お知らせ

Message

千葉県でファクタリングを選ぶポイント、悪徳業者を見分けるコツを解説

2023年1月16日

「千葉で経営をしていて、近場でファクタリング会社を探したい」
「千葉の優良ファクタリングを知りたい」
「対面契約でファクタリングを利用したい」

こんな経営者やフリーランスの方に、今回は千葉県で利用できるファクタリングや選び方のポイントを解説いたします。
千葉で優良ファクタリング会社を見つけ、スムーズな資金調達を成功させましょう。

千葉でファクタリング会社を選ぶポイント

千葉県でファクタリング会社を選ぶために押さえておきたいポイントが8つあります。

● 法人・個人事業主など対象に当てはまっているか
● 2社間もしくは3社間など、希望するファクタリングに対応しているか
● ファクタリングのコスト面
● 債権譲渡登記はあるか
● 希望する金額が資金調達できるか
● 入金までのスピードはどのくらいか
● 償還請求権なしの契約か
● 安心できる会社か

法人・個人事業主など対象に当てはまるか?

ファクタリングは法人・個人事業主共に利用が可能ですが、ファクタリング会社によっては「法人のみ」「個人事業主のみ」と限定しているところがあります。
以前までは「法人のみ」のファクタリング会社が多かったため、個人事業主やフリーランスは利用できませんでしたが、現在では利用できる層がグンと広がっています。

千葉でファクタリングを探す際も、ご自身の運営形態に合っているファクタリングかどうか事前にチェックしておきましょう。

希望するファクタリングに対応しているか?

ファクタリングにはご自身とファクタリング会社だけで契約をする「2社間」と、2社間に加え、売掛先も契約に含める「3社間」の2種類のファクタリングがあります。

千葉で利用できるファクタリングには、2社間と3社間の両方が対応できるところもあれば、2社間のみ取り扱っているところなどさまざまです。

また、業種に特化したファクタリングも選べます。
建設、運送、医療、介護など、業種特化のファクタリングは資金調達だけではなく、経営コンサルティングやマッチングサービスをウリとしているところもあります。合わせて確認しておくと良いでしょう。

コスト面は?

ファクタリングの利用には手数料がかかります。
2社間と3社間では手数料の相場が変わってきます。

● 2社間:5%〜20%
● 3社間:1%〜9%

売却する請求書の額面から手数料が引かれて入金されます。
また、手数料以外のコストでは以下のものがあります。

● 事務手数料
● 振込手数料
● 出張交通費
● 債権譲渡登記費用

これらはファクタリング会社によってかかるところ、かからないところがありますので、見積もりの際に確認しておきましょう。
とくに債権譲渡登記費用は高額です。債権譲渡登記に関しては次の項目で解説しますが、登記のための司法書士報酬に5万円〜10万円の負担する場合があります。留意しておきましょう。

債権譲渡登記費用はあるか?

千葉で法人の方が2社間ファクタリングを利用する時は、債権譲渡登記の有無も確認しましょう。

債権譲渡登記とは、売掛債権がいつ誰に売られたものかを記録するためのもので、法務局で登記手続きを行います。
なぜ債権譲渡登記を行うのか?それはファクタリング会社側にとって二重譲渡を未然に防げるリスクに備えられるからです。

2社間ファクタリングの特徴は取引先に知られることなく早期に資金化ができることです。
手続きが簡便なため、例えばファクタリングA社に請求書を売却した後、ファクタリングB社にも売掛債権を売却することができてしまいます。これが二重譲渡です。

債権譲渡登記を行うことにより、ファクタリングA社は先に売掛債権を買い取った事実をB社への対抗要件として備えられるからです。

債権譲渡登記にかかる費用は1件7,500円ですが、登記を行う司法書士費用がかかります。
司法書士の費用は5万円〜10万円となり、利用者側の負担はかなり大きくなります。

しかし、千葉県のファクタリングには債権譲渡登記を不要とするところもあります。また、登記を必須としている場合でも、留保してくれるところもありますので、合わせて確認しておきましょう。

3社間ファクタリングの利用や、個人事業主・フリーランスは債権譲渡登記が必要がないため、登記費用はかかりません。

資金調達できる金額は?

ファクタリングできる金額の範囲も確認しておきましょう。

千葉県で利用できるファクタリングは、数万円程度の少額取引から、数億円程度の資金調達までさまざまです。

特に少額取引も多い個人事業主やフリーランスは、最少調達可能額もチェックしておきましょう。低いところでは1万円程度からファクタリングできるところもありますが、30万円〜、50万円〜と設定しているところも少なくありません。

入金されるまでの時間は?

ファクタリングは銀行融資やビジネスローンに比べて資金調達できるまでが早いため、すぐに現金が欲しい方にとってベストな資金調達方法です。
すばやい資金調達のためにファクタリングを選ぶ場合は、入金スピードがどのくらいなのかも確認しておきましょう。

多くのファクタリング業者では最短入金スピードをホームページに記載していますが、書類が不足なく揃っているなど問題なくスムーズに手続きを終えた場合の入金スピードです。

状況によっては1〜2日かかることもありますので、気になる方は見積もりの際に担当者に確認しておくと良いでしょう。

償還請求権の有無は?

