お知らせ

Message

【徹底比較】本当におすすめできる優良ファクタリング会社7選!

2021年12月29日

ファクタリングは資金調達方法として、ここ数年で急速に拡充してきています。

「ファクタリングのおすすめ会社はどこだろう」

「手数料の安いファクタリング会社が知りたい」

「自社に最適なファクタリング会社を利用したい」

注目を集めるファクタリングサービスですが、会社数も多く、どこの会社を利用すればいいのか悩んでしまう方も少なくありません。

できることならファクタリングでの資金調達を納得のいくものにしたいですよね。

その場合は、おすすめのファクタリング会社から利用会社を選ぶのが良いでしょう。

そこで、この記事では、ファクタリング会社の社員目線でおすすめできるファクタリング会社7社を徹底比較、ご紹介します。

また、「おすすめのファクタリング会社」の選定基準も解説しますので、ぜひ最後までお読み下さい。

【比較一覧表】本当におすすめのファクタリング会社7選

◇本当におすすめのファクタリング会社|比較一覧

会社名 対象者 方式 手続き 入金速度 手数料 買取可能額
SoKuMo 法人
個人
2社間 オンライン 最短30分 1%~15% 10万円~1億円
MSFJ 法人
個人
2社間
3社間
オンライン
対面
最短60分 1.8%~9.8% 10万円~5,000万円
QuQuMo Online 法人
個人
2社間 オンライン 最短2時間 1%~14.8% 制限なし
OLTA 法人
個人
2社間 オンライン 最短24時間 2%~9% 制限なし
Accel Factor 法人
個人
2社間
3社間
対面
郵送
オンライン
最短即日 2%~20% 30万円~1億円
anew 法人 2社間 オンライン 最短即日 2%~9% 制限なし
GMO BtoB早払い 法人 2社間 オンライン
対面
最短2営業日 1%~10% 100万円~1億円

本当におすすめのファクタリング会社7選を徹底解説

上図で紹介した、本当におすすめのファクタリング会社の詳細をそれぞれ解説します。

SoKuMo|業界最速の入金スピードかつ低手数料

対象 法人・個人事業主
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
手続き方法 オンライン
入金速度 最短30分
手数料 1.0%~15.0%
買取可能額 10万円~1億円
債権譲渡登記 留保
必要書類 決算書(個人事業主は申告書)
銀行口座のコピー
請求書
身分証明書

SoKuMoの魅力は入金スピードが業界最高水準、手数料も1%~と業界最安値水準であるところ。

審査通過率も60%とオンラインファクタリング業界ではかなり高い基準値を誇っており、他社の審査に落ちた場合の対応も可能。

また、申込みから取引完了まですべてオンラインで完結できる上に、ファクタリング利用に不安がある場合にはオンライン面談での相談にも対応しています。

<SoKuMoのメリット>

  • 入金速度が業界最高水準スピード(最短30時間)
  • クラウドサイン(電子契約サービス)を利用しているために安心・安全の利用が可能
  • 審査通過率が高い(平均60%)
  • オンライン面談に対応しており、利用前に不安や疑問の解消ができる
  • 2社間ファクタリングかつ債権譲渡登記留保の契約であるため、売掛先に知られる心配が一切ない

<SoKuMoのデメリット>

  • 手数料上限は15%と業界最低水準とはいえない

「迅速な資金調達」「手数料を低く抑えたい」「すべてオンラインで完結させたい」「利用に少し不安がある」「売掛先に絶対利用を知られたくない」という方には特におすすめです。

MSFJ|多様なプラン展開

対象 法人・個人事業主
ファクタリング方式 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
手続き方法 オンライン、対面
入金速度 クイックプラン:最短45分
フリーランス様向けファクタリング:最短60分
その他:最短即日
手数料 クイックファクタリング:3.8%~9.8%
プレミアムファクタリング:1.8%~6.8%
個人事業主様専用ファクタリング:3.8%~9.8%
フリーランス様向けファクタリング:3.0%~10.0%
買取可能額 クイックプラン:30万円~300万円まで
プレミアムファクタリング:30万円~5,000万円まで
個人事業主様専用ファクタリング:10万円~500万円
フリーランス様向けファクタリング:10万円~1,000万円
債権譲渡登記 明記なし
必要書類 身分証明書
通帳のコピー
請求書
法人の場合は上記+発注書

