お知らせ

Message

ファクタリングは「簡単」に利用できる資金調達方法?審査のポイントなども解説

2023年1月10日

「中小企業の資金調達は難しい」とよく言われ、実際に資金繰りに苦労されている経営者様は少なくはないはずです。しかし売掛債権の現金化を行うファクタリングに関しては、「中小企業も簡単に利用できる資金調達方法」などと言われることがあります。本稿では、多くの企業がファクタリングによって事業資金の確保を簡単に行える理由と、その大きな要因ともなる「審査のポイント」などについて解説させていただきます。

ファクタリングが「簡単に利用できる資金調達方法」と言われる4つの理由

銀行融資は多くの中小企業にとって、「簡単には利用できない資金調達方法」です。その最も大きな理由は「審査通過の難しさ」であり、審査を受けるために利用対象となるのも簡単とは言えません。それに対してファクタリングは「審査基準が中小企業向き」であり、利用対象となる条件をクリアすることも比較的簡単です。まずはファクタリングならば多くの企業が簡単に資金調達ができると言われる「4つの理由」をご紹介します。

経営が苦しい企業でも利用可能だから

ファクタリングは、売掛債権を売却し現金化する資金調達方法です。審査においては買取を行った売掛債権を回収できるかどうかがファクタリング会社にとっての重要なポイントであり、債権の回収に関して債権売却を希望する企業の経営状況は影響がほぼありません。このような理由により赤字経営や税金滞納中など、経営状況が芳しくない企業もファクタリングを利用するのに大きな問題はなく、多くの企業が簡単に資金繰りに利用できる理由の1つとなっているのです。

返済能力が問われないから

融資の審査では、「返済能力」が重要視されます。返済能力は申込時点での経営状況だけでなく将来性なども考慮され、具体的で妥当性のある返済計画を立てなくては審査通過は難しくなってしまいます。しかしファクタリングの場合は債権の支払いを行うのは売掛先であり、ファクタリングの利用申込を行った企業の将来性などは重要ではありません。もちろん融資ではないことから返済計画を立てる必要もなく、融資と比較して利用対象となるための条件クリアも簡単であり、審査そのものも比較的簡単に通過しやすいのも特徴です。

担保も保証人も必要がないから

事業性資金の融資を受けるには、担保や保証人が必要になることが少なくはありません。保証人不要となっていても「法人は代表者の連帯保証が必要」となっている場合が大半であり、本当の意味で保証人不要とは言えません。また担保なしの場合は審査通過はより難しくなり、審査通過できても借入できる額が少なくなるなど融資は中小企業にとって簡単で利用しやすい資金調達方法とは言えません。ですがファクタリングはそもそも融資ではない資金調達方法であり、担保も保証人も不要です。担保に適した不動産などを所有していない企業も、活用しやすい資金調達方法と言えます。

売掛債権を保有していれば利用対象となれる可能性が高いから

ファクタリングは「売掛債権を保有している」という条件を満たすだけで、利用対象となることが可能です。一部のファクタリング会社では創業してからの年数を利用条件に含んでいることもありますが、そのようなファクタリング会社の数は多くありません。ただし決済日を過ぎた売掛債権は、不良債権となり原則的に買取対象とはなりませんのでご注意ください。

簡単に利用するために知っておくべき審査のポイント

ファクタリングは、融資の審査では不利になりやすい状況であっても利用可能な資金調達方法です。ですが「簡単に債権が現金化できる」と考えていては、審査落ちしてしまうかも知れません。「簡単に利用できた」と後から感じるためには、ファクタリングの審査で重要視されるポイントを知っておくことも大切です。

売掛先の支払い能力・信用情報

債権の買取を行う際にファクタリング会社が最も重要視しているのは、「売掛先の信用力」です。他社からの信用の高さを表すのが信用力であり、ファクタリング会社が求める信用力が高い企業とは、「売掛債権の支払いを確実に行うと判断できる企業」というような意味合いになります。安定した経営を行っており、過去に金融事故などを起こしておらず信用情報に傷のない企業は信用力が高いと判断されやすく、そのような企業が売掛先となる債権は、簡単に審査を通過できる可能性の高いファクタリング向きの債権だと言えます。

売掛先との取引実績

一般的に見て信用力の高い企業であっても、ファクタリングの申込を行った企業との間の取引実績がない場合は、審査では高い評価が得られない可能性があります。逆に取引実績が豊富であり、支払いを遅らせず順調に取引を行ってきた企業からの売掛債権は審査で有利になる傾向があり、簡単にファクタリングを利用するための近道となります。さらに定期的な取引がある付き合いの長い企業からの債権は、より審査通過の確率を高めることができます。

