリングで1番重要視されるのは「売掛先の信用度」です。

ファクタリング会社が最も恐れているのは、売掛金が回収できないこと。

そのため、売掛先がきちんと売掛金を支払う能力があるのかが重要視されるのです。

売掛先の経営が傾いていたり、赤字経営だったりすると、ファクタリングの利用ができたとしても手数料は高くなるでしょう。

売掛先が大手企業であったり、国や地方団体の場合は、売掛金が回収できないリスクは減ります。

その場合は、手数料も低くなるのが基本。

つまり、売掛先の信用度が高ければ手数料は安くなり、売掛先の信用度が低ければ手数料は高くなるのです

2,売掛金の金額

売却する売掛金の金額にも、手数料は左右されます。

そもそもファクタリング会社は、売掛債権を買い取る際に発生する手数料で利益を得ています。

そのため、売掛金の金額が低ければ、ファクタリング会社の利益も少なくなるため、少額買取の際には手数料が高くなることがほとんど。

どうしても少額買取を希望する場合は、少額買取専門のファクタリング会社に依頼することで、手数料を抑えられるかもしれません。

3,売掛金の支払期日

売掛金の支払期日も、重要な決定因子の一つ。

売掛金の支払期日が数ヶ月先の売掛債権の場合、支払期日までの間に売掛先の経営が傾く可能性がないとは言い切れません。

反対に、売掛金の支払期日が近ければ未回収リスクは低いと言えるでしょう。

そのため、支払期日が遠い将来ほど手数料は高くなり、支払期日が近ければ手数料は低くなるのです。

4,ファクタリングの利用履歴

ファクタリングの利用履歴の有無によっても、手数料は変動します。

過去に利用したことのあるファクタリング会社を再度利用する場合は、基本的に手数料は低くなる傾向にあります。

なぜなら、ファクタリング会社としても、過去の取引実績があることで、安心して契約を結ぶことができるから。

そのため、同じファクタリング会社を使い続けるのに適した状況もあるでしょう。

5,利用するファクタリング方式

利用するファクタリング方式でも、手数料は変動します。

上で述べた様に、2社間ファクタリングでは10%~30%、3社間ファクタリングでは1%~10%が手数料の相場が一般的。

売掛金の未回収リスクが低い、3社間ファクタリングの方がおのずと手数料は低くなります。

ファクタリングの手数料を抑えるためにできる6つのこと

できることなら低く抑えたいファクタリング手数料。

ファクタリング手数料を抑えるためにできることがいくつかあるので、紹介します。

  1. 3社間ファクタリングを利用する
  2. オンラインファクタリングを利用する
  3. 同じファクタリング会社を継続利用する
  4. 信用度の高い売掛債権を利用する
  5. 支払期日が短い売掛債権を利用する
  6. 少額の利用は避ける