MSFJは、以下の4つのファクタリングサービスを準備しています。

  • クイックファクタリング
  • プレミアムファクタリング
  • 個人事業主様専門ファクタリング
  • フリーランス様向けファクタリング

さまざまな方が利用しやすいファクタリングをそれぞれのサービスで準備しており、自社企業に見合ったファクタリングを選べる点が魅力。

<MSFJのメリット>

  • ニーズに合わせて多様なファクタリングサービスが準備されている
  • ネット完結できる(フリーランス・個人事業主の場合のみ)
  • 手数料の上限が低い

<MSFJのデメリット>

  • 買取可能額が最大5,000万円と制限されているため、大口の売掛金に対応できないケースがある
  • 来店もしくは訪問での面談が必須(クイックファクタリング・プレミアムファクタリングの場合)

「利用したいプランがある」「なるべく早く資金調達したい」「手数料を安く抑えたい」という場合に、特におすすめです。

QuQuMo Online|必要書類が少なく利便性が高い

対象 法人・個人事業主
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
手続き方法 オンライン
入金速度 最短2時間
手数料 1.0%~14.8%
買取可能額 制限なし
債権譲渡登記 明記なし
必要書類 身分証明書
通帳のコピー
請求書

QuQuMo Onlineは名前に「オンライン」とつくだけあり、オンライン完結で最短2時間で指定口座に振り込みされることを魅力としています。

<QuQuMo Onlineのメリット>

  • 入金速度のスピード(最短2時間)
  • 必要な書類が少ない(通帳と請求書のみ)
  • クラウドサイン(電子契約サービス)を利用しているために安心・安全の利用が可能
  • 1億円を超える大口債権にも対応している

<QuQuMo Onlineのデメリット>

  • 全てがオンライン手続きのために不慣れな人にとっては、それがデメリットとなる
  • 手数料の上限は14.8%と業界最低水準とはいえない

「書類の準備が手間」「オンラインで完結したい」「なるべく早く資金調達したい」という場合におすすめです。

OLTA|主要銀行と提携していて安心

対象 法人・個人事業主
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
手続き方法 オンライン
入金速度 最短24時間
手数料 2.0%~9.0%
買取可能額 制限なし
債権譲渡登記 明記なし
必要書類 身分証明書
請求書
すべての事業用銀行口座の普通預金・当座預金の直近4ヶ月分の入出金明細(通帳)
昨年度の決算書(個人事業主の場合は確定申告書
※決算を迎えていない場合不要

OLTAもまた、手続き全てをオンライン完結できることを魅力としているファクタリング会社となります。

独自のAI審査を取り入れ、スムーズな対応を心がけているファクタリング会社です。

<OLTAのメリット>

  • 手数料が業界最低水準(2~9%)
  • AI審査を用いて、人件費コストを削減し安い手数料としている
  • みずほ銀行や新生銀行など主要な金融機関と提携していて安心
  • 1億円を超える大口債権にも対応している

<OLTAのデメリット>

  • 審査に最短24時間かかるため、即日入金は難しい

「大手ファクタリング会社を利用したい」「1億円以上の大口債権の買取希望」「オンライン完結したい」という場合に、特におすすめです。

Accel Factor|原則即日入金

対象 法人・個人事業主
ファクタリング方式 2社間ファクタリング、3社間ファクタリング
手続き方法 オンライン、対面、郵送
入金速度 最短即日
手数料 2.0%~20.0%
買取可能額 30万円~1億円
債権譲渡登記 明記なし
必要書類 申込用紙
請求書or見積書
通帳
決算報告書
身分証明書
印鑑証明書

アクセルファクターは「原則即日対応」を心掛けており、申込者の多くが即日入金を実現しているファクタリング会社となっています。

<アクセルファクターのメリット>

  • 即日入金できる可能性が高い
  • 利用者の希望に合わせて対面、郵送、オンラインでの手続き方法を選べる

<アクセルファクターのデメリット>

  • 手数料上限がやや割高である

「できるだけ即日入金を希望」「オンライン以外の方法も検討したい」場合に、おすすめ。

anew|法人との取引に特化

対象 法人
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
手続き方法 オンライン
入金速度 最短24時間
手数料 2.0%~9.0%
買取可能額 制限なし
債権譲渡登記 明記なし
必要書類 身分証明書
請求書
すべての事業用銀行口座の普通預金・当座預金の直近4ヶ月分の入出金明細(通帳)
昨年度の決算書