売掛金の支払日までの残り日数

ファクタリングは売掛債権の早期現金化が行えるのが、利用する際の大きなメリットとなります。しかし債権の買取を行うファクタリング会社から見ると、支払期日が遠くなるほどに売掛債権の回収が難しくなるリスクを高めてしまうことにもなります。60日程度までであれば審査への影響はあまりないはずですが、それ以上となると残り日数が伸びるほどに審査通過の確率を下げてしまう危険があります。どんな売掛債権でも大丈夫と簡単に考えず、支払日が先過ぎる債権はできる限り避けることをおすすめします。

資金調達を希望する企業の信用の高さ(特に2社間ファクタリングの場合)

経営状況が審査に大きく影響することがないのも、ファクタリングが簡単に利用しやすいと言われる理由の1つです。しかし面談などで横柄な態度をとってしまうなど信用を損なう行動を繰り返してしまうと、審査に悪影響が出かねません。特に売掛先から支払われるお金を一旦受け取ることになる2社間ファクタリングでは、横領しかねないと疑われてしまうと簡単に利用するどころか審査通過自体が難しくなります。社会人として相応しい対応を行っていれば問題はありませんが、経営者様や担当者様の人となりが審査に影響する可能性があることは、意識しておいた方が良いかも知れません。

利用が簡単なはずのファクタリングで審査落ちする理由

多くの企業が「簡単に利用できる」のは事実だとしても、残念ながら審査に通過できず資金調達に成功できなかったという企業が存在しているのも事実です。しかし審査落ちするのには理由があり、前もって考えられる原因を知っておけば対処も難しくはなくなります。ファクタリングによって簡単に資金調達を成功するために知っておいていただきたい、代表的な「ファクタリングで審査落ちする理由」をご紹介します。

売却を希望する「売掛債権」が審査落ちに繋がる理由

ファクタリングは売掛債権を保有してさえいれば、高確率で利用対象となることができる資金調達方法です。しかし「決済日が過ぎている」場合は買取対象とならず、「他社で売却済み」の債権は二重譲渡となり法的な問題にも繋がります。

他にも支払日までの期間が2ヶ月を大きく超えて先であった場合や、ファクタリング会社の買取可能額の範囲に収まらない少額・高額の債権を売却しようとした場合も買取が断られてしまう危険を高めます。審査通過の確率を高めたいとお考えであれば、支払い期限まで2ヶ月以内で買取可能な範囲内に収まる債権をご活用ください。

「手続き」が審査落ちに繋がる理由

ファクタリングは融資と比較して提出書類が少なくて済むことが多く、申込先によっては「本人確認書類・請求書・通帳のコピー」など非常に少ない書類だけで簡単に債権の現金化が行える場合もあります。しかし提出書類に不備があると審査が長引き、買取を断られてしまう危険も高めかねません。特に売掛債権が存在するという証拠となる請求書などの成因書類が準備できない場合は、資金調達に成功できる可能性は低くなります。

また手続きを行う際に横柄な態度を取ってしまうのは、審査に対してデメリットしかありません。下手に出たり意識しすぎたりする必要はありませんが、常識的な対応を心がけください。面談が苦手という方は、ZOOMでのオンライン面談に対応できる場所を選ぶなども効果的です。

「売掛先」が審査落ちの原因となる理由

売掛先が決済日に支払いを行えないほどに経営状況が悪化していたり、倒産してしまうリスクを抱えている場合、ファクタリング会社の審査に通れる確率はとても低くなってしまいます。また現状の経営は上手くいっていたとしても、過去の金融事故の履歴が残っていたり税金の滞納が確認された場合も、支払いを確実に行ってくれるという信用が得にくくなり審査に悪影響を及ぼす可能性があります。審査では売掛先の信用力が最も重視されるということを意識した上で、売却する債権を選ぶことが大切です。

他にもファクタリング会社によっては、個人事業主が売掛先となる債権を買取対象に含めていない場合があります。個人事業主を売掛先とする債権を資金調達に利用しようとお考えであれば、申込先に一度確認しておくことをおすすめします。

「ファクタリングは簡単に利用できる資金調達方法?」のまとめ

ファクタリングは幾つもある資金調達の選択肢の中でも、比較的簡単に利用できる選択肢であることは間違いありません。しかし申込段階から準備を行い、正しく手続きを行わないと審査に通過できなくなる危険を高めかねないのも事実です。残念ながら審査に通過できなかった場合も、原因を考え対処した上で他社に申込めば資金調達に成功できる可能性は十分にあります。「油断せずに準備・手続きを行う」ことさえできれば、多くの企業にとってファクタリングは「簡単に利用できる資金調達方法」となるはずです。

その他「コラム」記事

   ©2021 即日オンラインファクタリング「SoKuMo」, Inc.