1,3社間ファクタリングを利用する

手数料相場からも分かるように、3社間ファクタリングを利用することで、手数料を安く抑えることができます。

しかし、3社間ファクタリングは「売掛先にファクタリング利用の承諾を得る=ファクタリングの利用を知られてしまう」方式。

ファクタリングに理解のある売掛先や、しっかりと信頼関係を築けられている売掛先なら問題はないでしょう。

しかし、ファクタリングを利用していることで、経営悪化や資金繰りの悪化を疑われてしまうことも珍しくありません。

最悪の場合、取引終了や取引縮小等のトラブルに発展してしまう可能性もあるのです。

手数料を低く抑えられても、売掛先との信頼関係が悪化してしまっては元も子もありません。

利用するファクタリング方式の選択は、慎重に行うことをおすすめします。

2,オンラインファクタリングを利用する

売掛先にファクタリングの利用を知られずに、手数料を低く抑えたい場合はオンラインファクタリングがおすすめ。

オンラインファクタリングであれば、2社間ファクタリングでも1%~20%の手数料で利用することができます。

ただし、オンラインファクタリングの場合は、面談に対応していない会社も多いため、初めてファクタリングを利用する方には不安が生じてしまうかもしれません。

オンラインツールを用いたオンライン面談に対応している会社もあるので、利用時には確認してみることをおすすめします。

3,同じファクタリング会社を継続利用する

過去に利用歴がある会社の場合、手数料は低くなりやすい傾向にあります。

何度かファクタリングを利用する場合は、過去に依頼したことのあるファクタリング会社を利用するのがおすすめ。

しかし、過去の利用時に納得のいかない契約だった場合や、相性が良くないと感じた場合には無理に継続利用する必要はありません。

その場合は、他のファクタリング会社を利用する際「他社からの乗り換えを検討している旨」を伝えることで、乗換割として手数料を低くしてくれる場合もあります。

4,信用度の高い売掛債権を利用する

信用度の高い売掛債権を利用することで、手数料は格段と低くなるでしょう。

信用度の高い売掛債権には、以下のようなものがあります。

  • 国や地方団体、もしくは大手企業の売掛債権
  • 官公庁や金融機関と取引のある売掛先の売掛債権
  • 自社との取引年数が長い売掛先の売掛債権

5,支払期日が短い売掛債権を利用する

支払期日が短い売掛債権を利用することでも、手数料を抑えることができます。

支払期日が短いと言うことは、それだけ売掛金を回収できる可能性も高いと言うこと。

売掛金の回収ができる可能性が高ければ、手数料も低く抑えることができるのです。

6,少額の利用は避ける

少額利用を避けることも、手数料を抑える方法として挙げられます。

ファクタリング会社としても、会社の利益を出さなければならないため、少額利用は嫌がられる傾向にあり、その分手数料も高くなることがほとんど。

しかし、近年では少額利用専門や少額利用に対応している会社も増えてきています。

少額利用を希望する場合は、少額利用大歓迎と謳っているファクタリング会社を選ぶ方が、手数料は低く抑えられるでしょう。

ファクタリング手数料は安ければいいというワケではない

資金調達をする際、できることなら無駄な損失は避けたいですよね。

しかし、ファクタリングにおいて手数料は安ければいいとは言えません。

以下のファクタリング手数料の相場を逸脱している場合は「なにか裏があるのではないか?」と疑うことも大事です。

  • 2社間ファクタリング:10%~30%
  • 3社間ファクタリング:1%~10%
  • オンラインファクタリング:1%~20%

ファクタリング手数料が安すぎてはいけない理由を以下で説明します。

1,悪質業者に騙される可能性がある

1つ目は、悪質会社に騙される可能性があるから。

ファクタリング自体は、違法性はなく、法律でも認められているサービスです。

しかし、歴史が浅く、警察の目が行き届いていない業界でもあるため、悪質業者の存在が認められているのも事実。

悪質業者は、ファクタリングと謳いながら貸付契約をさせてくる「偽装ファクタリング」という手段で近づいてきます。

手数料を安くすると言って契約を結んだあとに、貸付契約だからと高金利での支払いを請求してくるという手口です。

資金繰りに悩んでいるという弱みにつけ込んでくるため、「手数料が安いから」と安易な気持ちで契約を結ばないように気をつけましょう。

2,手数料の他の費用を請求される場合がある

2つ目は、ファクタリング手数料を低くしてその他諸費用で高額請求してくる場合があるから。

ファクタリングは手数料の他に、出張費や債権譲渡登記費用がかかる場合もあります。

手数料が低いから手元に入る金額も多いとは言い切れません。

手数料以外の費用請求はないか、最終的に手元に入ってくる金額はいくらになるのか、契約書の内容をしっかりと確認するようにしましょう。

3,償還請求権のある契約には注意

3つ目は、償還請求権のある契約の場合。

ファクタリングは基本的に、償還請求権のない契約を結ぶことがほとんど。

償還請求権のない契約であれば、万が一売掛先の倒産などで売掛金を回収できなくなった場合でも、利用者がファクタリング会社へ代金を支払う義務は生じません。

しかし、稀に手数料を安くする代わりに償還請求権のある契約を提案してくる会社があります。

償還請求権のある契約の場合は、売掛金の回収ができなかったときには、利用者が代わりに売掛金と同額をファクタリング会社に支払わなければならないのです。

手数料を安く抑えられても、利用者にリスクが生じるため、あまりおすすめはしません。

まとめ

この記事では、ファクタリング手数料を決める要因と、ファクタリング手数料を安く抑えるポイントを解説しました。

ファクタリング手数料を決める因子は以下の5点です。

  1. 売掛先の信用度
  2. 売掛金の金額
  3. 売掛金の支払期日
  4. ファクタリングの利用履歴
  5. 利用するファクタリング方式

ファクタリング手数料を安く抑えるポイントは、以下の6点です。

  1. 3社間ファクタリングを利用する
  2. オンラインファクタリングを利用する
  3. 同じファクタリング会社を継続利用する
  4. 信用度の高い売掛債権を利用する
  5. 支払期日が短い売掛債権を利用する
  6. 少額の利用は避ける

手数料は安ければ安いほどいいというものではありません。

以上の点に留意し、納得のいく資金調達の一助になっていたら嬉しいです。

業界最低水準の手数料!最速での資金調達ならSoKuMo!

私どもSoKuMoは、オンラインファクタリングを採用することで、

  • 業界最低基準の手数料1.0%~
  • 最短30分で入金

することが可能です。

オンラインファクタリングでは珍しい「オンライン面談の対応」をしているため、利用者様の不安を解決した上で、契約を結べるというメリットがあります。

 

「他の会社だと手数料が高くて・・・」「少額利用したいのですが・・・」等、様々な資金調達の悩みを解決してきました。

他社からの乗換や少額利用も大歓迎です!

まずは、無料見積もりフォームから見積もりだけでもしてみてください。

あなたの資金調達、SoKuMoにお手伝いさせてくれませんか?

その他「コラム」記事

   ©2021 即日オンラインファクタリング「SoKuMo」, Inc.