anewは、新生銀行とOLTA(上述紹介)が共同でリリースした法人に特化したファクタリング会社です。

<anewのメリット>

  • オンライン完結できる
  • 新生銀行は東証一部上場企業のため、企業への安心感がある
  • 費用も2~9%と業界の中では安値となる

<anewのデメリット>

  • 法人のみの対象となり、個人事業主の方は利用できない
  • 審査に最短24時間かかるため、即日入金は難しい

「手数料を低く抑えたい」「高額債権の買取希望」「大手企業と取引したい」という法人の場合、おすすめ。

GMO BtoB早払い|注文書や譲渡禁止の債権も買取可能

対象 法人
ファクタリング方式 2社間ファクタリング
手続き方法 オンライン、対面
入金速度 最短2営業日
手数料 1.0%~10.0%
買取可能額 100万円~1億円
債権譲渡登記 留保
必要書類 2期分の決算書と試算表
取引基本契約書
見積書、発注書、請求書・納品確認書(検収書)

GMO BtoB早払いは、大手インターネット事業である「GMOグループ」が運営しています。

ヤミ金業者が存在するファクタリング業界において、このネームバリューからネット完結できるファクタリングは大きな安心感があるのではないでしょうか。

<GMO BtoB早払いのメリット>

  • 2社間ファクタリングでも手数料が最大10%と業界最安値基準
  • 2社間ファクタリングかつ債権譲渡登記なしの契約で売掛先に知られる心配がない
  • 注文書買取と譲渡禁止の債権買取も行っている

<GMO BtoB早払いのデメリット>

  • 入金スピードに時間がかかる(最短2営業日)
  • 100万円以下の小口債権への対応はできない
  • 法人しか利用できない

「注文書や譲渡禁止の債権を買い取って欲しい」「大手で安心した取引がしたい」という場合かつ、そこまで迅速な資金調達を希望していない場合におすすめ。

おすすめのファクタリング会社の選定基準

ここまで、おすすめできるファクタリング会社7社の紹介をしました。

おすすめできるファクタリング会社には、いくつかの基準があり、それを基におすすめか否かの判断が可能です。

ここからは、おすすめできる会社の選定基準を紹介します。

  1. 安心取引ができる
  2. 買取可能額の幅が広い
  3. 手数料が安い
  4. 入金までのスピードが速い
  5. 利用時の利便性が高い

基準1|安心取引ができる

ファクタリング会社は年々増加傾向にあり、その数は100以上。

数多くあるファクタリング会社の中から、おすすめのファクタリング会社に選ばれるには、なんといっても「安心して取引ができるかどうか」は重要です。

安心取引ができるファクタリング会社には以下のような特徴があります。

  • 大手銀行や上場企業が運営・提携している
  • 過去の取引実績が豊富
  • 専門性の高いスタッフがおり、面談や相談に快く応じてくれる
  • 手数料や入金スピード、会社の情報などをホームページに詳細に開示している

安心取引ができるファクタリング会社には、安心に値するだけのサービスと実績、開示情報があるのです。

また、親身に相談に応じてくれたり、丁寧な対応をしてくれる会社も多いです。

オンラインファクタリングでは面談不可としている会社もありますが、私どもSoKuMoはオンライン面談への対応も可能であり、利用前に不安や疑問を解消することができます。

電話相談やオンライン面談に対応しているか否かも、良い判断基準と言えるでしょう。

基準2|買取可能額の幅が広い

おすすめできるファクタリング会社は、買取可能額の幅が広いという特徴があります。

ファクタリング会社は、ファクタリング契約時の手数料を主な利益としています。

また、原則償還請求権のない契約であるため、高額債権の買取りは利益も大きい分、万が一売掛金が未回収になった場合には損失は膨大。

そのため、多くのファクタリング会社が買取可能額を100万円~5,000万円としていることがほとんど。

資金調達を必要としている企業にとって、ファクタリング希望額と買取可能額がマッチしていないファクタリング会社からは資金調達はできません。

100万円以下の少額債権にも、5,000万円以上の高額債権にも対応可能なファクタリング会社は、自然とおすすめできるファクタリング会社として選びやすくなるでしょう。