償還請求権とは、万が一取引先が倒産してしまい、入金がされなくなってしまったときに、利用者が代わりにファクタリング会社に弁済することです。「リコース」とも言います。

千葉県で利用できるファクタリングは原則として償還請求権なし(ノンリコース)の契約となっています。償還請求権なしのファクタリング契約であれば、何らかの原因で取引先から入金がない場合でも、利用者側が弁済する必要がなく、ファクタリング会社で責任を負ってくれます。

ファクタリングの審査は売掛先の経営状況をチェックしますので、経営が傾き気味な場合は審査に通りにくいということも合わせて覚えておきましょう。

安心できる会社か?

近年、「借りない資金調達」として政府もファクタリングの利用を推進していることもあり、ファクタリング業者は増えてきています。
千葉県では東証一部上場や金融機関が運営するファクタリングから、中小企業のファクタリングまで、さまざまなファクタリングがあります。

中小のファクタリングは大手にはないスピード感や利便性で、ファクタリングがはじめての方にとっても使いやすいのが特徴です。

しかし、中には残念ながら悪徳なファクタリング業者もいるのが事実です。ファクタリングと見せかけて融資の契約を迫ってきたり、実態はファクタリングを装った闇金だったりなど、一部そのような業者が存在します。悪徳業者の見分け方は次の項目で解説します。

千葉の悪徳ファクタリング会社を見分けるためのポイント

便利なファクタリングですが、中には悪徳業者も存在しています。
千葉県で悪徳ファクタリング業者に当たらないために、ここでは悪徳業者の見分け方のポイントを解説します。

手数料は相場からかけ離れていないか?

ファクタリングの手数料にはざっくりとした相場があります。あまりにも相場とかけ離れていないか確認してみましょう。
先述しましたが、千葉県においてもファクタリング手数料は2社間では5%〜20%、3社間では1%〜10%ほどの手数料がかかるのが一般的です。

注意点としては、ファクタリングは融資とは違い、利息の上限が定められていません。
銀行融資やビジネスローンなどの借入であれば、利息制限法に基づき上限利息が18%と法律で定められていますが、ファクタリングにはそのような法律整備が成されていないのです。
それはつまり、ファクタリングの手数料は業者が自由に設定できるということになります。

20%を超えるようなファクタリングの取引は、資金化するにも手数料の負担が大きくなるため、なるべく避けるのがベストです。

追加の費用がかからないか?

ファクタリングを利用する主なコストは手数料ですが、それ以外にも追加の費用がある場合があります。
正規のファクタリング業者であれば、追加の費用として以下を請求してくることがあります。
● 振込手数料
● 債権譲渡登記にかかる費用

これ以外の費用を請求されることはありません。

詳細のわからない手数料を請求されていたり、契約後に追加の費用が発生する場合は悪徳ファクタリングと言ってもいいでしょう。

担保や保証人を要求してこないか?

銀行融資やビジネスローンは融資ですので、稀に担保や保証人を要求されることがあります。すでに経験されている方も多いでしょう。

ファクタリングは売買契約ですので、担保や保証人は不要です。
万が一、契約において担保や保証人を要求されたら、すぐに疑いましょう。

担保や保証人が必要であればファクタリングを装ったヤミ金が貸付を迫っているパターンもあります。

貸付の契約になっていないか?

ファクタリングは資金調達の手法ですので、貸付ではありません。
融資を行う場合は、貸金業の登録や千葉県知事の許可を得て運営する必要があります。ファクタリングは売買契約のため、千葉県の許可を得なくても営業が可能です。

そのため、表面上はファクタリングと見せかけて、実は融資契約だったというパターンもあります。
分割契約を迫る、担保や保証人を請求するなどの契約はファクタリングではなく融資になります。貸金業や千葉県知事の許可がないファクタリングは融資を行えませんので、注意しましょう。

会社情報が怪しくないか?

気になるファクタリングを見つけたら、会社のホームページを隅から隅までチェックしてみましょう。
大抵はページの一番下に会社概要があるので確認します。社名、電話番号、住所、代表者名などが掲載されていると思いますが、一見普通の情報が掲載されているように見えても、もしかしたら正しい情報ではないかもしれません。

記載されている住所を確認すると建物すら建っていなかったり、代表者名も偽名を使っていたりします。
可能であれば同じ千葉県内で比較的近い業者でしたら、実際に事務所の所在地を確認してみるのも良いかもしれません。

千葉県でファクタリングを選ぶポイント、悪徳業者を見分けるコツのまとめ

千葉県でファクタリングを選ぶポイントや、悪徳業者を避けるコツなどを解説しました。
入金スピードや資金調達可能額、債権譲渡登記の有無、手数料など、比較検討すべき点を押さえておきましょう。
都心からも近い千葉ですが、近隣で見つけるのであれば対面契約で経営相談に乗ってもらえると、事業の発展に役立つでしょう。
一部のファクタリングではオンライン契約も行っていますので、お忙しい方はオンライン完結のファクタリングも利用してみてください。

その他「コラム」記事

   ©2021 即日オンラインファクタリング「SoKuMo」, Inc.