基準3|手数料が安い

ファクタリングを利用する際には、多かれ少なかれ必ず手数料が発生します。

ここでポイントとなるのは、利用するファクタリング会社により、同じ売掛債権でも手数料が異なるということ。

手数料は「売却する売掛債権額の○%」で設定されているため、数%の違いでも利用会社にとっては大きな損失になり得ます。

ファクタリングの手数料は、利用するファクタリング方式により異なり、手数料相場は以下の通り。

  • 2社間ファクタリング:10.0%~30.0%
  • 3社間ファクタリング:1.0%~10.0%
  • オンラインファクタリング:1.0%~20.0%

相場から極端に逸脱していなければ悪質業者の可能性は低いですが、おすすめできるファクタリング会社は相場の範囲内でも比較的低手数料という特徴も。

これは、過去の取引実績が豊富で契約件数が多いことや運営・関連会社が大手であること、ファクタリング会社に十分な資本があるからこそできる設定なのです。

つまり、低手数料設定であるということは、それだけで信頼に値すると言っても過言ではありません。

ただし、中にはファクタリング手数料は低く設定し、その他諸費用として手数料を請求される場合もあるので、注意してください。

基準4|入金までのスピードが速い

申込みから入金までのスピード感もファクタリング会社によりさまざま。

ファクタリングは、売掛債権の早期現金化が可能な資金調達手段ですが、現金化までに2社間ファクタリングで即日最短~3日、3社間ファクタリングでは最短3日~1週間程度の期間を要します。

ファクタリングを利用する方のほとんどが、迅速な資金調達を希望していることもあり、できるだけスピード感のある取引ができる会社がおすすめとなるでしょう。

特に上記で紹介したおすすめのファクタリング会社は、そのほとんどが即日対応もしくは翌日入金の実績が多い会社となっています。

基準5|利用時の利便性が高い

利用時の利便性が高いことも重要でしょう。

ファクタリング契約は、郵送や対面、オンラインなど様々な方法があります。

また、利用時に必要となる書類もファクタリング会社により異なり、6~7種類必要な会社もあれば、2~3種類で済む会社も存在します。

利用者の中には、多すぎる書類の準備や、郵送・来店を手間と感じる方も居ることでしょう。

遠方の方は来店する時間を確保するのが難しいという場合もあるかもしれません。

その場合、すべての取引がオンライン上で完結するオンラインファクタリングや、来店不用・出張対応してくれるファクタリング会社がおすすめ。

つまり、おすすめできるファクタリング会社は利用者のスケジュールや状況に合わせて申込み方法が選べたり、手間が少なく利用できることも大事なポイントと言えるでしょう。

まとめ

今回は、本当にオススメのファクタリング会社7社を紹介しました。

ファクタリングは手数料が必要となるものの、売掛金を早期現金化できる「おすすめの資金調達手段」です。

早急な現金が必要となった場合などに、保証人・担保や難しい審査を必要としないため、近年急速に拡充しているサービスとなります。

キャッシュフローの改善策として、本記事をファクタリング会社選びの参考として活用していただければ嬉しいです。

安心かつ簡単に早期現金化するならSoKuMo

私どもSoKuMoは、全国どこからでもご利用可能なオンラインファクタリングを採用しております。

オンラインファクタリングはパソコンやスマホがあれば、簡単に利用可能ですが「ファクタリング会社の担当者の顔が見えないから不安」というお客様の声も聞かれていました。

私どもSoKuMoは利用者様に安心してご利用いただけるよう、必要に応じて「オンライン面談」を実施しております。

画面上ですが、利用者様と担当者と顔を合わせてやり取りができ、不安や疑問を解消した上でご利用いただくことができます。

また、オンラインファクタリングではAI審査をしている会社が多く、AI審査はやや審査基準が厳しいという特徴も。

オンライン面談で実際にお話を聞かせていただく中で、柔軟な対応ができるのもSoKuMoの強みだと自負しております。

他社で手数料が高いと感じられた方は、ぜひ一度SoKuMoへご連絡ください。

  • 業界最速の最短30分入金
  • 業界最低水準の手数料1.0%~
  • 売掛先に絶対バレない「2社間ファクタリング」かつ「債権譲渡登記の留保」契約
  • 安心して取引ができる「オンライン面談」対応

これらの強みをもとに、あなたの資金調達のお手伝いをさせていただけませんか?

その他「コラム」記事

   ©2021 即日オンラインファクタリング「SoKuMo」, Inc.